目的別

343536373839404142

大神 絶景版
評価B10件~555位¥1,368~
発売日:2017年12月21日 ハード:
  • PS4
メーカー:カプコンジャンル:ネイチャーアドベンチャー プレイ人数:1人用 DL版:¥2,990 / 17.2GB~  CERO:A  その他:
  • PS4 Pro対応
大神 絶景版
2012年11月にPS3で発売されたネイチャーアドベンチャー「大神 絶景版」がPS4で鮮やかに蘇る。主人公は天照「大神」が白い狼となった姿であり、「大(きな)紙」に見立てた世界を「筆しらべ」によって調和させていくことが使命だ。筆しらべとはアマテラスが持つ十三の神通力のことで、絵筆によって自然を操り、生き物を癒すことも妖怪を滅することもできるが、百年前のヤマタノオロチとの戦いで失われていた。白狼アマテラスは、さすらいの絵師イッスンの協力を得て、力を取り戻しながら、ナカツクニを覆う闇を祓っていく。

本作は2006年にPS2で発売された「大神」のHDリマスター版。日本画のような美しいグラフィックと心温まるストーリー、胸踊る冒険で大きな反響を呼び、平成18年度(第10回)文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門大賞、2007年度日本ゲーム大賞優秀賞を受賞している。PS4版では、PS3版「大神 絶景版」を元にキャラクターや背景、エフェクトなど、グラフィックをより美しくリファイン。PS4 Proの4K解像度にも対応した。また、オリジナルのPS2版と同じ画面比率(4:3)でプレイすることも可能。
動画(1)
コメント
Jak 3 (英語版)シリーズ
評価A794位(DLソフト)|¥1,620
発売日:2017年12月21日 ハード:
  • PS4
メーカー:SIE開発元:Naughty Dog)ジャンル:アクションアドベンチャー プレイ人数:1人用 DL版:¥1,620 / 3.2GB~  CERO:B
Jak 3 (英語版)
2004年に海外で発売されたPS2ソフト「Jak 3」がフルHD化されてPS4に登場。前作「ジャック×ダクスター2」の続編で、若き冒険家「ジャック」とイタチになった相棒「ダクスター」との冒険がついに完結する。過酷なウェイストランドの地を生き抜き、強力な武器・アーマー・乗り物などを駆使しながら、ジャックは自らの内に新たな力が目覚めるのを感じる。その力は「ダークジャック」と、新たに生まれた「ライトジャック」の行く末を握るものだった。謎めいたプリカーソル文明、伝説の英雄マール、ジャック自身に隠された謎など、すべての疑問への答えが明かされる。
動画(1)
コメント
スティクス:シャーズ・オブ・ダークネス
評価B5件~1110位¥2,449~
発売日:2017年12月14日 ハード:
  • PS4
メーカー:オーイズミ・アミュージオ開発元:Cyanide Studio)ジャンル:ステルスアドベンチャー プレイ人数:1人用(オンライン:2) DL版:¥7,980 / 9.7GB~  CERO:Z  その他:
  • PS4 Pro対応
  • クロスレビュー31点
スティクス:シャーズ・オブ・ダークネス
ゴブリン族の中でも秀でた才能を持つ「スティクス」が、闇に紛れて盗みや暗殺を働くステルスアドベンチャー。ザコ敵として描かれることが多いゴブリンを主人公とした異色のダークファンタジー。2014年に海外で発売された「Styx: Master of Shadows」の続編であり、前作および本作は、2012年発売のアクションRPG「Of Orcs and Men」の前日譚でもある。本作は英語音声と日本語字幕を収録しているが、前2作の日本語版は未発売となっている。

盗賊の街ソベン。ある日、スティクスは大量のアンバー(魔力の結晶)を報酬に、ゴブリンの天敵であるダークエルフが巣食う都市コランガルに隠された「大使の杖」を盗み出す契約を人間と結ぶ。アンバーの魔力に魅せられたスティクスはコランガルに潜入するが、やがて恐ろしい陰謀に巻き込まれていく―。

非凡とはいえ元が非力なゴブリンのスティクス。任務遂行は力押しよりも、罠を仕掛けて敵を倒したり、物陰に潜んで人目を避けたりする頭脳戦が有効だ。素材を略奪し、クラフト用テーブルで罠や爆弾などのアイテムを作成しよう。例えば、酸性の罠は死体を跡形もなく溶かして証拠隠滅ができ、発煙弾は目くらましになる。また、自身のクローンを生成、操作して敵の注意をそらすこともできる。

