目的別

192021222324252627

フェルンズゲート
841位(DLソフト)|¥1,080
発売日:2018年8月15日 ハード:
  • PS4
メーカー:ケムコジャンル:ファンタジーRPG プレイ人数:1人用 DL版:¥1,080 / 851MB~  CERO:A  その他:
  • クロスレビュー27点
フェルンズゲート
2016年12月にスマホアプリとしてリリースされた2DコマンドバトルRPG。プレイヤーは異世界からやってきた少年「ユウ」となり、魔王クラングオーロに立ち向かう。バトルは「エイユウ」や仲間と、2人1組のタッグを組んで戦う。後衛のキャラクターは前衛のキャラクターをサポート。タッグを組む相手によって戦闘中に得られる効果が変化したり、強力な合体魔法を打つことができる。エイユウは「アスディバイン」シリーズや「忘失のイストリア」、さらに「レイジングループ」のキャラクターも参戦。さまざまなエイユウを手に入れて戦いを有利に進めよう。

また、物語で出会うキャラクターの中には、少し特殊な「シェアスキル」を教えてくれる人もいる。シェアスキルは味方全員でクールタイムを共有するため、使いどころが重要となる。モンスター図鑑やスキルリスト、農場や派遣業ができるシークレットハウス、武器の強化など、やり込み要素も充実。オプション画面で弱い敵との戦闘を回避したり、難易度の変更もできるため、サクサクと進められる。

――気がついた時には、異世界にいた――。ごく普通の学生として暮らしていた少年・ユウ。気づけば彼は、見知らぬ森に立っていた。そこは、かつての平和と秩序が乱れ、争いと破壊に満ちた世界「フェルンランド」。魔物との戦いに直面するうち、自分にしかできないこと、ここにいるからできることを模索し始めるユウ。その思いはやがて、世界そのものに隠された真実へと繋がっていく・・・。
動画(1)
Darkest Dungeon(ダーケストダンジョン)
評価B10件~626位¥1,480~
発売日:2018年8月9日 ハード:
  • PS4
メーカー:角川ゲームス開発元:Red Hook Studios)ジャンル:ローグライクRPG プレイ人数:1人用 DL版:¥4,860 / 2.1GB~  CERO:C  その他:
  • クロスレビュー31点
Darkest Dungeon(ダーケストダンジョン)
2016年1月にSteamでリリースされ、海外のゲームアワードで数々の賞を受賞したローグライクダークファンタジーRPGの日本語版。プレイヤーは能力が異なる15人以上のヒーローから好きなヒーローを選んでパーティを組み、入るたびに形が変わる横スクロール型ダンジョンに挑む。最大の特徴は「ストレス」の存在。ヒーローは戦闘や空腹でストレスがたまっていく。100で発狂して命令無視、200で心臓発作を起こして死亡してしまう。基本的に死者の蘇生はできない。そうなる前に、酒場や修道院などで定期的に発散する必要がある。まさにストレスフルな内容だが、そのぶん達成感も大きいだろう。

