目的別

454647484950515253

テイルズ オブ ゼスティリアシリーズ
評価C100件~579位¥3,430~
発売日:2016年7月7日 ハード:
  • PS4
メーカー:バンダイナムコエンターテインメントジャンル:情熱が世界を照らすRPG プレイ人数:1人用 DL版:¥3,672 / 12.2GB~  CERO:B
テイルズ オブ ゼスティリア
2015年1月にPS3で発売された「テイルズ オブ ゼスティリア」がプライスダウンしてPS4に登場。PS3版との違いはなく、セーブデータの互換性もないが、PS3版のDLCを購入している場合は、PSNアカウントにサインインすることでPS4版を無料でダウンロードすることができる。

本作はアニメチックな作風とアクション性の高いバトルに定評がある「テイルズ オブ」シリーズ20周年記念作品。2つの強国が覇権を争うグリンウッド大陸には、人間の負の心が生み出す「穢れ」が満ち、目に見えない魔物「憑魔」がはびこっていた。主人公スレイは浄化の力を操る救世主「導師」として、配下の“従士”と神秘の種族“天族”の力を借りながら、大いなる災厄に立ち向かう。

バトルは敵の姿が見えるシンボルエンカウント方式で、マップの地形がそのままバトルフィールドとなる。起伏の激しい場所や水中など、戦いにくい場所もあるので戦略的に行動しよう。人間と天族は戦闘スタイルが異なり、前者は物理攻撃に長け、後者は天響術という魔法が得意だ。また、スレイはパートナーの天族と融合して「神依」と呼ばれる強化形態に変身できる。神依には地水火風の4属性があり、対応した十字キーを押すだけで各属性のパートナーに切り替え可能。
動画(1)
口コミ(2)
サーラ - 2016年08月15日
グラフィック:4 サウンド:5 シナリオ:1 操作性:2 熱中度:1
綺麗なグラフィックは流石プレステ4です。
音楽は好き好き有りますが、私はかなり気に入りました。
武器強化のシステムですので、やりこみ度は有ると思います。 ×とにかくシナリオがスッキリしない。困難な現実に対して主人公がすぐ諦める。人命救助に向かうも全てが失敗する。しかも失敗に対して俺たち頑張ったから仕方ないよね。と自分たちで完結。余りに全てに救いがなく、ラストすら意味のないシナリオと感じてしまう。

戦闘は四人スタートですが、合体しないと敵側が強すぎるために、ほとんど合体した2人のみで戦います。よって合体前の技はほぼ使うことが有りません。またカメラワークが悪くこれのストレスが半端有りません。また、従来からの複数人プレイでもこのカメラワークの悪さにより楽しめません。
武器強化のシステムの為に、宝箱を開ける楽しみが全くない。街買い強化武器〉〉〉宝箱武器

プレステ3での炎上振りから解るように、とにかくシナリオとカメラワークがとにかく酷い。少なくとも従来のテイルズを期待している人は買うべきではないと思います。Amazon評価星1は伊達では有りません。
- 2016年07月10日
グラフィック:4 サウンド:5 シナリオ:3 操作性:4 熱中度:3
当たり前だけど、PS3より断然グラフィックはよくなっています。
歴代のテイルズからすれば面白くない部類ですが、ネットで叩かれてるほど悪くはないかと。
要はプレイする人次第ですね。

本気でやり込む人なら楽しめるスキルシート。
なにより、オープニングがとてもカッコいい。

ネットの評判だけで買わないのは、勿体無いような、賢いような。
とにかく、RPGアクションが好きなら買ってみるべきでしょう。 ×今までのテイルズではパーティーに
最低2人は使いやすいキャラが居ましたが、
ゼスティリアの場合、スレイ(主人公)しか使えません。
というか、スレイですら少し使いにくいです。
1番使いやすいのが神依(2体のキャラの融合)化という...

途中までは大したストレスはないですが、
終盤の作業化というかおつかいゲー化というか、
とても面倒でテイルズの醍醐味である2周目以降
やる気を削がれる残念さ。

スキルシートは本当に本気でやり込む人以外は
ダルさしかないです。
強い武器を付ければ強くなる というのを
邪魔するこのシステム。
裏を返せばやる事やれば最強なんですが...
まぁ、そこまでやる人は、ごく少数でしょう。
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズシリーズ
評価C100件~365位¥3,990~
発売日:2016年6月30日 ハード:
  • PS4
メーカー:バンダイナムコエンターテインメント開発元:B.B.スタジオ、トーセ)ジャンル:シミュレーションRPG プレイ人数:1人用 DL版:¥8,856 / 12.0GB~  CERO:B  その他:
  • クロスレビュー33点
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
さまざまなロボットアニメが共演するシミュレーションRPG「スーパーロボット大戦」シリーズの25周年記念タイトル第1弾にして初のPS4対応ソフト。OG(ORIGINAL GENERATION)はスパロボシリーズの中でもゲームオリジナルキャラクターのみで構成されているのが特徴。戦闘シーンは高解像度グラフィックとフルアニメーションで表現され、背景を3Dにすることでダイナミックなカメラワークを実現した。本作は「第2次スーパーロボット大戦OG」の直接の続編で、第3次OGとも呼べる作品。月と時空門(クロスゲート)から来た新たな災いに戦士たちが挑む。

