目的別

293031323334353637

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-シリーズ
評価B10件~665位¥115~
発売日:2016年5月26日 ハード:
  • PS4
メーカー:アークシステムワークスジャンル:2D対戦格闘 プレイ人数:1-2人用(オンライン:2) DL版:¥6,264 / 5.4GB~  CERO:B  その他:
  • クロスレビュー37点
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
2015年8月にアーケードで稼働した同名の対戦格闘ゲームがPS4/PS3に登場。前作「GUILTY GEAR Xrd -SIGN-」のアッパーバージョンにあたり、新キャラクター追加、グラフィック強化、バランス調整、システムの改善や拡張などが行われている。

基本システムは前作を踏襲。8方向レバーとパンチ、キック、斬り、大斬り、ダスト(吹っ飛ばし)の5ボタンを組み合わせて攻撃する。初心者向けの新要素「スタイリッシュタイプ」を選択すれば第6のボタン「必殺技ボタン」が使用可能となり、簡単に必殺技が発動できるほか、ボタン連打で楽にコンボが繋がったり、レバーニュートラルで自動ガードになったりする。また、両者同時に投げると発生する「投げ相殺」や、強化版の覚醒必殺技を放つ「バースト覚醒必殺技」、特殊ガード状態から強力な突進攻撃を繰り出す「ブリッツシールドチャージアタック」などが追加された。

PS4/PS3版では、屈強な老人型の義体を操る少女・琴 慧弦(クム=ヘヒョン)と、「GG2」以来8年半ぶりの登場となる謎の男・レイヴンが新たに参戦。さらに、選抜総選挙1位に輝いたディズィーが発売後のアップデートで追加予定だ。収録モードは、アーケード版の「エピソード」およびその後を描いた新規の「ストーリー」、ミニゲーム感覚で基本操作を学べる「チュートリアル」、対戦中のさまざまな状況を再現した設問に挑戦する「ミッション」、COMを倒してメダルを集め自キャラを強化する「M.O.M」など。オンラインでは前作同様にPS4/PS3間の対戦が可能なのはもちろん、3Dに新装されたネットワークロビー内をアバターで自由に動き回れるようになった。
動画(2)
口コミ(1)
BADGUY - 2016年06月27日
グラフィック:5 サウンド:5 シナリオ:5 操作性:4 熱中度:4
先ず最初に知っていただきたいのは、僕はPS2でドラクエ8が出たころに何故かゲーム熱が急に冷めてしまい、12年程ゲームからは離れていました。
ですが、そのブランクを経てもなお、素晴らしい!と思える最高の作品だと思います。
ですので前作のプレイはGUILTY GEAR XX(笑)

それなのにメッチャ面白かった!!
2D格闘ゲームとしてもよく作りこまれているし、「ストーリーモード」の出来も最早そこら辺のアニメを映画を超えている出来。
PS4のスペックを余すことなく発揮いしている最高のソフトだと思います!! ×シリーズにあまり間が空いていると僕みたいに途中キャラ同士の相関関係が分からなくなります。
ロックマン クラシックス コレクションシリーズ
評価A625位(DLソフト)|¥2,500
発売日:2016年5月26日 ハード:
  • PS4
メーカー:カプコンジャンル:アクション プレイ人数:1人用 DL版:¥2,500 / 297MB~  CERO:A
ロックマン クラシックス コレクション
1987年から1993年にかけて発売されたアクションゲーム「ロックマン」シリーズ初期(8bit版)の6作品を完全収録し、新要素を追加した作品。「ロックマン」「ロックマン2 Dr.ワイリーの謎」「ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!?」「ロックマン4 新たなる野望!!」「ロックマン5 ブルースの罠!?」「ロックマン6 史上最大の戦い!!」の全6作品が楽しめる。先に発売されたニンテンドー3DS版と同じく、リミックスされたさまざなステージやボス戦に挑戦できる「チャレンジモード」と、設定資料などが閲覧できる「ミュージアムモード」を搭載。

PS4/Xbox One/PC版ではチャレンジモードにランキング機能と動画リプレイ機能を追加したほか、画面サイズを3種類から選択可能。ブラウン管テレビ時代の「にじみ」を表現したレトロチックな画質設定も用意されている。
動画(1)
幕末浪漫第二幕 月華の剣士 ~月に咲く華、散りゆく花~
評価B623位(DLソフト)|¥1,000
発売日:2016年5月25日 ハード:
  • PS4
メーカー:SNKプレイモアジャンル:2D対戦格闘 プレイ人数:1-2人用(オンライン:2) DL版:¥1,000 / 257MB~  CERO:B
幕末浪漫第二幕 月華の剣士 ~月に咲く華、散りゆく花~
格闘ゲーム全盛期に人気を博した「サムライスピリッツ」の流れをくむ2D対戦格闘ゲーム。本作は1998年にアーケードで稼動し、ネオジオにも移植された「月華の剣士」の続編。武器を弾く要素や3種類の戦闘スタイル(力、技、極)を採用し、対戦での駆け引きを重視した作品となっている。

