目的別

242526272829303132

イーグルフライト
評価C10件~916位¥2,087~
発売日:2017年3月23日 ハード:
  • PS4
メーカー:ユービーアイソフトジャンル:VRフライトアクション プレイ人数:1人用(オンライン:1-6) DL版:¥5,184 / 3.1GB~  CERO:B  その他:
  • PS VR専用
  • クロスレビュー28点
イーグルフライト
オオワシの視点でパリの大空を飛び回るVR専用フライトアクション。人類がいなくなった50年後のパリを舞台に、エッフェル塔や凱旋門といった有名な建築物を上空から眺めることができる。首を傾けることで左右に旋回するという簡単操作になっており、あたかも自分が鳥になったような気分を味わえる。ゲームモードは、基本操作を学べる「チュートリアル」、5つのチャプターで構成された「ストーリー・モード」、好きなだけ空を飛べる「フリー・フライト」、3対3のチーム戦「オンライン・マッチ」を収録。ダウンロード版は2016年11月9日に配信された。
動画(1)
Momodora: 月下のレクイエム
評価A729位(DLソフト)|¥980
発売日:2017年3月16日 ハード:
  • PS4
メーカー:PLAYISM開発元:Bombservice)ジャンル:2D探索アクション プレイ人数:1人用 DL版:¥980 / 95.3MB~  CERO:B  その他:
  • クロスレビュー31点
Momodora: 月下のレクイエム
2016年にPCで配信され、好評を博した2D探索アクション「Momodora: Reverie Under the Moonlight」がPS4に登場。グラフィックは昔ながらのドット絵アニメーションを採用。メトロイドヴァニア系統の作品で、広大な世界を冒険し、隠されたアイテムや財宝を探索する。多種多様な攻略ルートがあり、ステージの奥には巨大なボスが行く手を阻む。コンボや緊急回避、アイテム、呪文を駆使したハードなアクションだが、初心者向けのイージーから上級者向けのハードまで難易度変更が可能。

恐ろしい呪いが大地を覆い、世界を死者の国へと変貌させようとしていた。女司祭カホは、呪いの魔の手が伸びようとする小さな村を救うため、そして、この異変におけるすべての答えを知るため、呪われた地へと旅立つのだった…。
動画(1)
アルティメット マーヴル VS. カプコン3シリーズ
評価B10件~920位¥3,743~
発売日:2017年3月9日 ハード:
  • PS4
メーカー:カプコンジャンル:対戦格闘 プレイ人数:1-2人用(オンライン:2-8) DL版:¥2,990 / 4.5GB~  CERO:C
アルティメット マーヴル VS. カプコン3
2011年11月に発売された対戦格闘ゲーム「Ultimate Marvel vs. Capcom 3」が高解像度化されてPS4に登場。マーベル・コミックのキャラクターとカプコンのキャラクターが壮絶なバトルを繰り広げる。PS4版では追加コンテンツに加え、海外で発売された「MARVEL VS. CAPCOM : OFFICIAL COMPLETE WORKS」も完全収録。パッケージ版の購入特典として、描き下ろしコミック「WORLD WARRIORS AND WORLDS BEYOND(英語表記・海外向け)」が付属する。

グラフィックは3Dポリゴンだが、操作系が従来の2Dという「2.5Dスタイル」を採用。チーム編成は3対3で、ゲーム開始時に3人のキャラクターと3種のアシストタイプを選択する。操作系は1レバー+6ボタンだが、攻撃ボタンは初心者に配慮して4つに減少。「弱攻撃」「中攻撃」「強攻撃」「スペシャルアタック」「パートナー1」「パートナー2」の6ボタンとなっている。