主人公はOG初参戦となる「スパロボJ」のトーヤ・シウン(紫雲統夜)。トーヤはごく普通の高校生だったが、ある日突然グランティードという謎のロボットに乗り込むことになり、戦いに巻き込まれていく。ゲーム開始時に「ノーマルモード」か「ビギナーズモード」を選択。ノーマルモードでは各ステージで獲得できるSRポイントに応じて難易度が変化する。ビギナーズモードではそれに関係なく難易度がNORMALに固定され、資金や強化パーツなどが入手しやすくなるほか、序盤にトーヤ視点でOGシリーズの世界観を勉強できる。プレイの基本が学べる「ガイダンスシナリオ」も搭載されているので初心者でも安心だ。また、前作とは異なりSRポイントによるシナリオ分岐は発生しない。

戦艦を除く味方機体を2機1組のツインユニットとして運用できる「ツインバトルシステム」や、ゲージ内で特定機体の武器を自由に換装できる「ウェポンセレクトシステム」、隣接するツインユニット2部隊で強力な連続攻撃を繰り出せる「マキシマムブレイク」など独自のシステムは健在。前作のマキシマムブレイクはスキルを持つ特定パイロットしか発動できなかったが、本作ではポイントを消費して誰でも発動スキルを修得できる。
動画(2)
口コミ(1)
OYkn - 2017年02月06日 - プレイ時間:30時間以上
グラフィック:4 サウンド:5 シナリオ:5 操作性:3 熱中度:4
(過去作は未プレイ)
・ストーリーに引き込まれる。泣ける、熱くなる、結果的に進めていく意欲に繋がる。
・育成要素が豊富でキャラも多いので、自分が気に入ったキャラだけをとことん強くできたりする。
・それぞれキャラボイスに力が入っていて、種類も豊富。 ×・スパロボ初の人にとっては入り込みにくいかもしれない。用語説明で詳しく載っているが読むのが大変。
・シミュレーションRPG なので考えてゲームするのが苦手な人には向かない。将棋のような感じ。
・攻略に慣れると作業感になる事もある。

※まとめ
プレイし始めた時は「PS4でこのクオリティ!?」と思ったが、世界観やシナリオがあまりに作り込まれている上に、王道漫画のような展開に一気に引き込まれた。
文字量が多いので面倒くさくなったりするかもしれないが、入り込めたらとことんハマる。
ドラゴンズドグマ オンライン シーズン2 リミテッドエディションシリーズ
評価C10件~1228位¥712~
発売日:2016年6月30日 ハード:
  • PS4
メーカー:カプコンジャンル:オープンワールドアクション プレイ人数:オンライン専用 DL版:基本無料CERO:C  その他:
  • オープンワールド
ドラゴンズドグマ オンライン シーズン2 リミテッドエディション
2015年8月31日にサービスを開始した基本プレイ無料(アイテム課金制)の多人数参加型オンラインゲーム。シーズン2では、新装備、新ダンジョン、新ミッションの追加はもちろん、アビリティやカスタムスキルを習得できる「戦技の継承」、全9ジョブ開放と修練のリファイン、クラフトのリファイン、ポーンのリファイン、バトルのリファインなど数多くの変更点がある。

シーズン1のメインクエストは、クリア時の取得経験値アップ、ゴールド入手量アップ、クエストを進める際の各エリアランクの条件緩和など、進行が容易に。エネミーの難易度に関してはソロ(ポーンパーティ)でもクリア可能になった。各フィールドには転移スポット「辺境の礎」が追加され、移動時間を大幅に削減。

戦闘では使用できるカスタムスキルが最大8つになり、カスタムパレット切り替えが可能に。スタミナに大ダメージを与える「ブレイク」や、チャンスタイム「特殊状態」も実装された。ほかにも、宿屋の二階に個室(覚者の自室)がオープン。好きな家具を配置したり、パートナーポーンと交流したりできる。ポーンは絆を深めることで、ソロプレイに役立つアビリティが手に入る。家具にはアイテムを保管する「格納チェスト」や、一定時間さまざまなバフを受けられる「お風呂」もある。

また、ロビーは1ロビーにつき最大100人しか入れなかったが、シーズン2では1000人に増加。これまでに以上に多くのプレイヤーとコミュニケーションをとることができる。
動画(3)
口コミ(3)
- 2017年02月28日 - プレイ時間:30時間以上
グラフィック:4 サウンド:4 シナリオ:1 操作性:5 熱中度:1
戦闘は楽しい。ジョブごとの役割がハッキリしており、盾役なら盾役、魔法使いなら魔法使いらしい戦い方ができる。
主人公はポーンという従者を率いることができ、名前から見た目、職業まで自由にいじれる。最終的には自分とポーンだけで4人PTを組む事も可能。 ×とにもかくにも、作業量が多い。
経験値のため、お金を得るため、素材を集めるため、ジョブ修練のため、理由は様々だが
そのために同じ敵を何十体、何十時間も倒し続ける苦痛を味わう事になる。
MMOなら当然では?と思う人もいるだろうし、自分もそう思うがそれでもうんざりせずにはいられないほど作業量が多い。

