目的別

131415161718192021

コンバット!サーチ&レスキュー
評価C731位(DLソフト)|¥1,500
発売日:2017年12月21日 ハード:
  • PS4
メーカー:レイニーフロッグ開発元:Invictus、Ratalaika Games)ジャンル:ヘリコプター・コンバットアクション プレイ人数:1人用 DL版:¥1,500 / 213MB~  CERO:A
コンバット!サーチ&レスキュー
装備が異なる12台のバトルヘリを操作して、捕らわれた仲間の救出や貨物輸送、護衛隊の警護など、全35のミッションを遂行するヘリコプター・コンバットアクション。舞台となる戦場は砂漠、森林、鉱山、湿原などさまざま。天候も雨や雪など過酷な環境がプレイヤーを待ち受ける。ミッションクリア後に獲得できるコインで、さまざまな能力を持つヘリや3種類のスぺシャルマシン、より強力な武器を購入することが可能。
動画(1)
DOOM VFRシリーズ
評価B5件~936位¥980~
発売日:2017年12月21日 ハード:
  • PS4
メーカー:ベセスダ・ソフトワークス開発元:id Software)ジャンル:FPS プレイ人数:1人用 DL版:¥4,298 / 13.5GB~  CERO:Z  その他:
  • PS VR専用
  • PS4 Pro対応
  • PS Move対応
DOOM VFR
FPSの代名詞である「DOOM」がVRゲームになって登場。プレイヤーは、火星の軍事企業UACによってサイボーグ化された人類最後の生き残りとなり、デーモンの侵略を阻止するために戦う。DOOM特有の未来的な武器、多彩なアクション、高度な近接攻撃システムを組み合わせ、切り刻むも、押し潰すも、バラバラに吹き飛ばすも、プレイヤー次第。舞台はデーモンの襲撃が始まった直後のUAC火星研究施設。最後の生存者である主人公は死の直前、UACの不測の事態に対する緊急極秘プロトコルに従い、その意識を人工頭脳マトリックスに転送された。与えられた命令は、施設の安定性を確保することと、あらゆる手段を用いてデーモンの猛襲を止めることだった―。
動画(1)
Spider-Man: Homecoming - Virtual Reality Experienceシリーズ
評価B730位(DLソフト)|無料
発売日:2017年12月20日 ハード:
  • PS4
メーカー:Sony Pictures Virtual Realityジャンル:FPS プレイ人数:1人用 DL版:無料 / 758MB~  CERO:A  その他:
  • PS VR専用
  • PS Move必須
Spider-Man: Homecoming - Virtual Reality Experience
マーベル・コミックのスーパーヒーロー「スパイダーマン」になりきって、高層ビル群に現れた最悪の敵「バルチャー」を倒す、VRシューティングゲーム。映画「スパイダーマン:ホームカミング」がベースになっており、ウェブ・シューターから発射されるさまざまな種類の糸を駆使して、風船やドラム缶などのオブジェクトを撃ち抜く。プレイするにはPlayStation Moveモーションコントローラーが2本必要。
動画(1)
Sneaky Bears
評価B723位(DLソフト)|¥1,999
発売日:2017年12月8日 ハード:
  • PS4
メーカー:WarDucksジャンル:FPS プレイ人数:1人用 DL版:¥1,999 / 1.52GB~  CERO:A  その他:
  • PS VR専用
  • PS Move必須
Sneaky Bears
80年代のおもちゃ工場を舞台にテディベアの軍隊と戦う一人称視点のガンシューティング。世界征服をもくろむ邪悪なクマ「フランク」におもちゃ工場が乗っ取られてしまった。プレイヤーは冷凍光線や水鉄砲、ショットガンなどの武器でクマと戦い、罪のないパンダのテディベアを救い出し、打倒フランクを目指す。ゲームモードはトレーニングモード+3種類。それぞれ5ステージあり、計15ステージ。最後にはボスがプレイヤーを待ち受ける。PlayStation Moveモーションコントローラー が2本必要。
動画(1)
地球防衛軍5シリーズ
評価A100件~343位¥2,699~
発売日:2017年12月7日 ハード:
  • PS4
メーカー:D3パブリッシャー開発元:サンドロット)ジャンル:アクションシューティング プレイ人数:1-2人用(オンライン:1-4) DL版:¥7,800 / 14.8GB~  CERO:D  その他:
  • PS4 Pro対応
  • クロスレビュー31点
地球防衛軍5
突如襲来した異星文明「プライマー」と、全地球防衛機構軍「EDF」の戦いを描く三人称視点のアクションシューティング。世界観は過去作から一新。2022年、民間人のプレイヤーが戦闘に巻き込まれ、武器を手に取りEDF兵士となる。兵科は、特戦歩兵「レンジャー」、降下翼兵「ウイングダイバー」、二刀装甲兵「フェンサー」、空爆誘導兵「エアレイダー」の4種類。レンジャーは新アクション「ダッシュ」や、「地球防衛軍3」以来となる搭乗兵器の投下要請によって機動力が高まった。ウイングダイバーの新アクション「ブースト」、兵科ごとの「補助装備」といった強化要素もある。敵の部位や外殻を破壊できたり、体液が飛散したり弾痕が残ったりと、戦闘の臨場感も増している。