ミッションやサブクエストをクリアして獲得したスキルポイントを使えば、スティクスの能力を伸ばせる。スキルは、隠密行動の「ステルス」、暗殺に重要な「キル」、クラフトに影響する「錬金術」、クローンを強化する「クローン生成」、周囲の状況を的確に把握する「知覚」の5系統。オンラインでの2人協力プレイも可能だ。
動画(1)
コメント
人喰いの大鷲トリコ VR Demoシリーズ
評価A789位(DLソフト)|無料
発売日:2017年12月14日 ハード:
  • PS4
メーカー:SIE開発元:SIE ワールドワイド・スタジオ JAPAN Studio)ジャンル:アクションアドベンチャー プレイ人数:1人用 DL版:無料CERO:B  その他:
  • PS VR専用
人喰いの大鷲トリコ VR Demo
少年と巨獣が紡ぐ新たなる神話「人喰いの大鷲トリコ」の世界を、PlayStation VRのバーチャルリアリティシステムで体感できる約15分のデモコンテンツ。VRヘッドセットをかぶることで目の前に360度方向の3D空間が出現。まるで自分が主人公の少年になったかのような視点で、忘れ去られた巨大遺跡を冒険できる。時に愛らしく、時に獰猛さを感じさせる大鷲トリコのリアリティや、独特でどこか懐かしくも悲しくなる世界観が味わえる。
動画
コメント
L.A.ノワールシリーズ
評価B10件~316位¥2,020~
発売日:2017年12月7日 ハード:
  • PS4
メーカー:ロックスター・ゲームズジャンル:クライムスリラー プレイ人数:1人用 DL版:¥4,850 / 17.8GB~  CERO:Z  その他:
  • オープンワールド
  • PS4 Pro対応
L.A.ノワール
1947年のロサンゼルスを舞台にしたハードボイルド・クライムスリラー。プレイヤーは軍務経験と受勲経験を持つ新米刑事コール・フェルプスとなり、実際の出来事をモデルにした様々な事件に挑むこととなる。マップはオープンワールドになっており、追跡や銃撃戦など息もつかせぬアクションと、尋問や手がかりの発見といった本格的な捜査が可能。事件を解決し、刑事としての名声を得るごとに、フェルプスは戦後ロサンゼルスの邪悪な犯罪世界へと迫ってゆく。

本作は2011年発売のオリジナル版からグラフィックが大幅にパワーアップ。高解像度テクスチャへの変更やライティング、雲の表現の改善、シネマモードに新たなアングルを導入するなど大きくリアリティが向上した。さらにオリジナル版のコンプリートエディション(日本未発売)ゲーム本編に加え、追加ダウンロードコンテンツを全て収録。新登場の収集アイテムや各種特殊な能力が使えるようになる刑事スーツもアンロック可能。PS4版にはNintendo Switch版のタッチ操作やJoy-Conモードはないが、グラフィック関係がより強化されている。
動画(1)
コメント
龍が如く 極2シリーズ
評価B100件~36位¥1,348~
発売日:2017年12月7日 ハード:
  • PS4
メーカー:セガゲームスジャンル:アクションアドベンチャー プレイ人数:1人用 DL版:¥4,309 / 38.7GB~  CERO:D  その他:
  • クロスレビュー37点
龍が如く 極2
2006年12月にPS2で発売されたアクションアドベンチャー「龍が如く2」のフルリメイク。「ドラゴンエンジン」により「6」同様の美麗なグラフィックと、イベント、アドベンチャー、バトルがシームレスに繋がった快適なプレイを実現した。一部のキャラクターはキャスト変更とともに、俳優自身の顔をかたどったCGを採用。「1」と「2」の間に入る追加シナリオ「真島吾朗の真実」では、主人公・桐生一馬のライバル・真島吾朗でプレイできる。

「100億円事件」から1年。伝説の極道「堂島の龍」こと桐生は養女・遥と平穏に暮らしていた。しかし、東城会五代目会長が凶弾に倒れ、桐生は弱体化した東城会を救うべく関西に渡ることになる。そこには「関西の龍」と呼ばれる最強の極道・郷田龍司が待っていた。相見える東西の龍、繰り広げられる覇権争い。その裏で、二十数年前の「語られぬ事件」に端を発した復讐も進行する―。

バトルは「6」をベースに新たなヒートアクションや、ボタン長押しでタメて放つ強力な新アクション「チャージ攻撃」を追加。オリジナル版「2」にあったトンファーやカリ・スティックなどの豊富な武器、それらを好きなタイミングで出して使える「懐武器」システム、町で知り合いになった人と連携攻撃する「“馴染み”ヒートアクション」も健在だ。真島は常時装備の「鬼炎のドス」によるリーチの長さと、スピードを活かした変幻自在の攻撃を得意とする。