登場キャラクターは「X-MEN」「アベンジャーズ」「ファンタスティック・フォー」「スパイダーマン」「ドクター・ストレンジ」「キャプテン・アメリカ」「ゴーストライダー」などのマーベル作品と、「ストリートファイター」「バイオハザード」「ファイナルファイト」「ロックマン」「ストライダー飛竜」「魔界村」「逆転裁判」「ヴァンパイア」などのカプコン作品から総勢50人。
動画(1)
CroixleurΣ(クロワルール・シグマ)
評価C5件~1044位¥704~
発売日:2017年3月9日 ハード:
  • PS4
メーカー:アクティブゲーミングメディア開発元:souvenir circ.)ジャンル:一騎当千ハイスピードアクション プレイ人数:1-2人用 DL版:¥1,500 / 1.2GB~  CERO:B  その他:
  • PS VR対応
  • クロスレビュー30点
CroixleurΣ(クロワルール・シグマ)
4人の魔法少女を操作してモンスターをなぎ倒す、一騎当千ハイスピードアクション。本作はPCで配信された同名タイトルに新要素を追加したもの。PS4版では新たに二人のキャラクターが選べるほか、ストーリー(フルボイス)やアクション、装備品、スキルなどが追加されている。グラフィックも強化され、フルHDの60fpsに対応。メインの「ストーリーモード」は、塔の中で武器を集めながら物語を進めていく。武器は最大4つまで持ち込むことができ、装備することで見た目や必殺技が変化する。猫耳やメガネ、ヘッドフォンなどで着飾ることも可能。

ほかにも、ストーリーモードの後日談「エクストラモード」、ダンジョンに潜って100層に到達するまでの時間を競う「ダンジョンモード」、3分間のスコアを競う「スコアアタックモード」、HPが続く限り戦う「サバイバルモード」、出されたお題をクリアしていく「チャレンジモード」がある。

本作は2015年3月にダウンロード版が配信。パッケージ版の発売に合わせてアップデート(無料)が実施され、PS VR対応やゲームパートとコミュニケーションパートに新コンテンツが登場する。パッケージ版にはテーマ(壁紙)と3種のコスチューム(メイド服・学生服・カジュアル)が追加されているが、ダウンロード版は有料DLCとして後日発売予定(テーマ・カジュアルを除く)。PS Vita版とのクロスバイに対応。
動画(2)
フィギュアヘッズ
評価B727位(DLソフト)|基本無料
発売日:2017年3月9日 ハード:
  • PS4
メーカー:スクウェア・エニックスジャンル:ロボットアクション プレイ人数:1-10人用(オンライン専用) DL版:基本無料 / 8.8GB~  CERO:B
フィギュアヘッズ
2016年3月にサービスを開始した基本無料(アイテム課金)のオンライン・ロボットアクションゲーム。モードはプレイヤー同士が力を合わせて巨大ロボットなどの難敵に挑む「PvE モード」と5人1組のチームに分かれてプレイヤー同士が対戦する「PvPモード」の2種類。プレイヤーは分隊長となり、自機ロボットを操作しつつ、2機のAIロボットを指揮して戦う。ロボットの武器や装甲は幅広いカスタマイズが可能なほか、戦闘補助AI「フィギュアヘッズ」のセッティングも行える。3月9日に実施予定の大型アップデートでは、傭兵となって侵略国家「バベル・コンストラクション」と戦うストーリーモードを追加。さらに、迫りくる敵機を倒し施設を防衛する新PvEモードや、「光学」ダメージを持つ新型武器
も登場する。

有料版の「ゼノギアスセット」では、不朽の名作「ゼノギアス」に登場した「ヴェルトール」「ブリガンディア」「ゼプツェン」などのコラボ装甲に加え、キャラクター「フェイ」と「バルト」がフィギュアヘッズとなって付属。さらに試合後の報酬がアップするアイテム「EXP ブースト(30days)」「BIT ブースト(30days)」「30 GOLD」(課金ポイント)がもらえる。

時は20世紀末の近未来。ロボットを使用した戦争によって人類は居住区を失い、地下に逃れていた。地上では貴重な資源を巡る勢力争いが勃発。そんな中、若者たちの手によって破棄されたロボットを戦わせる遊び「BOTgame」が流行する。やがてBOTgameは運営組織「W2BF」の発足により、遊びから競技へと進化を遂げていく―。
動画(1)
口コミ(2)
アッキー曹長 - 2018年05月17日 - プレイ時間:30時間以上
グラフィック:4 サウンド:2 シナリオ:2 操作性:3 熱中度:5
機体だけでなく、自分だけの分隊を作れる。
だいたいのゲームは自機1人だが、このゲームは自分が指示を与えることができる僚機2機を連れていくため、各所に配置して挟み撃ちにしたり3機で一気に突撃したりと様々な戦術を取ることができる。これがこのゲームの醍醐味ともいえる。