時は幕末。生と死の境界「地獄門」を封印しようとする四神と、それを阻止すべく常世の思念が蘇らせた最強の死者とが死闘をくり広げる。前作のボスキャラクター「嘉神」を含む12名に加え、新たに4名の剣士と隠しキャラクター2体の全18体が使用可能。一発逆転の「超奥義」「潜在奥義」、特定の必殺技をキャンセルして超奥義につなぐ「昇華」など、多彩なシステムを搭載。PS Vita版とのクロスプレイ、クロスセーブに対応。
動画(1)
東方スカイアリーナ・幻想郷空戦姫 -MATSURI- CLIMAXシリーズ
評価A622位(DLソフト)|¥3,240
発売日:2016年5月20日 ハード:
  • PS4
メーカー:メディアスケープ開発元:領域ZERO)ジャンル:ハイテンションバトルアクション プレイ人数:1-2人用(オンライン:2-4) DL版:¥3,240 / 1.4GB~  CERO:C  その他:
  • クロスレビュー30点
東方スカイアリーナ・幻想郷空戦姫 -MATSURI- CLIMAX
同人サークル領域ZEROによる「東方Project」の二次創作ゲーム。これまでPCで展開されてきた「東方スカイアリーナ・幻想郷空戦姫」の集大成となるハイテンションバトルアクション。3Dで描かれる幻想郷の各地を舞台に、幻想郷の住人総勢18 キャラクターが、ドラマチックな空中戦を繰り広げる。ゲームは2人から4人での個人戦やチーム戦などがあり、BGMの展開に連動してキャラクターがパワーアップする「テンションシステム」を採用している。全19ステージ、60曲ものバトルソングを収録。

PS4版では東方スカイアリーナ・バトルソングコレクション「東方空宴歌」シリーズの全楽曲に加え、「東方空宴歌-SAI-」と「東方空宴歌-CLIMAX-」の収録曲を追加。ほかにもユーザーインターフェイスのフルHD化、全キャラクター&ステージの3Dモデルリファイン、テクスチャの高解像度化、バトルシステムの調整が成されている。
動画(1)
Shadow of the Beast(シャドー・オブ・ザ・ビースト)
評価B99位(DLソフト)|¥2,160
発売日:2016年5月19日 ハード:
  • PS4
メーカー:SIEジャンル:アクション プレイ人数:1人用 DL版:¥2,160 / 8.0GB~  CERO:Z  その他:
  • クロスレビュー30点
Shadow of the Beast(シャドー・オブ・ザ・ビースト)
1989年にAmiga用ソフトとして発売され、1992年にはメガドライブに移植された横スクロール・バイオレンスアクション。プレイヤーは元人間のビースト戦士“アーブロン”となり、自らをバケモノに変えた張本人“マレトス”に復讐するため、異界の地で孤独な戦いをくり広げる。

バトルでは敵の攻撃をガードしつつ、コンボや投げ技でブラッドゲージをためるのが基本。このブラッドゲージを消費することで必殺技が発動し、コンボポイントを増やしたり、HPを回復させたりできる。 アーブロンは戦闘で入手したポイントを使って成長させることが可能。

PS4版では2Dグラフィックが3Dへと進化し、残虐な描写となった。ただし、色調をオリジナル版に近づけたり、サウンドに原音をアレンジしたりと、当時の雰囲気を損なわないリメイクが施されている。また、アクションはコンボ技やアニメーションによる演出で大幅にパワーアップ。秒間60fpsの滑らかな動きを実現している。
動画(2)
タイムアベンジャー
評価A617位(DLソフト)|¥1,620
発売日:2016年4月26日 ハード:
  • PS4
メーカー:アークシステムワークスジャンル:横スクロールコンボアクション プレイ人数:1人用 DL版:¥1,620 / 2.1GB~  CERO:B
タイムアベンジャー
2014年にニンテンドー3DSとPS Vitaで配信された横スクロールタイプのアクションゲーム。プレイヤーは復讐の戦士フレイヤとなり、時を操る能力「タイムコントロールアビリティ」を駆使して魔王ベラディムに立ち向かう。死を回避する「タイムリバース」、周囲の時間を巻き戻す「タイムトラベル」、瞬間移動ができる「タイムワープ」を使用でき、攻撃スキルは30種類以上。方向キーと攻撃ボタンを組み合わせることで、地上コンボ、空中コンボ、吹き飛ばし攻撃、広範囲攻撃などをくり出せる。敵を倒すと「黄オーブ」が手に入り、新たなコンボを習得できるほか、「レリック」と呼ばれるアイテムを装備して能力をアップさせたり、バトルスタイルを変更したりできる。