異星文明にはシリーズ初の知的生命体が参戦し、高度な戦術を駆使してくる。カエル型宇宙人「コロニスト」は歩兵、砲兵、突撃兵が存在し、手足がもげても再生する。「コスモノーツ」は一見するとロボットだが、頭部装甲を破壊するとグレイ型宇宙人の素顔が露わになる。アリやクモのような「侵略性外来生物」の大群は健在。ほかにも、ドローンや宇宙船、移動要塞など多種多様な敵が出現する。

前作「4.1」で導入された「巨大怪獣VS巨大ロボ」もスケールアップ。エルギヌスを上回る生命力を持つ巨大怪生物「アーケルス」と、全長47メートルの巨大兵器「ギガンティック・アンローダー バルガ」が激突する。また、すべてのミッションは最大4人のオンライン協力プレイに対応。画面分割によるオフライン協力プレイも可能だ。
動画(4)
Dick Wilde(英語版)
評価B718位(DLソフト)|¥1,690
発売日:2017年11月30日 ハード:
  • PS4
メーカー:PlayStack開発元:Bolverk Games)ジャンル:FPS プレイ人数:1-4人用 DL版:¥1,690 / 589MB~  CERO:B  その他:
  • PS VR専用
  • PS Move必須
Dick Wilde(英語版)
害虫駆除のエキスパート「ディック・ワイルド」が活躍するVRシューティングゲーム。待ち受けるのは空腹のピラニアや怒っているワニ、突然変異したサメなど。ディックはこれらのモンスターに対抗するため、ユニークな武器を集めている。エレクトリックボウやネイルガン、グレネードランチャーなど、様々な武器を駆使して危険生物を撃退しよう。3つの環境(古代神殿、海賊の入江、沼)それぞれに3つの難易度、計9つのレベルを収録。
動画(1)
ブラステムバニーズ 悪いウサギをヤッつけろ!
評価C716位(DLソフト)|¥500
発売日:2017年11月24日 ハード:
  • PS4
メーカー:テヨンジャパンジャンル:シューティング プレイ人数:1人用 DL版:¥500 / 563MB~  CERO:B
ブラステムバニーズ 悪いウサギをヤッつけろ!
次々に現れる悪いウサギを野菜銃でやっつける一人称視点のシューティングゲーム。歩行ウサギ、飛行ウサギ、ボスウサギなど様々な種類のウサギが出現。移動操作はないのでひたすら撃ちまくろう。ゴールデンウサギを仕留めれば無敵フレンジーモードに突入する。悪いウサギを倒すとコインをドロップ。消える前に撃つとコインが手に入り、アイテムを購入できる。追加コンテンツとして、ステージテーマ&スキンパック6種。武器フルアップグレード4種。コイン倍数3種。スペシャルパック1種を用意。PS Vita版とのクロスバイ・クロスセーブに対応。
動画(1)
ウルフェンシュタインII:ザ ニューコロッサスシリーズ
評価C10件~468位¥1,930~
発売日:2017年11月23日 ハード:
  • PS4
メーカー:ベセスダ・ソフトワークス開発元:MachineGames)ジャンル:FPS プレイ人数:1人用 DL版:¥8,618 / 46.9GB~  CERO:Z  その他:
  • PS4 Pro対応
  • クロスレビュー34点
ウルフェンシュタインII:ザ ニューコロッサス
2014年6月に発売されたFPS「ウルフェンシュタイン:ザ ニューオーダー」の正統なる続編。第2次世界大戦でナチスが勝利した「もしも」の世界が舞台となる。プレイヤーはB.J.ブラスコヴィッチとなり、生き残ったレジスタンスのリーダーたちを味方につけるため、ナチスに占領されたアメリカへと向かう。ニューメキシコ州の小さな街ロズウェル、ニューオーリンズの大通りと小川、核爆弾が落とされた後のマンハッタンなど様々なロケーションが登場。前作のキャラクターや、新たな仲間とともにレジタンスを結集し、アメリカをナチスから解放せよ。