ダンジョンに明確なゴールはなく、指定された条件を達成することでクリアとなる。経験値は敵を倒しても手に入らず、ダンジョンクリア時の難易度に応じて獲得する。レベルアップしてもステータスは上がらないが、上位の装備品が使用可能に。鍛冶屋をアップグレードして武器や防具を強化し、能力を高めよう。ダンジョンの長さは「短い」「普通」「長い」の3種類があり、「普通」以上ではキャンプを張って回復や一時的な能力強化などができるが、モンスターに寝込みを襲われることも。パーティに被害をもたらすヒーローの「悪い癖」や、ステータスを下げる「病気」などの要素もある。PS4版とPS Vita版はクロスセーブが可能。
動画(1)
サガ スカーレット グレイス 緋色の野望シリーズ
評価B10件~618位¥2,480~
発売日:2018年8月2日 ハード:
  • PS4
メーカー:スクウェア・エニックスジャンル:RPG プレイ人数:1人用 DL版:¥6,264 / 3.1GB~  CERO:B  その他:
  • PS4 Pro対応
  • クロスレビュー32点
サガ スカーレット グレイス 緋色の野望
2016年12月にPS Vitaで発売されたフリーシナリオRPG「サガ スカーレット グレイス」に新要素を加えたバージョンアップ版。新キャラクターを含めボイスが実装された。新キャラに関する連続イベントや、各主人公の仲間イベントなども追加。新たな技・術・装備・陣形・敵・裏ボスなどが登場し、より自由で戦略的なバトルが楽しめる。高解像度化、ロード時間の大幅短縮、移動速度の上昇、周回引き継ぎ要素など改良点多数。前作の経験者向けに、クリア済みの主人公がいるかどうかを反映させたうえでゲームを開始できるアンケート機能も搭載されている。

主人公は、武家貴族の令嬢ウルピナ、元ゴロツキの農民レオナルド、元魔女の陶芸家タリア、法定処刑人バルマンテの4人。冒険はすべてワールドマップ上で進行する「フリーワールドシステム」が導入され、行動や選択によって物語やマップ自体が大きく変化していく。仲間になるキャラは70人以上。最大5人参加のバトルでは、敵味方の行動内容や順番を示すタイムラインの確認が重要だ。敵や味方が倒れたとき、同陣営のキャラがタイムライン上で繋がることで強力な「連撃」が発生する。サガシリーズでおなじみの「陣形」、戦闘中に新技を思いつく「閃き」、レベル制を排除した独特の成長システムも健在。

かつて、邪神ファイアブリンガーとの1000年にもわたる戦いを勝ち抜いた強大な帝国があった。しかし、邪神を倒した皇帝もあっけなく暗殺され、内乱で滅亡してしまう。それから70余年。世界の混乱が続く中、新たな危機が迫っていた…。
動画(2)
ケムコRPGセレクション Vol.1シリーズ
評価B773位¥1,762~
発売日:2018年7月26日 ハード:
  • PS4
メーカー:ケムコジャンル:RPG プレイ人数:1人用 DL版:CERO:B
ケムコRPGセレクション Vol.1
2016年~2018年にダウンロード専用ソフトとして発売された4本のファンタジーRPGがセットになったパッケージ版。いずれもスマホアプリとして配信され好評を博し、SteamやNintendo Switchなどにも移植された作品だ。1作のプレイ時間は15時間~60時間。タイトルによってはオート時の戦闘スタイル選択や、ワンボタンでのパーティ全回復など便利な機能もあり、ボリュームと手軽さを兼ね備えたプレイが楽しめる。

・アスディバインハーツ
闇の精霊神に立ち向かう主人公と、ヒロイン3人+1匹の凸凹パーティが繰り広げるドタバタ冒険譚。パーティ内での恋愛要素があり、プレイヤーの行動次第で世界も恋の行方も変わってくる。ファミ通クロスレビューでゴールド殿堂入り。

・レヴナントサーガ
善と悪をテーマに、不死の魔物「レヴナント」に改造された主人公がたどる復讐の冒険譚。戦闘中に「リベレーション」を行うとキャラクターの見た目が変わり能力が強化されるが、回復や復活ができないというデメリットも。

・忘失のイストリア
主人公のファイ族(人間)が、仲間のルタ族(スライム)やイース族(獣人)と信頼を深め潜在能力を引き出していく絆の冒険譚。ヒロインは人間とスライムのハーフで、アイテムを拾い食いして強くなるという一風変わった性質を持つ。