PS4版では主人公フレイヤをはじめとするキャラクターの立ち絵を一新。高画質のフルHDに対応し、60fpsの滑らかな動作を実現している。またバックグランドのローディングにより、快適性も向上。
動画(1)
ワンピース バーニングブラッドシリーズ
評価C10件~367位¥56~
発売日:2016年4月21日 ハード:
  • PS4
メーカー:バンダイナムコエンターテインメント開発元:スパイク・チュンソフト)ジャンル:対戦アクション プレイ人数:1-2人用(オンライン:1-4) DL版:¥4,104 / 8.7GB~  CERO:B  その他:
  • クロスレビュー32点
ワンピース バーニングブラッド
週刊少年ジャンプやアニメで人気の「ワンピース」を題材にした本格対戦アクション。悪魔の実の能力や覇気の力を再現し、迫力あるバトルを実現。自然系の能力者に通常攻撃は効かないが、武装色の覇気を使えば攻撃が通るといったワンピースらしい駆け引きが楽しめる。プレイアブルキャラクターは能力者や覇気使いなど個性豊かな42名。バトル中の変身も可能で、フランキー将軍や恐竜化したドレークなどの巨大キャラも操作できる。主人公ルフィは新たな強化形態「ギア4」を引っさげての登場だ。

バトルは3対3のチーム戦。操作キャラは交代ボタンを押すことでリアルタイムに切り替えられる。交代は相手との相性を考えた戦略や、カウンター、待機中の体力回復に利用できるほか、仲間とコンボを組み立てる「結束連撃」、相手のコンボを断つ「結束援護」に繋ぐことができる。各キャラはボタン1つで能力や覇気を発動でき、非能力者も能力解放により特殊行動ができるようになる。バトル中にたまるバーニングゲージを最大にして「限界突破」すればさらに能力が強化され、一発逆転の威力を秘めた超必殺技「グランドインパクト」を繰り出せる。

主なゲームモードは、感動のマリンフォード編を豪華演出やムービーとともに追体験する「頂上戦争モード」と、1人でひたすらバトルをやり込む「WANTEDバーサス」の2つ。頂上戦争モードは原作に沿ったチャプターをクリアすることでストーリーが進んでいくが、中には特殊な条件で開放されるEXチャプターもあり、白ひげや赤犬などの視点でプレイすることもできる。WANTEDバーサスは酒場に次々と舞い込む手配書の条件通りにバトルをクリアしていくモードで、ランクが上がればより高難度のバトルに挑戦できる。また、オンライン対戦で全世界のプレイヤーと競うことも可能だ。
動画(4)
スカルガールズ 2ndアンコール
評価B5件~979位¥3,148~
発売日:2016年4月14日 ハード:
  • PS4
メーカー:アークシステムワークス開発元:Lab Zero Games)ジャンル:2D対戦格闘 プレイ人数:1-2人用(オンライン:2) DL版:¥4,536 / 2.3GB~  CERO:C  その他:
  • クロスレビュー32点
スカルガールズ 2ndアンコール
2012年4月にアメリカで発売された(日本での発売は2013年2月)2D対戦格闘「スカルガールズ」を日本語化。若い女性の願いをかなえると言われるアーティファクト“スカルハート”をめぐり、少女たちが戦いをくり広げる。登場するキャラクターたちは、寄生生物の宿主や生体兵器、改造によって獣化した女子高生など、特異な能力を持つ者たち。いずれも、大胆にデフォルメされたアメコミタッチのグラフィックで描かれている。

バトルは1~3人のキャラクターを選んで戦う変則タッグマッチで、チームメンバーが2人以上いるときは、パートナーがアシスト攻撃をくり出す「アンサンブルアタック」や、相手の攻撃に割り込みつつパートナー交代を行なう「スタントダブル」が使用可能。また、攻撃を当てたり食らったりすると溜まっていくドラマチックテンションゲージを消費すれば、相手に大ダメージを与えられる「ブロックバスター」を発動できる。遊べるモードは「シングルプレイ」「トレーニング」「対戦」の全3種類。