敵をバラバラにできる汎用性の高いレーザー武器「レーザークラフトワーク」や、高い連射速度を誇るガス式グレネードランチャー「ディーゼルクラフトワーク」などのハイテク武器を使って、ナチス部隊を吹き飛ばせ。近接戦では、ハイテクピストルやサブマシンガン、手斧も使用できる。それでも不満ならアップグレードして、お気に入りの銃を両手に装備すればいい。隠密行動で敵をしとめる「ステルス」、火器爆裂正面突破の「メイヘム」、機転を利かして戦う「タクティカル」など、好みのスタイルで主人公を成長させよう。

舞台はナチス占領下の1961年アメリカ。ナチス親衛隊大将「デスヘッド」の暗殺は、取るに足らない勝利でしかなかった。これによりナチスは勢いを失ったものの、いまだ世界を支配していた。主人公はレジスタンスの一員、B.J.ブラスコヴィッチ、通称「テラー・ビリー」。彼はナチスにとっての宿敵であり、自由への人類最後の希望でもある。アメリカに戻ってナチスを一人残らず始末し、第二次アメリカ独立革命を起こす気概、能力、武器を全て兼ね備えているのはただひとり、ブラスコヴィッチしかいない。
動画(2)
地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューターシリーズ
評価B712位(DLソフト)|¥1,980
発売日:2017年11月22日 ハード:
  • PS4
メーカー:D3パブリッシャー開発元:クラウズ、ギガ連射)ジャンル:縦スクロール型3Dシューティング プレイ人数:1人用 DL版:¥1,980 / 1.6GB~  CERO:B  その他:
  • クロスレビュー28点
地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター
進化した地球外生命体に人類が立ち向かう「地球防衛軍4.1」初のスピンオフ作品。マザーシップ撃墜作戦の裏側で起こったアナザーストーリーで、人気兵科「ウイングダイバー」の精鋭部隊「ペイルチーム」を主役にした縦スクロールシューティングゲームとなっている。コンセプトは「とにかく避ける」「とにかく撃つ」「すべて破壊する」というもの。全6ミッションあり、ド派手な演出と画面に収まらない巨大な敵がプレイヤーの前に立ちはだかる。

「地球防衛軍4.1」でも登場したレンジャーや、作戦オペレーター、戦術コマンダーなど、他のEDF隊員たちの通信会話をフルボイスで収録。共闘するレンジャー部隊の姿や、巨大生物から逃げ惑う民間人の姿も健在。ミッションの途中では巨大生物が湧きまくる「SHOOT UP TIME」が始まることも。連続で撃破していくと「COMBO」が発生し、高得点を狙うことができる。