舞台となる東京・神室町と大阪・蒼天堀のマップはよりリアルに作り込まれ、新規のタイアップ店舗やプレイスポットも登場。「6」からルールが一新され、防衛型のリアルタイム戦略ゲームに進化した多人数VS多人数バトル「新・クランクリエイター」。「0」から復活パワーアップ、店を盛り上げ日本一のキャバクラを目指す「新・水商売アイランド」。美女と会話しながら写真が撮れる「グラビア撮影スタジオ」など。
動画(2)
コメント
口コミ(1)
サカモト - 2017年12月14日 - プレイ時間:10~30時間
グラフィック:2 サウンド:2 シナリオ:3 操作性:3 熱中度:2
いつもと変わらない。 ×前作、6の時も感じたが、PS4の特性をほとんど活かしていない。雑だし汚い。作者はユーザーを楽しませて熱中させようとして新作を生み出しているのではなくて【金欲しさ】だけのような気がする。
ジャック×ダクスター2シリーズ
評価B783位(DLソフト)|¥972
発売日:2017年12月6日 ハード:
  • PS4
メーカー:SIE開発元:Naughty Dog)ジャンル:アクションアドベンチャー プレイ人数:1人用 DL版:¥972 / 3.3GB~  CERO:A
ジャック×ダクスター2
2004年にプレイステーション2で発売された「ジャック×ダクスター2」が高解像度化されてPS4に復活。近未来型の都市「ヘブンシティ」を舞台に、若き冒険家「ジャック」とイタチになった相棒「ダクスター」の復讐劇が描かれる。前作「ジャック×ダクスター 旧世界の遺産」の続編であり、システムが探索メインからクライムアクションを基盤としたものに変更。ゲームの流れとしては、広大なマップを自由に動き回り、依頼人からクエストを受注。2種類のガンアクションと反重力ジェットボード、浮遊マシン「ズーマー」を駆使してミッションを遂行する。リモートプレイやシェアプレイにも対応。

前作から2年後、ダクスターはついに監獄に潜入し、幽閉されたジャックと再会する。しかしジャックの姿は大きく変わりはてていた。バロンによる「暗黒戦士~ダークウォーリアー計画」の実験材料として、暗黒の力「ダークエコ」を身体に注入され続けていたのだ。そのため、ジャックは自らの怒りを制御できない「ダークジャック」へと変化するようになっていた。ジャックはバロンへの復讐を誓い、バロンの圧政に対抗する地下組織の活動へと身を投じてゆく――。
動画(1)
コメント
リトルウィッチアカデミア 時の魔法と七不思議
評価B10件~1200位¥638~
発売日:2017年11月30日 ハード:
  • PS4
メーカー:バンダイナムコエンターテインメントジャンル:アクションアドベンチャー プレイ人数:1人用 DL版:¥8,208 / 6.98GB~  CERO:A  その他:
  • クロスレビュー28点
リトルウィッチアカデミア 時の魔法と七不思議
学園ファンタジーアニメ「リトルウィッチアカデミア」を題材にしたアクションアドベンチャー。原作は「アニメミライ2013」でオリジナル短編アニメーションとして初公開され反響を呼び、2015年に続編となる劇場版が公開、2017年1月~6月には改めて最初から描くTVシリーズが放送された。魔女になることを夢見た主人公アッコが「ルーナノヴァ魔法学校」に入学し、授業の中で大騒動を巻き起こしていく物語だ。

本作ではゲームオリジナルストーリーが展開。夏休み初日がループする怪現象を解決するため、アッコたち7人の魔女が「ルーナノヴァ七不思議」と、そこに秘められた「禁じられた魔法」の謎を追う。アドベンチャーパートではアッコを操作し、教室、カフェテリア、図書館など学園内を探索。繰り返される時間や魔法をうまく使ってヒントを見つけよう。生徒や先生たちの日常を描いたサブクエストも満載だ。鍵があれば「ホロロギウムの間」から横スクロール型のアクションパートに挑戦できる。好きなメンバーで3人パーティを作り、危険なトラップや強力なモンスターが潜むダンジョンを攻略しよう。手に入れた経験値で魔法やステータスを強化するのも忘れずに。