・ドラゴンシンカー
8bit調のレトロなドット絵と笹井隆司のサウンドで紡がれる、邪竜退治の冒険譚。種族やジョブを考慮して編成した3チーム、最大12人のパーティを自由に切り替えて戦う。ファミ通クロスレビューでシルバー殿堂入り。
動画(1)
魔界戦記ディスガイア Refineシリーズ
評価D10件~887位¥1,594~
発売日:2018年7月26日 ハード:
  • PS4
メーカー:日本一ソフトウェアジャンル:シミュレーションRPG プレイ人数:1人用 DL版:¥7,776 / 1.4GB~  CERO:A
魔界戦記ディスガイア Refine
2003年にPS2で発売されたシリーズ1作目「魔界戦記ディスガイア」が高解像度化されてPS4に登場。史上最凶のシミュレーションRPGを公言しており、キャラクターレベル9999、億を超えるケタ違いのダメージ、底なしのやり込み要素が特徴。主人公のラハールは1313歳。悪魔と人間のハーフであり、父クリチェフスコイの後を継いで魔王になることを目指す。グラフィックはPlayStation4向けに最適化され、「魔界戦記ディスガイア5」相当にリファイン。バトルでは派手な技からコミカルな技、一撃必殺の大技など、様々な演出が強化されている。

闇に魅入られた禍々しき者どもが集う暗黒世界、魔界。そんな魔界に激震が走る。「魔王クリチェフスコイ、死す。」王の死は瞬く間に魔界全土へと広がり、野心旺盛な悪魔どもが次期魔王の座を虎視眈々と狙っていた。そんな中、クリチェフスコイの息子・ラハールは丸2年の寝坊から目覚める。「魔王の次期後継者たるオレさまをさしおいて、魔王の座を奪うだと…?良い度胸だ…、その者どもを片っ端から皆殺しにしてくれるわ!! 」ラハールはエトナやフロン、家臣を連れて、魔王の座を争う戦いへと繰り出していく。
動画(3)
ダーククエスト5
834位(DLソフト)|基本無料
発売日:2018年7月13日 ハード:
  • PS4
メーカー:ラプラス開発元:Gameloft)ジャンル:伝説級アクションRPG プレイ人数:1-4人用(オンライン専用) DL版:基本無料 / 18.9MB~  CERO:C
ダーククエスト5
2015年3月にサービスを開始したスマートフォン向けゲームアプリ「Dark Quest 5」のPS4版。基本プレイ無料のアイテム課金制。本作はデーモンがはびこるダークファンタジーの世界を舞台としたハクスラ系アクションRPG。5つの地域に広がるダンジョンを探索し、仲間とともにモンスターを薙ぎ倒していく。合成や進化機能を用いて46種類のアーマー、150もの武器をアップグレード。5種類の属性に分かれた装備とスキルを駆使してミッションを遂行する。正義のために戦うのか、それても賞金稼ぎになるのか、全てはプレイヤー次第。PlayStation Plus会員でなくても最大4人のオンラインマルチプレイが可能。

※2019年9月12日にサービス終了。
動画(1)
神獄塔 メアリスケルター2シリーズ
評価B10件~209位¥1,490~
発売日:2018年7月12日 ハード:
  • PS4
メーカー:コンパイルハートジャンル:3DダンジョンRPG プレイ人数:1人用 DL版:¥6,912 / 10.1GB~  CERO:D  その他:
  • クロスレビュー33点
神獄塔 メアリスケルター2
2016年10月にPS Vitaで発売された3DダンジョンRPG「神獄塔 メアリスケルター」の続編。コンパイルハート、電撃文庫、電撃PlayStationが手を組み、ゲーム、小説、雑誌の3つのメディアで「すべての物語がリンクする」コンテンツとして展開。ゲームでは「血」や「狂気」をコンセプトに、先の読めない狂気渦巻くストーリーが描かれる。前作(PS Vita)のリメイク版も収録し、合わせてプレイすることでより感動が深まる。ユーザーの要望を受けてシステムの改善も行われた。