だが、敵が居るならまだいい。出現する敵やクエストは週ごとに更新され、倒したくても該当する敵がどこにも居ないなんて事がよくある。
遊ぶ時間が限られている人ほどこのシステムはきつい。

クラフトにはやたら時間がかかり、一つのアイテムを作るのに3~4時間待たされるなんてのはザラで、同時に作業を進められる数にも限りがある。しかもその間自分のポーンが使えない。

しかし個人的に一番嫌いなのは、これらの苦痛を緩和させる唯一の方法が「課金で解決」させる事、ということだ。苦痛から解放されたくて金を払う…ゲームで遊ぶとはいったいどういう事なのか、と考えずにはいられない。

このゲームは、ありあまる時間を持ち、かつ何十時間でも同じ作業を続けて、それをまったく苦痛に思わない人にしかおすすめ出来ない。
- 2016年11月23日 - プレイ時間:1~10時間
グラフィック:2 サウンド:1 シナリオ:1 操作性:2 熱中度:1
まったくなし
買わないほうがいい
サウンドよくない
最強武器作るために時間を取られるし、すぐにゴミ武器と化す ×全て
金稼ぎたいだけの運営
- 2016年08月18日
グラフィック:4 サウンド:2 シナリオ:3 操作性:4 熱中度:2
・操作性がアクションRPGでは最高峰と思う。
・基本無料でパスポートのみ課金すれば十分。
・自分の従者を作れ育てられる。 ×・エンドコンテンツが面白くない。
・最強装備を作っても1,2ヶ月でリビジョンorバージョンアップのためゴミになる。
・運営のイベントがマンネリ。やる気が伝わってこない。
・アップデートがマンネリ。素材はいいのに3か月ごとに同じよーなアップデートばかり繰り返し、同じよーな課金アイテムを販売することを四半期分繰り返しているだけ。
・やることが同じクエストの繰り返し、ライン作業ですかこのゲーム。
・ぱっとしないBGM
・ダサい装備グラ
・とにかく運営にやる気を感じない。とにかく四半期ごとに同じ手法で一定額の売り上げを上げるためだけにやってるだけ。変化がない。
Rainbow Moon(レインボームーン)
評価B245位(DLソフト)|¥1,500
発売日:2016年6月30日 ハード:
  • PS4
メーカー:Eastasiasoft開発元:SideQuest Studios)ジャンル:シミュレーションRPG プレイ人数:1人用 DL版:¥1,500 / 1.8GB~  CERO:A
Rainbow Moon(レインボームーン)
海外で人気のターン制ストラテジー「Rainbow Moon」がPS4に登場。未知の惑星「レインボームーン」に飛ばされてしまった主人公バルドレンが、故郷へ帰る方法を見つけるべく広大なマップやダンジョンを探索する。プレイアブルキャラクターは6人。町や店で新たな装備をアップグレード可能。アンロックできるスペシャルスキルは120以上。全てのサブクエストをコンプリートすると総プレイ時間は100時間以上になる。セーブデータはPS4/PS3/PS Vita間で交換可能。ゲーム内の言語は英語。
動画(1)
ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わりシリーズ
評価C100件~135位¥2,310~
発売日:2016年5月27日 ハード:
  • PS4
メーカー:スクウェア・エニックス開発元:ω-Force)ジャンル:アクションRPG プレイ人数:1人用(オンライン:2-4) DL版:¥8,424 / 23.4GB~  CERO:B  その他:
  • クロスレビュー39点
ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり
歴代のドラゴンクエストキャラクターが共演するアクションRPGにして30周年記念作品。シリーズ第2弾ではあるが、主人公やストーリーは一新されており、前作との繋がりはない。長きにわたり平和が続いていた七つの王国。ある日、突然その均衡は崩れ、戦争が勃発する。プレイヤーは士官学校に通うラゼルと彼のいとこのテレシア、2人のどちらかを主人公に選び、世界を揺るがす戦いに身を投じていく。

登場キャラクターはドラゴンクエストIVからアリーナ、クリフト、トルネコ、ミネア、マーニャ。ドラゴンクエストVIからハッサン、テリー。ドラゴンクエストVIIからマリベル、ガボ。ドラゴンクエストVIIIからゼシカ、ククールが参戦する。前作に登場したピサロやビアンカ、フローラなどはDLCとして配信予定。

ゲームは街、フィールド、バトルステージの3エリアで構成される。拠点となる街で冒険の準備をし、フィールドでモンスターと戦いながらボスがいるバトルステージを目指す。フィールドには宝箱やアイテムもあるので、隅々まで探索しよう。倒したモンスターが仲間になる「モンスターコイン」は本作でも健在。一緒に戦ってくれる「サポート」タイプ、呪文や特技で助けてくれる「アシスト」タイプに加え、そのモンスターに変身して戦える「ヘンシン」タイプが登場する。

新要素の転職システムは主人公のみ可能。職業ごとに能力値や取得可能なスキル、装備できる武器種が異なり、基本職業を極めることで「上級職」に転職できる。また武器には熟練度があり、使い込むことで新たな力が覚醒。これはスキルポイントで身につけるものとは別に、その武器種ごとの呪文や特技を習得する。ほかにも、パーティ全体の能力を高められる「パーティスキル」やメンバーが次々に入れ替わりながら連続技を放つ「パーティコンボ」を実装。