「ビジュアル・ハーモニー・システム」により、3Dモデルのキャラクターたちがアニメのように表情豊かに動き回る。本編内には国内外で評価の高いスタジオ「TRIGGER」制作のアニメパートを収録。また、予約特典として、TVアニメ第18話に登場した巨大ロボット「魔導戦士グランシャリオン」のスペシャルゲームが遊べるプロダクトコードが付属する。
動画(1)
コメント
Darksiders(ダークサイダーズ)Warmastered Editionシリーズ
評価A776位(DLソフト)|¥2,200
発売日:2017年11月24日 ハード:
  • PS4
メーカー:THQ Nordic開発元:Vigil Games)ジャンル:アクションアドベンチャー プレイ人数:1人用 DL版:¥2,200 / 28.4GB~  CERO:D  その他:
  • PS4 Pro対応
Darksiders(ダークサイダーズ)Warmastered Edition
2010年にPS3/XBOX 360/PCで発売されたシリーズ1作目「DARKSIDERS ~審判の時~」のHDリマスター版。本作は天界と魔界の終末戦争を描いたバイオレンスアクションゲーム。プレイヤーは、ヨハネの黙示録に登場する四騎士の1人「ウォー」となって、荒廃した現代都市を舞台に、天使や悪魔との闘いを繰り広げる。オープンワールドに似たゲームデザインを採用し、ステージ間を自由に行き来しながら、いくつものクエストをこなしていく。戦闘は巨大な剣を使ったダイナミックなものから、銃やカマ、手裏剣などを使い分けて戦う。各所に謎解きがあり、これらのアイテムは新たな道を切り開く道具にもなる。

日本語字幕はもちろん、日本語吹き替えにも完全対応。グラフィックはネイティブ1080pに対応し、60fpsのフレームレートを実現。影のレンダリングクオリティ向上、レンダリングの改善と再加工、ポストプロセスエフェクト追加などを実施。PS4 Proの4K解像度にも対応した。
動画(1)
コメント
ARK: Survival Evolved(アーク サバイバル エボルブド)シリーズ
評価B500件~23位¥4,576~
発売日:2017年10月26日 ハード:
  • PS4
メーカー:スパイク・チュンソフト開発元:Studio Wildcard)ジャンル:オープンワールド恐竜サバイバルアクション プレイ人数:1-2人用(オンライン:1-70) DL版:¥4,180 / 27.9GB~  CERO:D  その他:
  • オープンワールド
ARK: Survival Evolved(アーク サバイバル エボルブド)
恐竜が生息する謎の島「ARK」を舞台にしたオープンワールド型のサバイバルアクションゲーム。2015年6月にSteamで早期アクセス版が配信され、2年以上のアップデートを経て正式リリースとなる。プレイヤーはこの弱肉強食の島で目覚めたサバイバーとなり、武器、防具、アイテム、拠点などすべて自給自足し、手なずけた恐竜とともに広大なマップを冒険する。視点は一人称と三人称の切り替えが可能。

性別の選択、体格の調整などのキャラクタークリエイトを終えたらゲーム開始。島は広大で、雪原、海底、洞窟などさまざまな環境が待ち受ける。体力やスタミナだけではなく、空腹や喉の渇き、気温や天候の影響にも要注意。死んでもすぐ復活できるが、しっかり生き抜くには強化が欠かせない。初めは石槍や棍棒などの原始的な武器しか作れないが、レベルが上がればライフルやグレネードなど強力な近代兵器の作成技能も身に着く。拠点となる家作りも、軟弱な藁ぶきから頑強な金属加工へと進歩を遂げる。

登場する恐竜や古代生物は100種類以上(中には空想上の生物も)。それらを狩ることで肉や皮などの資源が手に入るが、飼いならすことも重要だ。一緒に戦ったり、アイテムを運搬させたり、専用の「サドル」を装着して騎乗したりと役に立ってくれる。同種の生物同士を交配しての繁殖も可能。ボスモンスターを討伐するクリア要素や、マップ内のキーアイテムを集めるコレクト要素もある。

オンラインでは最大100人(予定)のプレイヤーが同一サーバー上の島でサバイバル生活を楽しめる。自分がログアウトしている間にもゲームの時間は進み、各プレイヤーの行動が島全体に影響を与えていく。サーバーには他のプレイヤーへの攻撃ができるものとできないものがあるので、協力プレイ主体か対人(対グループ)対戦主体かで使い分けよう。気ままなシングルプレイを含め、プレイ時間の目安は優に300時間を超える。
動画(3)
コメント
口コミ(4)
- 2019年01月28日 - プレイ時間:30時間以上
グラフィック:4 サウンド:3 シナリオ:2 操作性:3 熱中度:5
・登場生物が多い。
・最初のステージをクリアするとワイバーン(ドラゴン)などの生物がいるステージに行ける。
・出てくる生物ほとんど仲間にできる。
・他の人はストーリーが無いと言っていたがボスの場所が分かりやすくなっているので大体やることは分かる。
・一部の生物は騎乗でき陸海空移動できる。 ×・元々PCだったのを無理にps4したせいでくそ重い。
・ゲームを始めてすぐチュートリアル無しで始まるため操作方法が分からない。
・ボスと戦うためのアイテムを洞窟に取りに行くことになるが、出てくる生物が巨大なクモやムカデなどでトラウマになる…。
・仲間にした恐竜や自分が作ったアイテムがバンバン消えていくので発狂しそうになる。
・有料マップに制作側が力入れすぎ。
・たまに仲間のプテラノドンから降りた瞬間どっかに飛んでいって行方不明になる…(三匹どっかいきました…)。
 