これは、生命ある監獄「ジェイル」からの脱獄を目指す特殊能力者「血式少女」たちの物語。新たな主人公「つう」とヒロイン「人魚姫」が、前作の主人公「ジャック」とヒロイン「アリス」に出会う。しかし、アリスは暴走、ジャックは人魚姫を守るために命を落とし、異形の怪物「ナイトメア」と化してしまう…。

戦闘は主人公+5人で戦う、素早さ順のターン制コマンドバトル。浴びた敵の血を舐めることで発動する癒しの力「魂血スキル」や、全身血だらけになることで変身できる強化形態「ジェノサイドモード」「ブラッドスケルターモード」は健在だ。1ターンに2回行動できる2人1組の主人公ユニット「つう&ナイトメア・ジャック」や、敵を大量出血させ真後ろを向かせる「かごめかごめ効果」など新要素も多数。倒しても倒しても蘇る無敵のナイトメアから逃げ回る「虐殺鬼ごっこ」も恐怖度を増した。
動画(3)
ザンキゼロ
評価B10件~233位¥1,049~
発売日:2018年7月5日 ハード:
  • PS4
メーカー:スパイク・チュンソフトジャンル:ノンストップ残機サバイバルRPG プレイ人数:1人用 DL版:¥7,776 / 6.1GB~  CERO:D  その他:
  • クロスレビュー34点
ザンキゼロ
人類最後の生き残りとなった8人のクローン人間が、文明崩壊の理由と自分たちの過去を解き明かしていくサバイバルRPG。本作では「死」が「バネ」になって強くなる「シガバネ」システムを採用。クローン人間の寿命はわずか13日。幼年期から急成長し、老化して死を迎える。しかし、新たな肉体での再生が可能であり、記憶や人格、修得した知識や技術は継承される。さらに、死因や死の状況に応じて耐性が付与されるため、生まれ変わるほどに強くなっていく。パラメータには生命力のほか、スタミナ、ストレスなどがあり、レベルアップによるステータス向上はない。そのため、再生しても失われることがない「シガバネボーナス」と「スキル」の修得が育成のカギとなる。

8人はガレキばかりの島で自給自足の生活を送りながら、次々に流れ着く廃墟を探索する。ときには資材を確保し、工作室や調理室など拠点の施設を充実させることも重要だ。ダンジョンでの探索はリアルタイムで進行し、戦闘は移動と攻撃ボタンを組み合わせたアクション性の高いものとなっている。敵は異形の怪物「クリーチャ」や狂暴化した野生動物たち。ボタン長押しで発動する「チャージ攻撃」、複数のチャージを重ねる「連携攻撃」、危険と隣り合わせの寄生生物「クリオネ」による特殊攻撃なども駆使して戦おう。

なお、制作には「ダンガンロンパ」のスタッフが携わっており、同シリーズのセーブデータがあるとマスコット「モノクマ」が敵として出現する(ストーリーには無関係)。
動画(2)
グランクレスト戦記
評価D10件~769位¥980~
発売日:2018年6月14日 ハード:
  • PS4
メーカー:バンダイナムコエンターテインメント開発元:アクリア)ジャンル:戦術級RPG プレイ人数:1人用 DL版:¥8,856 / 22.0GB~  CERO:C  その他:
  • クロスレビュー32点
グランクレスト戦記
水野良が描くファンタジー小説「グランクレスト戦記」を題材にしたシミュレーションRPG。原作は2013年8月~2018年3月に刊行され、2018年1月~6月にはTVアニメが放送された。舞台は混沌が満ちるアトラタン大陸。“聖印”を持つ〈君主〉は人々を守護するという本来の理念を忘れ、領土争いに明け暮れていた。そんな君主たちを軽蔑する天才魔法師の少女シルーカと、未熟だが正義感あふれる放浪の若き君主テオが出会い、やがて大陸全土に変革をもたらしていく。