シングルプレイは、ストーリーモードやサバイバルモードなど、CPUがあやつる敵キャラクターと戦う。トレーニングは、基本システムを学んだり各キャラクターの技データを調べたりできるほか、難しい連続技に挑戦するトライアルも収録。また対戦では、オフラインのローカル対戦や複数のプレイヤーが参加できるトーナメントモード、自分にあった条件でオンライン対戦ができるプレイヤーマッチ・ルーム作成など、さまざまな形で対人戦が楽しめる。
動画(1)
バットマン:アーカム・ナイト スペシャル・エディションシリーズ
評価C10件~439位¥2,257~
発売日:2016年3月10日 ハード:
  • PS4
メーカー:ワーナーブラザースジャパン開発元:Rocksteady Studios)ジャンル:アクション プレイ人数:1人用 DL版:¥3,758 / 40.2GB~  CERO:D  その他:
  • オープンワールド
バットマン:アーカム・ナイト スペシャル・エディション
2015年7月に発売された「バットマン:アーカム・ナイト」に3つのDLCを収録したスペシャルパック。ゲーム本編に加え、ナイトウィングとしてペンギンがゴッサム・シティの警察署から脱獄するのを阻止する「ゴッサム市警封鎖」、キャットウーマンとなり、リドラーへの復讐を誓う「キャットウーマンの復讐」、特殊な武器と能力でジョーカーの猟奇的な相棒を引き受ける「ハーレークィン パック」の3つを収録。それぞれストーリーに特化したコンテンツとなっている。

本作はDCコミックスのスーパーヒーロー「バットマン」が活躍するアクションゲーム「バットマン:アーカム」シリーズの完結編。1作目「アーカム・アサイラム」、2作目「アーカム・シティ」と合わせた3部作の最終章となっている。
動画(1)
口コミ(1)
SSGSS4 - 2016年04月29日
グラフィック:5 サウンド:4 シナリオ:4 操作性:3 熱中度:3
グラフィックは申し分ない。ストーリーもよくできていて、おなじみの悪役が総出演するのでバットマン好きなら買って損はない。 ×操作の反応がやや重い気がする。一部謎解きが難しすぎる。同梱されているDLCが中途半端。どうせならリリースされたDLCをすべて入れた完全版にしてほしかった。
ガンダムブレイカー3シリーズ
評価B100件~353位¥2,976~
発売日:2016年3月3日 ハード:
  • PS4
メーカー:バンダイナムコエンターテインメントジャンル:創壊共闘アクション プレイ人数:1人用(オンライン:1-4) DL版:¥3,888 / 7.5GB~  CERO:A  その他:
  • クロスレビュー34点
ガンダムブレイカー3
ガンダムのプラモデル、通称「ガンプラ」を題材にしたバトルアクションゲームの第3弾にして、ガンダムゲーム30周年記念作品。プレイヤーはさまざまなミッションに出撃して敵ガンプラを破壊し、パーツを収集、自機を強化していく。オンラインでは最大4人の仲間と協力して巨大な敵ガンプラに挑戦できる。

本作は前作のガンプラをすべて収録し、新たに「Gのレコンギスタ」「鉄血のオルフェンズ」「サンダーボルト」の機体など20機以上を追加。合計150機以上がプレイアブル、カスタマイズ可能となっている。カスタマイズはメッキ塗装や汚し、ダメージなどのガンプラテクニックを駆使した機体制作のほか、ミサイルポッド、レールキャノン、ビームランチャーなどの多彩な拡張装備を後付けできるようになった。さらに、プレイヤーをサポートする御伴(おとも)としてSDガンダム BB戦士が初参戦。モジュールをセットすることでパーティ全体に特殊効果をもたらしてくれる。SDガンダムはカスタマイズはできないが色替えが可能だ。

ストーリーモードは前作から世界観を一新。地元商店街の復興を目指して世界中のライバルと激戦を繰り広げる熱血青春ガンプラバトルストーリーが描かれる。ほかにも、全国のプレイヤーが制作した機体データと疑似対戦して賞金を稼ぐ「バウンティハンターモード」や、出題されるミッションを最大4人で競う「チャレンジャーモード」、作ったガンプラを撮影・アップロードできる「フォトモード」を搭載。前作からのデータ引き継ぎや、PS4/PS Vita間のクロスセーブにも対応している。
動画(3)

293031323334353637

アクション TOP 5

1グランブルーファンタジー ヴァーサス
評価C2020年2月6日
Cygames
¥1,680~
2モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション
評価A2019年9月6日
カプコン
¥2,850~
3モンスターハンター:ワールド
評価B2018年1月26日
カプコン
¥1~
4機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON
評価B2020年7月30日
バンダイナムコエンターテインメント
¥4,900~
5ワンピース 海賊無双4
評価B2020年3月26日
バンダイナムコエンターテインメント
¥3,000~

アクション TOP 5(DLソフト)

1イン・セレブレーション・オブ・バイオレンス
評価2021年2月26日
Eastasiasoft
2Curse of the Dead Gods
評価2021年2月26日
Focus Home Interactive
3機動戦士ガンダム バトルオペレーション2
評価2018年7月26日
バンダイナムコエンターテインメント
基本無料
4THE KING OF FIGHTERS 2002 UNLIMITED MATCH
評価2021年2月9日
SNK
5Shadow of the Beast(シャドー・オブ・ザ・ビースト)
評価B2016年5月19日
SIE