- 2017年11月28日 - プレイ時間:10~30時間
グラフィック:3 サウンド:3 シナリオ:1 操作性:2 熱中度:1
当時は斬新だった。グラフィックも美しかった。 ×ハッキリ言ってPC版も評価は低いです。
PC版でも糞ゲームとして有名で、ただ単に賛否両論から騒がれただけです。
最初は、ただ単に、新参の企業がPCで実験的に開発したゲームだったのですが2年以上に渡る長期の実験段階を終えて、ようやく開発者が納得したので製品化に至ったというだけで、実験段階の初期の頃と、ほぼ何も変わっていません。
ただ斬新だったから噂が拡大したので徐々に売れただけです。
この後にも、この手のジャンルのゲームがPCでは量産化されていきましたがどれも賛否両論で、結局このジャンルは現在でもユーザー達を納得させることは出来ませんでした。

簡単に言うと、広大なオープンワールドの恐竜島に原始人として放置されるので、資源や食料をひたすら集めることが基本です。
空腹や喉の渇きを解決しながら道具や装備や武器などを進化させて、ひたすらサバイバルしていくというこれだけのゲームです。全てが漠然としすぎです。
進化させていくとマシンガンやロケットランチャーも作成できるようになりますが強くなったからと言って何もありません。もちろん弾丸も非常に貴重です。

武器や装備も耐久度がありますので、いずれ壊れてしまいます。
物語など何もありません。登場人物もいません。特に目的もありません。
ひたすら資源を集めて、生き抜いていくだけなのです。
マルチプレイも基本的に同じです。
「これの何がゲームなの?これの何が楽しいの?」といった実験的な内容のゲームですので、お金に余裕が無い人は注意して下さい。
C-MOON - 2017年10月29日 - プレイ時間:1~10時間
グラフィック:3 サウンド:3 シナリオ:3 操作性:2 熱中度:2
広いマップ、自給自足感、色々いる生物。 ×主にオンラインプレイをやると強い肉食モンスターが結構ウロウロしており、低レベルの時点だと見つかったら最後な感じがストレスです。あとプレイヤー同士の領地占領のシステムが面倒くさすぎですね。
- 2017年10月28日 - プレイ時間:1~10時間
グラフィック:3 サウンド:3 シナリオ:3 操作性:1 熱中度:3
昔のゲームにしてはグラが良い。恐竜もよく出来ている。それだけ。 ×ガチ糞ゲーム。
操作性が今までやったFPSやアンチャーテッドみたいな系の中で群を抜いて最悪に悪い。
それなのに反応が鈍いという最悪に最悪を掛けたストレス蓄積率が凄い!!
PCで人気があったのかもしれないが、全て無料なら許せるが、お金を出してまでやるゲームではない!!!!!無料でも1日で辞める内容です。
それをお金を出してまでやった自分を殴りたい!!
操作性が改善されて、反応も早くなって大量バグも修正されたら買ってもいいと思います。
ガチでストレスを溜め込みたい人以外は買っては駄目なゲームです!!!

343536373839404142

アクションADV TOP 5

1WILD HEARTS(ワイルドハーツ)
2023年2月17日
エレクトロニック・アーツ
2龍が如く 維新! 極
2023年2月22日
セガ
3バイオハザード RE:4
2023年3月24日
カプコン
4JUDGE EYES:死神の遺言
2018年12月13日
セガゲームス
5Ghost of Tsushima(ゴースト オブ ツシマ)
2020年7月17日
SIE

アクションADV TOP 5(DLソフト)

1Deliver Us Mars(デリバー アス マーズ)
2023年2月3日
Frontier Developments
2Horizon Call of the Mountain
2023年2月22日
SIE
3添丁の伝説
2023年1月30日
Neon Doctrine
4The Walking Dead: Saints & Sinners - Chapter 2: Retribution
2023年3月21日
Skydance Interactive
5HADES(ハデス)
2021年9月30日
Supergiant Games