本作はPS3/PS Vita版とのクロスプレイ・クロスセーブに対応。「ストーリーのバトル」と、やり込み要素「時空の迷宮」で最大4人の協力プレイが楽しめる。ストーリーのバトルでは、自分のパーティ3人と友達1人でパーティを組むこともできる。
動画(3)
口コミ(5)
- 2017年02月04日 - プレイ時間:10~30時間
グラフィック:5 サウンド:5 シナリオ:3 操作性:2 熱中度:4
ドラクエの世界観を壊さない雰囲気で冒険をしている感じがして楽しかったです。
ムービーのシーンが思ったよりも多いことに感激しました。日本のBが付くクソゲー会社とは大違い(笑)。前作よりもいろいろな所が良い方向に直されていて、終わりまで楽しく遊べました。 ×コーエーが絡んでるけど、戦闘の操作性が前作同様だめだめです。
アクションRPGなにの動作が1つ1つ動いてるだけで、はっきり言って一昔前の動作で、PS4の性能を活かせていない開発が作ったんだと思いました。
開発は好評なアクションゲームを見習うべきです。
ターニア - 2017年01月08日 - プレイ時間:30時間以上
グラフィック:4 サウンド:5 シナリオ:3 操作性:4 熱中度:5
直感的に技が出せて楽しい。
熱中要素も多くある。
フレとのマルチは楽しい。 ×最強武器をゲットしようとするとマルチ前提のダンジョンに何度も潜る必要があり、野良だとキツい。ストーリー後半では敵が固くややだるい。
- 2016年08月01日
グラフィック:4 サウンド:4 シナリオ:4 操作性:5 熱中度:5
購入してクリアまでやったらすぐに売ろうと始めたら、やり込み要素満載でなかなか売れないで未だやっている。そう考えるとコストパフォーマンスが良いソフトで良作だと思う。前作の経験がなかったユーザーにも敷居が低いし、全体的に操作レベルが易しい。難しく感じた時にはキャラのレベルを上げたり、オンラインで他のプレイヤーと一緒にやると乗り切れる。キャラのバリエーションが豊富で、長所と短所のバランスが絶妙。 ×前作からのデータ引継ぎ以外コスチュームのバリエーションが少なく、主人公の服が非常にダサい。コスチュームセットがPlaystation storeであれば購入したかもしれない。風景が綺麗でどっぷり浸れるが、よく見ると雑な部分もある。これはもろに個人的な見解になるが、同じファミコン・ドラクエ世代で現在アメリカで暮らす弟と彼の小さな子どもたちにもこの世界を体験して欲しいと思いプレゼントを考えるも、ゼシカやマーニャの露出度が気になり断念。。。テリーのマホトラ剣はアクション説明では【□□□□△】とあるが全く不発。実際には【□□□□□休△】が出し易い。
ぷーちん - 2016年06月17日
グラフィック:4 サウンド:4 シナリオ:3 操作性:3 熱中度:4
普通にゲームとして面白い。買って損はしないと思います。
オンラインはすぐ誰でもできてやりやすい。
ドラクエらしさとアクション要素が良い感じの仕上がりです。 ×まずは主人公の声優、気になる人は気になるかも。
転職要素があるのですが折角だから上級職の数がもう少し欲しかった。
uto1216 - 2016年06月11日
グラフィック:4 サウンド:4 シナリオ:3 操作性:3 熱中度:4
オンラインは楽しめた。レベル上げも意識せずにオンラインで遊んでるウチにサクサク上がるので作業感は無くとても良かった。
アクセサリーの強化なども前作のような運ゲーでなく自分で素材を集めて強化出来るところは良かった。前作のかゆい所に手が届いた良ゲーだった。 ×ストーリーはパッとしなかった。主人公の衣装がダサ過ぎて使いたくない。マルチではメインストーリーはフレンド指定で遊べない。 新キャラも残念でした。
ファンタシースターオンライン2 エピソード4 デラックスパッケージシリーズ
評価C10件~1192位¥100~
発売日:2016年4月20日 ハード:
  • PS4
メーカー:セガゲームスジャンル:アクションRPG プレイ人数:1-12人用(オンライン専用) DL版:基本無料 / 37.4GB~  CERO:C
ファンタシースターオンライン2 エピソード4 デラックスパッケージ
2012年7月にサービスを開始した国産オンラインRPG「ファンタシースターオンライン2」のインストールディスクと特典アイテムをセットにしたパッケージ。プレイは基本無料のアイテム課金制。PC版、PS Vita版は2016年1月に「エピソード4」への大型アップデートが実施された。PS4版は本パッケージ発売と同時にサービス開始となる。特典アイテムは、2016年1月~3月に放送されたTVアニメ「PSO2 ジ アニメーション」の主人公・イツキおよびヒロイン・リナのゲーム内コスチューム、髪型、ボイス、武器迷彩など。