プレイヤーはテオとなり、各地の戦乱を制して領土を拡大し、大陸統一を目指す。戦闘では敵味方が入り乱れる中、リアルタイムで最大8部隊を指揮しつつ、キャラクターを直接操作して攻撃や防御などのアクションを行う。一点突破の突撃、二方向からの進軍、仲間との連携による敵包囲など戦略はさまざま。モンスター討伐のクエストも発生する。政治・生産・軍事を駆使した拠点・戦力の強化も重要だ。戦場に出撃できるキャラは、部隊長として5人までの兵士が編制可能。盾兵や攻撃魔法などキャラごとに編制できる部隊が異なるので、戦況に応じて整えよう。

仲間になりうるキャラは合計450人以上。原作キャラのほか、登用可能な在野武将が多数登場する。多彩なサイドストーリーや、キャラごとの出自・目的といったプロフィールも楽しめる。また、早期購入特典として水野良原作「ロードス島戦記」の主人公「パーン」とヒロイン「ディードリット」を使用できるプロダクトコードが付属。
動画(2)
GOD WARS 日本神話大戦シリーズ
評価C5件~899位¥1,608~
発売日:2018年6月14日 ハード:
  • PS4
メーカー:角川ゲームスジャンル:タクティクスRPG プレイ人数:1人用 DL版:¥5,918 / 4.5GB~  CERO:B
GOD WARS 日本神話大戦
2017年6月にPS4/PS Vitaで発売された和風タクティクスRPG「GOD WARS ~時をこえて~」に数々の新要素や改善を加えた完全版。瑞穂国(みずほのくに)と呼ばれるもうひとつの古代日本を舞台に、カグヤやキンタロウなどおとぎ話や古事記の英雄たちが活躍する。その独自の世界観と、30以上の職業や400以上のスキルを組み合わせた戦略性の高いバトルが国内外で好評を博した。

メインシナリオ「時をこえて」、DLCで配信された追加シナリオ「日向の未来」「新たなる敵」に加え、本編を超える圧倒的ボリュームの新シナリオ「黄泉の迷宮」を収録。黄泉の迷宮ではカグヤ一行の過去や宿命が明らかになるとともに、プレイヤーの行動によって3種類の結末に分岐する。また、前作では敵として登場した「モモタロウ」「イヌ」「サル」「キジ」がプレイアブル化。さらに、本作だけの追加キャラクターとして巫女の少女「オリヒメ」が参戦する。※黄泉の迷宮は前作購入者向けにDLC配信。

やり込み要素も満載だ。黄泉の迷宮のトゥルーエンド後は、レベル199まで強化された大型ボスが次々と襲いかかる全10ステージの最終ダンジョン「深遠」が開放。深遠突破後には新たな難易度「超難しい」での周回プレイが可能となる。想定累計プレイ時間は300時間以上。同一ハードに限り、前作とセーブデータを共有できる。
動画(1)

192021222324252627

ロールプレイング TOP 5

1ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S
評価A2020年12月4日
スクウェア・エニックス
¥4,273~
2天穂のサクナヒメ
評価A2020年11月12日
マーベラス
¥3,400~
3ファイナルファンタジーX/X-2 HD Remaster
評価B2015年5月14日
スクウェア・エニックス
¥5,100~
4Demon’s Souls(デモンズソウル)
評価B2020年11月12日
SIE
¥5,588~
5ペルソナ5 ザ・ロイヤル
評価C2019年10月31日
アトラス
¥5,940~

ロールプレイング TOP 5(DLソフト)

1マーセナリーズブレイズ 黎明の双竜
評価2021年1月15日
ライドオンジャパン
2ドラゴンクエストIII そして伝説へ…
評価A2017年8月24日
スクウェア・エニックス
3ソード・オブ・ザ・ネクロマンサー
評価2021年2月11日
Grimorio of Games
4ファイナルファンタジーVIII Remastered
評価2019年9月3日
スクウェア・エニックス
5砂の国の宮廷鍛冶屋
評価2021年1月7日
ケムコ