さらに機体に搭載するAI、フィギュアヘッズは個性的なキャラクター揃い。
好きな機体に好きなフィギュアヘッズを搭載して、自分だけの分隊を作って戦う。

長いことやればの話だが、上達したという実感を持ちやすい。
人を選ぶゲームではあるが、サービス終了宣言さえなかったらもっといろんな人に教えたかったゲーム。 ×自機で戦いながら、僚機操作もしなければならないという難しさのあまり人をかなり選ぶ。
僚機もただ突っ込ませるだけでいなくなってしまい、慣れないうちは孤立しがち。
そしてわからないうちは編成も変な構成になりがちで、ルールも大まかにはわかっていてもチュートリアルでは細かなところは教えてくれない。

好きなフィギュアヘッズを乗せて戦うのもアリといえばアリだが、本当に戦い方などを極めるとなると好みではなくユニークスキルでキャラを選ぶことになってしまう。
当然好きな子で戦えなければモチベもそこまで上がらないと思う。
さらには兵科ごとにどのフィギュアヘッズが向いているか、自機向きや僚機向きというのは自分で調べなければならない。

さらに初心者がいきなり情け無用でランクスレベル70超えの熟練者とマッチさせられることもある。初心者が1人でやり込むのは、よほどのモチベーションがない限り続かない。
そのために誰か上手い人と関係を持つところから始めなければならない。
そして2018年6月30日にサービスが終わってしまうこと。
インブリード - 2017年03月14日 - プレイ時間:1時間未満
グラフィック:3 サウンド:3 シナリオ:3 操作性:2 熱中度:1
タダでできる。 ×”エイムアシスト”とかいう機能があるが、これはミスリード。
ロックオン、もしくはオートエイムと呼ぶべき。
ADSしたら自動でクロスヘアの中央に敵を捉えてしまうシューター。
競技性なんてどこかへ放ったらかしてガンダムオンラインと化したゲーム。

どこかの没企画から流用してきたようなキャラ絵を使って、ミスマッチの萌え要素を詰め込んだ正真正銘、謎のロボ×萌えの組み合わせ。
ゲーム中はキャラがギャアギャアと現状報告を叫び続ける。

PCを持ってないけどフィギュアヘッズをやりたいって人なら頑張って。
LET IT DIE(レット イット ダイ)
評価C10件~669位¥1,717~
発売日:2017年3月9日 ハード:
  • PS4
メーカー:ガンホー開発元:グラスホッパー・マニファクチュア)ジャンル:サバイバルアクション プレイ人数:1人用(オンライン専用) DL版:基本無料 / 28.2GB~  CERO:Z  その他:
  • クロスレビュー36点
LET IT DIE(レット イット ダイ)
2026年に起きた大地殻変動後の日本を舞台とするローグライク・サバイバルアクション。ゲーム内のゲームに挑戦するという一風変わったストーリー。基本無料のアイテム課金制だが、あくまでプレイヤースキル重視のゲームだ。攻撃やダッシュにはスタミナを消費し、「レイジムーヴ」や「ゴアティカル アタック」など多彩なアクションを駆使して敵を倒していく。

物語はゲーマーの主人公が東京都新宿区高田馬場にあるゲームセンターで目覚めるところから始まる。プレイヤーは謎の死神「アンクル・デス」に導かれ、DEATH DRIVE 128のゲーム「LET IT DIE」でバルブの塔の頂点を目指す。プレイの瀬戸際に登場する謎多き女・瀬戸 際子や、掃除屋にして最強の存在ジャッカルズなど、個性的なキャラクターが登場。

最初はパンツ一枚からスタートし、武器やアイテムは現地調達。武器は左右の手に3つずつ計6つ所持でき、装備の組み合わせは6億以上だ。PvPは一定のタイミングで情報を共有する非同期型オンラインを採用。ゲームを進めると世界中のプレイヤーが主人公の“待合室”を襲撃してくる。自分の所属する地域や国のチームメイトと協力し、ライバルたちを蹴散らそう。