プレイヤーは外宇宙調査隊「アークス」の一員となり、未知の惑星での調査や交流を目的としたさまざまなクエストに挑戦する。EP4では、次元を超えて繋がった第6の惑星「地球」が登場。TVアニメの1年後、西暦2028年の「東京」から新たな物語が始まる。東京には人々の恐怖を具現化した新エネミー「幻創種」がはびこり、次々に出現ポイントを変える。フィールドに点在するダッシュパネルを活用して素早く移動しよう。ダッシュ状態で攻撃すればキックの威力がアップする。2016年5月に実装予定の巨大な幻創戦艦「大和」相手には、アークスの切り札・人型迎撃兵器「A.I.S」に搭乗しての決戦だ。

ほかにもEP4からの新要素が満載。キャラクタークリエイトではアウター、ベース、インナーの3層重ね着が楽しめる「レイヤリングウェア」機能が搭載された。9番目の新クラス「サモナー」は育てたペットを戦わせることができ、アクションが苦手でも十分活躍できる。フィールド上で採取や釣りをして素材を集め、料理や新装備「スキルリング」を作ることも可能になった。EP1~3に戻ってのストーリー進行や、他機種版とのデータ共有、クロスプレイにも対応している。
動画(2)
ディヴィニティ:オリジナル・シン エンハンスド・エディションシリーズ
評価B50件~767位¥1,205~
発売日:2016年4月14日 ハード:
  • PS4
メーカー:スパイク・チュンソフト開発元:Larian Studios)ジャンル:シミュレーションRPG プレイ人数:1-2人用(オンライン:2) DL版:¥7,290 / 6.8GB~  CERO:Z  その他:
  • クロスレビュー33点
ディヴィニティ:オリジナル・シン エンハンスド・エディション
海外で高評価を得た、昔ながらのファンタジーRPGがPS4に登場。オリジナル版は2014年6月にPCで発売された「Divinity: Original Sin」で、2002年に始まる「Divinity」シリーズの第3弾(外伝を含めれば5作目)だ。特に戦略性の高さが評価され、2015年には150以上のメディアアワードを受賞。同年10月には強化版である「Enhanced Edition」が発売された。本作はその日本語ローカライズ版。

主人公は2人のソースハンター。未知の力「ソース」と、それを悪用する「ソーサラー」を排除するのが仕事だ。彼らは小さな港町サイシールでソース絡みの殺人事件を調査するが、やがて事件の背後に潜む強大な存在に気づく…。主人公たちはゲーム開始時にクラスや性別、外見などを細かく設定でき、成長に応じてスキルを習得可能。スキルは戦技・射手・悪党・炎術・水術・風術・土術・妖術の8つのカテゴリに分類され、その数は128種類以上。二刀流や弓、商売上手といったアビリティも30種類ある。クエストは殺人事件を追うメインクエスト以外にも、多彩なサイドクエストを用意。クエストの解決方法もさまざまで、テーブルトークRPGのような自由さがある。

パーティは主人公2人と冒険者2人の最大4人。バトルはターン制だが、キャラクターごとのAP(アクションポイント)内なら複数回行動できる。大量のAPを消費して強力な呪文を唱えるか、少量のAPで小規模なスキルを連発するかはプレイヤー次第だ。天候や位置取りも重要。例えば、雨を降らせる呪文で敵を濡らせば凍結スキルの効き目が上がり、敵の血だまりの中にいては電撃を受けて感電してしまう、など。マルチプレイはオンライン、オフラインを問わず2人まで対応。一緒に冒険することも、別々の場所を探索することもできる。
動画(4)
スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-シリーズ
評価D100件~597位¥361~
発売日:2016年3月31日 ハード:
  • PS4
メーカー:スクウェア・エニックスジャンル:RPG プレイ人数:1人用 DL版:¥8,618 / 27.2GB~  CERO:C  その他:
  • クロスレビュー34点
スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
SFとファンタジーの要素を兼ね備えたRPG「スターオーシャン」シリーズの5作目。王道と原点回帰をテーマに、シリーズ経験者も未経験者も楽しめるように開発された。キャラクターデザインは「ストリートファイターII」や「∀ガンダム」を手がけた安田朗(あきまん)。

時代は「SO2」と「SO3」の間、宇宙暦537年(西暦2623年)。舞台は地球から6000光年以上離れた辺境の星「フェイクリード」。レスリア王国のスタール村で暮らす剣士の青年・フィデルは、村を滅亡の危機から救うため幼馴染の呪印術士・ミキとともに旅立つが、道中で何者かに狙われる謎の少女・リリアに遭遇。1人の少女をめぐり、やがては星の運命をも動かす戦いへと発展していく。

戦闘やイベントは画面が切り替わることなくシームレスに展開。イベント中、自由に動き回ってさまざまなポーズもとれる。戦闘はパーティ全員、最大7人以上が参加するリアルタイムアクションバトル。簡単操作でコンボや必殺技が繰り出せるほか、大攻撃・小攻撃・ガードの3すくみやステップを活用した戦略的な戦い方もできる。最大5本までストックできるリザーブゲージは、消費して超必殺技を発動したり、溜めたまま戦闘を終了してお金や経験値を増やしたりできる。戦闘中の操作キャラはボタン一つでいつでも変更可能。その他のキャラは、攻撃・防御・回復・サポートといったロール(役割)を設定することで自動的に戦ってくれる。