パッケージ版には有料アイテムの「デスメタル」100個や、エクスプレス パス30日分×2枚、プレミアムデカール「アルティメットファイター」×1、ゲームで役立つ武器(ジャングルマチェーテ、対人用ツルハシ、盗賊のクロスボウ)が付属する。アルティメットファイターは、ファイターの全ての基礎パラメーターが10%アップし、何度でも付け剥がしが可能。デスメタルはバッグの拡張、武器屋「直噴射」での時間短縮、緊急時のコンティニューなどに役立つ。
動画(1)
口コミ(1)
- 2017年02月15日 - プレイ時間:30時間以上
グラフィック:4 サウンド:5 シナリオ:3 操作性:3 熱中度:5
ハマります。
最初こそ何をすればいいのか、よくわかりませんが、要約すると塔を登る度にダンジョンの配置が変わるローグライク系のアクションゲームです。
プレイヤーのレベルを上げ、武器を強化し、ただ頂上を目指す…簡単なようで結構難しいです。
気を抜いて適当にプレイしてると低層でも普通にやられますし、拾ったアイテムはもちろん、プレイヤーキャラすらロストします(回収は可能)。よい意味で緊張感があります。 ×クレカでしか購入できないことですね。
自分は問題ないですけど、大人でもクレカはあえて作ってない人もいると思うので…
オンライン要素がちょっと少ないです。他プレイヤーの拠点襲撃も楽しいですが、共闘や対戦もやってみたいと思いました。
来月パッケージ版が発売されるということで、これらの不満点も解消されるかもしれません。
STEEL COMBAT
評価C722位(DLソフト)|¥3,990
発売日:2017年2月28日 ハード:
  • PS4
メーカー:コロプラジャンル:VR対戦格闘 プレイ人数:1-2人用(オンライン対応) DL版:¥3,990 / 964MB~  CERO:A  その他:
  • PS VR専用
STEEL COMBAT
360度全方位を見渡せる仮想現実世界で、個性豊かなロボットたちが戦うPS VR専用対戦アクション。基本的なバトルシステムは従来の2D格闘ゲームを踏襲。ゲームモードは5段階の難易度でCPUと対戦できる「アーケードモード」、最大6人までの観戦機能に対応した「オンライン対戦モード」、技やコンボの練習ができる「トレーニングモード」の3種類。登場するロボットは、ブーストゲージを消費して連続技を決められる「センチュリオン」をはじめ、大型で高い攻撃力を誇る「ロックアップ」、空中ダッシュを何度も行える機動性に長けた「プルメリア」など全8体。ロボットには近距離戦闘モードと遠距離戦闘モードがあり、いつでも切り替えることが可能。遠距離モードは非常に強力だが、弾数に制限があるため、使いどころが重要だ。
動画(1)
アサシン クリード エツィオ コレクションシリーズ
評価B10件~147位¥3,950~
発売日:2017年2月23日 ハード:
  • PS4
メーカー:ユービーアイソフト開発元:Ubisoft Montreal)ジャンル:ステルスアクション プレイ人数:1人用 DL版:¥5,508 / 37.7GB~  CERO:Z
アサシン クリード エツィオ コレクション
歴史の影で暗躍するアサシンたちの活躍を描く暗殺アクション。伝説に名高い「アルタイル」の血統にしてマスターアサシンの称号をもつ男「エツィオ」を主人公とする物語で、「アサシン クリードII」「アサシン クリード ブラザーフッド」「アサシン クリード リベレーション」の3部作&追加ミッションが収録されている。グラフィックは1080pになり、PS3版よりも高画質である。

アサシン クリードIIは、ルネッサンス期のイタリアが舞台(シリーズ1作目の300年後)。陰謀により家族を失ったエツィオは、復讐のためアサシンとなる道を選ぶ。アサシン クリード ブラザーフッドは「II」で黒幕のロドリゴ・ボルジアとエデンの果実の存在を知り、ボルジア家に支配されたローマの街を解放していく。そしてアサシン クリード リベレーションは、オスマン帝国の中心であるコンスタンティノープルが舞台。前作でチェーザレ・ボルジアを倒し、家族の復讐を果たしたエツィオは、自身のルーツをたどるべく「アルタイル」の足跡を追う。