シリーズ伝統のアイテムクリエイション(IC)や、街や道中で発生するキャラ別の会話イベント・プライベートアクション(PA)も健在。ICは、調合や料理などを行う「レシピ合成」、所持品の中から任意に最大6つを選択する「クリエイティブ合成」、武器や防具に素材を合成する「装備強化」の3種類。ストーリー進行やPAによってキャラ同士の感情度が変化し、戦闘での立ち回りやエンディングなどに影響してくる。
動画(4)
口コミ(7)
- 2016年06月04日
グラフィック:4 サウンド:3 シナリオ:1 操作性:2 熱中度:2
グラフィックが綺麗。 ×ストーリーがひどすぎる。
あまりに意味の分からない展開があり、そこでプレイをやめました。
けいちゃん - 2016年04月22日
グラフィック:5 サウンド:3 シナリオ:2 操作性:3 熱中度:2
グラフィックはとても綺麗! ×全く感情移入出来ないまま進んでいくストーリー。
盛り上がりもなく気づけばラスボス。
そのラスボスも難なく倒せてしまう。
同じ街を行き来し広大なフィールドで敵を探し倒すクエストが多い為、とても面倒臭い。
寄り道していたのにも関わらずクエストを抜くと15時間で全クリ出来るほどの短さ。
仲間が多すぎて画面が見えない事も多々あり。
バトルの要素である三竦みがほぼ機能していない。
せめてバトルだけでも、もう少しまともにして欲しかった。
UTO - 2016年04月15日
グラフィック:5 サウンド:4 シナリオ:3 操作性:1 熱中度:4
グラは最高レベル。背景も非常に細かく描写されてさすがPS4。
ストーリーもそんな言うほど悪くない。普通です。
武器合成やロールの組合せを考えて戦闘するシステムは個人的にハマりました‼️ ×戦闘自体はカメラワーク酷すぎ、三竦みというシステムがほぼ機能しない。
結局ボタン連打のゴリ押しなんで飽きる。
あと、同じ町を往復するだけなのでクエスト関係は苦行でした。
プーチン - 2016年04月04日
グラフィック:4 サウンド:3 シナリオ:3 操作性:2 熱中度:3
グラフィックが綺麗で戦闘もサクサク。
レベル上げは苦にならなかった。低いうちは。
ロールや調合等、クエストもありそこそこやり込めるんじゃないかな? ×値段の割にストーリーが短いような感じはした。
カメラアングルが悪い、時々NPCのテキストが見えなかったりする。
ラグーン - 2016年04月02日
グラフィック:4 サウンド:2 シナリオ:1 操作性:1 熱中度:1
特に思いつかないけどあえて言うならグラが良いぐらい? ×最初の話しが飛びすぎてストーリーの掴み処がイマイチだった
- 2016年04月02日
グラフィック:4 サウンド:4 シナリオ:1 操作性:1 熱中度:1
グラフィックが綺麗くらい ×悪いところばかり
・戦闘システムである三すくみが機能してない。エフェクトでごちゃごちゃし結局ごり押し、カメラワークも悪い
・イベントスキップ不可
・数個の町、数個のフィールドを行き来するお使いゲー
・シナリオが全く感情移入しない、シリアスな状況でも会話はおちゃらけ
上記をまとめると某テイルズシリーズそっくり
ゲーム系 - 2016年04月01日
グラフィック:4 サウンド:4 シナリオ:4 操作性:2 熱中度:4
グラフィックが大変良く、音楽も良く、シナリオも大変良かった。 ×広いフィールドを探索するには少し移動速度が気になりました。
また最初は少し操作性に戸惑うかも…。
Weapons of Mythology ~NEW AGE~
評価C515位(DLソフト)|基本無料
発売日:2016年3月25日 ハード:
  • PS4
メーカー:ライオンズフィルム開発元:Gamemag Interactive)ジャンル:MMORPG プレイ人数:1人用(オンライン専用) DL版:基本無料 / 4.4GB~  CERO:B
Weapons of Mythology ~NEW AGE~
2014年12月17日に正式サービスを開始した基本無料のオンラインRPGがPS4に登場。プレイヤーは5つの職業(ウォーリア、プリースト、アサシン、メイジ、アーチャー)から1つを選び、美しいファンタジー世界を冒険する。

本作はスキルを自由に設定できるレリックシステムを搭載。回復できるウォーリア、範囲攻撃を操るプリーストなど、場面に合わせて戦闘スタイルをカスタマイズできる。ほかにも、キャラクターの移動速度を上げる乗物や、冒険をサポートしてくれるペットが登場。ペットは育てると人型や獣型に変身できるほか、スキンシップをしたり、プレゼントを上げたりして新密度を上げれば、アイテム収集やステータス補助などのサポートをしてくれる。

PS4版ではグラフィックが向上したほか、各種バランス調整や、新システム「スキルコンボ」と「スキルストーン」を実装。ゲームパッドで操作できるようにUIを変更しつつ、MMO初心者向けのチュートリアルも用意された。
動画(2)
ダークソウル IIIシリーズ
評価A100件~189位¥2,048~
発売日:2016年3月24日 ハード:
  • PS4
メーカー:フロム・ソフトウェア開発元:フロム・ソフトウェア)ジャンル:アクションRPG プレイ人数:1人用(オンライン:1-6) DL版:¥7,484 / 17.0GB~  CERO:D  その他:
  • クロスレビュー38点
ダークソウル III
滅びゆく終末の世界を舞台にしたダークファンタジーアクションRPG。ダンジョン探索の緊張感や達成感をコンセプトにしており、一筋縄ではいかない難易度を誇る。本作では開発を次世代ハードに特化することで、マシンの性能をより引き出すことに成功。動的な光源処理や風に舞う灰、布の表現などのクオリティが向上したほか、スケールが大幅に増した立体マップを実現。全てのマップはシームレスにつながっており、オープンワールドのような世界を構築している。

スリリングな駆け引きが特徴の剣戟バトルでは、固有アクション“戦技”を追加。ロングソードの「構え」から相手のガードを崩したり、グレートソードの「踏み込む」から一撃必殺を叩き込んだりと、攻撃バリエーションが広がった。アクションは右手武器の弱攻撃と強攻撃、ガード、バックステップ、戦技、武器・魔法の切り替えなど。これまで以上に戦略的な立ち回りが求められる。戦技はキャラクターメイクで選択できる騎士、傭兵、盗人、魔術師などの素性と密接な関係を持つ。

会話不要の非同期オンラインは本作でも健在。他のプレイヤーが残した血痕や幻影、メッセージをヒントに危険を予測することができる。オンラインマルチプレイでは、モードを切り替えることなく、シングルプレイそのままに他のプレイヤーと共闘や対戦が可能。
動画(4)
口コミ(10)
- 2016年08月28日
グラフィック:4 サウンド:3 シナリオ:3 操作性:4 熱中度:4
難易度は難しい方だが、試行錯誤でクリアしていく過程が面白い。
最初のプレイ時は敵の行動、出現場所が予測不可能なので初見時が最も面白い。
また、オンラインで協力プレイできるので下手な人でもクリアできる救済措置も良い。
敵対プレイしてくる人は嫌だなと思うが、気づいたら自分もやってしまうこの中毒感はなんともいえない快感。
特に発売されたばかりのときはみんなクリアすることに一杯一杯なので侵入でキルするのが楽しすぎる。
キルされないように必死なホストは可愛いし、それをいたぶりながら遠慮なくキルするのはこのゲームでしか味わえない最高の快感。
グラフィックや演出は良いとこどりで進化していってるのでシリーズを追うごとに良くなっている。
また、戦士や魔法使いなど様々なキャラ作成ができるところはシリーズ変わらず良い。 ×発売日から日が経てば経つほど、みんな上手くなっているので、協力プレイは侵入対策にしか使わなくなる。
また、レベルが低い状態で周回してきた上手い人が侵入してくるのはツラい。
上手くなってしまうと簡単にクリアできるので飽きてしまう。
楽しみはオンライン対戦のみになってしまうのでオフラインの人はかわいそう。
- 2016年07月17日
グラフィック:5 サウンド:5 シナリオ:4 操作性:5 熱中度:5
序盤は初心者のために考慮したのかボスの体力がガンガン減る。中盤くらいからが本番な気がする。グラフィックもとても良かったと思う。
周回でしかとれない指輪とか、何通りかあるNPCイベントとかもあってやりごたえあり。 ×悪かった点かわからないがキャラメイクが難しい。
純魔やアンバサが息をしてない。
- 2016年04月29日
グラフィック:5 サウンド:4 シナリオ:4 操作性:4 熱中度:5
私はダークソウルシリーズの原点であるデモンズソウルと、その原点であるキングスフィールドのころからのファンである。
今日までキングズフィールドから受け継がれてきたファンタジーRPGの進化はダークソウル3にて究極をむかえる!研ぎ澄まされたグラフィックにBGM、ドキドキしながらも先を見たくなり行きたくなるフィールドにモンスター。探検探索を本当に自分でしてるような気になる作り込み。死にまくり覚えげーのトライアンドエラー。
しかし何度も何度もやりたくなるのは何故?何度めかのリトライでクリアー出来たときの達成感。こんな国産RPGはそうざらには無い。買って損はないゲームだ! ×近年の国産ゲームの終焉を見るにダークソウル3に不満は無し!
- 2016年04月27日
グラフィック:5 サウンド:5 シナリオ:5 操作性:5 熱中度:5
神ゲー。言わずと知れた死にゲー&覚えゲー。
プレイ時間は熱中しすぎて気付けば100時間超えてました。
いまはプラチナ目指して頑張ってます。
とにかくグラフィックがすごい。マップも広くて探索も楽しいです。協力プレイもいま人が沢山いるので困ることはないと思います。
- 2016年04月11日
グラフィック:5 サウンド:3 シナリオ:1 操作性:4 熱中度:2
ダクソガチ勢です。
グラフィックは2に比べて格段に良くなっています。 ×今作、ガチ勢にはやり込み要素の少ない物になっていると思います。
2ではノーデスノー篝火や、試合で勝ち負けの差が150以上しないと手に入らないアイテムがありましたがそれが無くなっています。ノーデスは実際に成功しましたが、アイテムは貰えませんでした。
入手難易度の高いアイテムが激減ため、やりがいが減ったように感じます。2の時はずっとやり続けることができましたが、3はもうすでに飽きそうです。
対人もパリィが成功しやすいことから、パリィゲーになっていて少し退屈です。
難易度も簡単で、ゲーム的には2の方が面白かったです。総合評価をダクソ2を5とするなら、ダクソ3は2位のイメージです。
龍 - 2016年04月05日
グラフィック:5 サウンド:5 シナリオ:5 操作性:5 熱中度:5
最高に面白いの一言、久しく忘れていた緊張感があるゲーム。協力プレイも敵対プレイも楽しいです。やり込み要素も高く周回プレイ必須。ハマると止められない! ×強いて言うなら敵対プレイのバランスがちょっと悪い、魔法関係が劣ってる気がしますね。
ノエル - 2016年04月05日
グラフィック:4 サウンド:5 シナリオ:4 操作性:5 熱中度:5
先日クリアしたため、レビューさせていただきます。
ブラッドボーンを含め、シリーズ全制覇済みです