本作にはエツィオの父であるジョヴァンニを主人公としたエツィオ3部作の前日譚的な物語「アサシン クリード リネージ」、老年のエツィオと、あるアサシンとのエピソードが綴られる「アサシン クリード エンバース」の2つの映像作品も収録。なお、マルチプレイモードとマルチプレイ用ダウンロードコンテンツは未収録。
動画(1)
バットマン:リターン・トゥ・アーカムシリーズ
評価B10件~403位¥3,544~
発売日:2017年2月23日 ハード:
  • PS4
メーカー:ワーナーブラザースジャパン開発元:Rocksteady Studios)ジャンル:アクション プレイ人数:1人用 DL版:¥5,918 / 48.2GB~  CERO:C  その他:
  • オープンワールド
バットマン:リターン・トゥ・アーカム
前世代機で好評を博したアクションアドベンチャー「バットマン:アーカム」シリーズの初期2タイトル「バットマン アーカム・アサイラム」と「バットマン アーカム・シティ」を同梱したHDリマスター版。2タイトルともUnreal Engine 4を使ってPS4向けに最適化し、全てのダウンロードコンテンツを含めた「Game of The Year Edition」として収録。グラフィックの改善をはじめとして、モデル、環境、照明、効果、陰影などあらゆる部分で現世代機に適するようアップグレードされている。

2009年に発売された1作目「バットマン アーカム・アサイラム」では、凶悪犯罪者を収監する精神病院「アーカム・アサイラム」を舞台に、ゲーム用オリジナルシナリオでハーレークィンやスケアクロウなどのヴィラン、そしてジョーカーと対峙するバットマンの戦いを描いている。その続編である「バットマン アーカム・シティ」では、ゴッサムのスラム街そのものを巨大刑務所にする「アーカム・シティ計画」を巡り、アーカム・シティの裏で暗躍する精神科医ヒューゴ・ストレンジの陰謀に立ち向かう。
動画(1)
ダマスカスギヤ 東京始戦 HD Editionシリーズ
評価B718位(DLソフト)|¥1,800
発売日:2017年2月22日 ハード:
  • PS4
メーカー:アークシステムワークスジャンル:ロボカスタマイズ ハック&スラッシュ プレイ人数:1人用 DL版:¥1,800 / 4.1GB~  CERO:A  その他:
  • クロスレビュー28点
ダマスカスギヤ 東京始戦 HD Edition
2013年12月にPS Vitaで発売されたハック&スラッシュ系のアクションゲーム。PS4版ではグラフィックの高画質化・フレームレートの向上はもちろん、これまでに配信されたDLC第1弾・第2弾に加え、完全新規の第3弾DLCも収録。第3弾では、組織を去った主人公の代わりとなる人材育成の被験者「ミコト」視点で東京奪還後の物語が描かれる。

本作の舞台は2097年の東京。かつて人類が第4次世界大戦で使用していた人型歩行兵器(レイジ)の暴走により、世界人口の8割が滅亡。プレイヤーは対レイジ用特務組織「フレイヤ」に入り、有人の人型歩行ロボット「ギヤ」を駆使して人類の地上奪還を目指す。

フレイヤでは危険なレイジ掃討や兵器の運搬など約100種類のミッションが用意されており、ドッグでギヤの装備変更も可能。レイジから奪ったパーツや新たに開発した500以上のパーツを組み合わせて最強のギヤを作り出そう。
動画(1)

242526272829303132

アクション TOP 5

1グランブルーファンタジー ヴァーサス
評価C2020年2月6日
Cygames
¥1,680~
2モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション
評価A2019年9月6日
カプコン
¥2,850~
3モンスターハンター:ワールド
評価B2018年1月26日
カプコン
¥1~
4ワンピース 海賊無双4
評価B2020年3月26日
バンダイナムコエンターテインメント
¥3,000~
5戦国無双4
評価B2014年9月4日
コーエーテクモゲームス
¥2,896~

アクション TOP 5(DLソフト)

1Curse of the Dead Gods
評価2021年2月26日
Focus Home Interactive
2イン・セレブレーション・オブ・バイオレンス
評価2021年2月26日
Eastasiasoft
3THE KING OF FIGHTERS 2002 UNLIMITED MATCH
評価2021年2月9日
SNK
4機動戦士ガンダム バトルオペレーション2
評価2018年7月26日
バンダイナムコエンターテインメント
基本無料
5Shadow of the Beast(シャドー・オブ・ザ・ビースト)
評価B2016年5月19日
SIE