まず、グラフィックですが、PS4の性能をフルに活かした素晴らしい物となっております。
しかし、FPS(描写速度)が30のため時々カクカクするのが残念です。
この画質ではPS4の限界なので仕方ありません。評価は4です。

次に音楽ですが、非常に満足がいくものとなっております。
テーマ曲が最高にかっこよく過去作に劣らない素晴らしいBGMばかりです。

シナリオは一応シリーズ完結作ということもあり、綺麗に終わります。
是非、無印をクリアしたうえでプレイしていただきたいです。
いつか「あっ!」となる時が来るでしょう。

操作性は、動きが軽快でブラッドボーンやデモンズソウルに近い感じになっております。

総括ですが、過去最高に難しい気がします。マルチだと非常に易化しますが、初見のボスは是非ソロでやっていただきたいです。どうしても勝てない時は協力者を呼びましょう。

非常に面白いゲームでした。トロコンするには、最低4週が必要なのでトロコン目的の方は苦労するかと思います。DLCが数カ月後に出ると思いますので、終わってもゲームは保管しておくと良いでしょう。 ×FPS30による各所での処理落ち。
トロコンに4週必要である点。
魔法使いが全体的に弱く、脳筋ゴリ押しがど安定な所。(アプデで改善されると思います)
みっちゃん - 2016年04月05日
グラフィック:5 サウンド:3 シナリオ:3 操作性:5 熱中度:4
死にゲーは幾つかしてきたけど、今回のは難易度的にそこそこでした。
ストーリーだけど、もう少し分かりやすいように作ってほしいですね。死にゲーはホントシナリオがわからない。何が言いたいんだって感じです。とりま、ボス倒して終わり的な。何も最後感動とかなしなので。微妙にそういう展開があればもっと良い作品になってくると思いました。
- 2016年03月28日
グラフィック:4 サウンド:5 シナリオ:2 操作性:3 熱中度:4
ダクソシリーズ初プレイだが、ゲーム自体は好きで歯応えのある難易度に久しく、熱中。
敵の倒し方も個人次第(崖へ誘導し落とす、壁に引っ掛けて動けなくさせる等)であり、多角的で面白い。
ストーリーというよりは、歯応えのある難易度で詰んだ際に、これならどうだ。と試行錯誤できるゲームはあまりない。
これ自体ができることがこのゲームの面白いところなんだと思う。 ×ダクソシリーズ初心者故に、前作との比較はできないが、今のところはない。
- 2016年03月24日
グラフィック:4 サウンド:5 シナリオ:4 操作性:4 熱中度:5
人を選ぶものの、アクションRPGが好きな人や剣と魔法やダークファンタジー好きなら是非お奨めしたい。 ×先程も言った通り人を選ぶ、しかも今作は前作クリア済みでも死にまくるほど超高難易度。
アクションが苦手な方は楽しめないかも知れません。
だから折れぬ心を持つ方や虐められることに興奮を覚える方にお奨めします!

454647484950515253

ロールプレイング TOP 5

1ELDEN RING(エルデンリング)
2022年2月25日
フロムソフトウェア
2テイルズ オブ アライズ
2021年9月9日
バンダイナムコエンターテインメント
3Horizon Forbidden West
2022年2月18日
SIE
4スーパーロボット大戦30
2021年10月28日
バンダイナムコエンターテインメント
5ニーア レプリカント ver.1.22474487139...
2021年4月22日
スクウェア・エニックス

ロールプレイング TOP 5(DLソフト)

1百英雄伝 Rising
2022年5月11日
505Games
2Salt and Sacrifice(ソルト アンド サクリファイス)
2022年5月10日
Ska Studios
3SpellForce III Reforced
2022年6月7日
THQ Nordic
4CHRONO CROSS(クロノ・クロス): THE RADICAL DREAMERS EDITION
2022年4月7日
スクウェア・エニックス
5Eternity: The Last Unicorn
2022年4月4日
1C Entertainment