プレイヤーは2種類の武器を装備して出撃。「地球防衛軍4.1」でもおなじみの「イクシオン」「レイピア」「ミラージュ」「サンダースナイパー」「LAZR」「プラズマランチャー」など、60種類以上の武器を収録。さらに新型飛行ユニットに対応した本作オリジナルの武器も登場する。各ミッションや対巨大生物によって有効な武器は異なるため、いろいろ試してみよう。
動画(1)
口コミ(1)
流禅 - 2018年01月23日 - プレイ時間:10~30時間
グラフィック:3 サウンド:3 シナリオ:2 操作性:2 熱中度:1
防衛軍シリーズのスピンオフに挑戦したという意味では好印象。
ウイングダイバー+シューティングの相性は良いですね。
各武器もシューティング要素に合うので、もう少し煮詰めたら良い作品に仕上がったかも。 ×とにもかくにもボリューム不足。2980円=このボリュームで、一体どこの誰が満足するのか聞きたい所。たった6ステージ+各難易度だけって、980円レベルもいいとこ。
間違いなく価格設定ミス。現状この値段ではバランス的にもまず有り得ません。
シリーズ物が好きだという理由で買いましたが、心から損した・騙された気分になります。
Star Wars バトルフロント IIシリーズ
評価C100件~234位¥940~
発売日:2017年11月17日 ハード:
  • PS4
メーカー:エレクトロニック・アーツ開発元:EA Digital Illusions CE)ジャンル:アクションシューティング プレイ人数:1-2人用(オンライン:2-40) DL版:¥4,180 / 48.5GB~  CERO:C  その他:
  • PS4 Pro対応
  • クロスレビュー33点
Star Wars バトルフロント II
2004年に発売されたアクションシューティング「スター・ウォーズ バトルフロント」のリブート2作目(通算4作目)。前作は旧3部作(エピソード4~6)に特化していたが、本作では新3部作(エピソード1~3)、2015年に公開されたエピソード7「フォースの覚醒」を含む全時代からステージやキャラクターが登場する。2017年12月15日公開予定のエピソード8「最後のジェダイ」もDLCで追加される。そして、ファン待望の1人用「キャンペーンモード」を搭載。帝国軍の精鋭インフェルノ隊の指揮官アイデン・ヴェルシオを主人公に、エピソード6と7の間の30年を繋ぐオリジナルストーリーが描かれる。

オンラインの「マルチプレイヤーモード」では5つの対戦ルールが楽しめる。さまざまな惑星を舞台に兵器やビークルを駆使して戦う20対20の「ギャラクティック・アサルト」、戦闘機で宇宙戦を繰り広げる12対12の「スターファイター・アサルト」、シリーズを代表する英雄と悪役による4対4のドリームマッチ「ヒーローVSヴィラン」、8対8の強襲作戦「ストライク」、10対10のスピーディな近距離戦「ブラスト」。オフラインの「アーケードモード」ではAIの敵を相手に各種シナリオに挑めるほか、画面分割での2人協力プレイや対戦が可能。

ヒーロー、兵士、スターファイターは幅広く高度な成長システムを備え、各専用アビリティをカスタマイズして自分好みに強化できる。兵士はクラス制になっており、近中距離戦を得意とする「アサルト・トルーパー」、攻守のバランスがいい「ヘビー・トルーパー」、周囲に強力な支援効果をもたらす「オフィサー」、トラップや長距離狙撃で敵を翻弄する「スペシャリスト」の4つのクラスから選べる。

なお、デラックス版を購入すれば、通常の発売日より3日早い2017年11月14日からプレイできる。
動画(4)
口コミ(1)
- 2018年05月03日 - プレイ時間:1~10時間
グラフィック:4 サウンド:4 シナリオ:2 操作性:3 熱中度:1
・マップが綺麗
・グラフィックが良い ×・死んだあとが長い 
・所詮金を注ぎ込んだ者勝ち
・何の説明も無く勝手に進んでくマルチ

131415161718192021

シューティング TOP 5

1アレスタコレクション
評価A2020年12月24日
エムツー
¥2,709~
2コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー
評価C2020年11月13日
SIE
PS4:¥5,720~ PS5:¥6,780~
3ダライアス コズミックリベレーション
評価2021年2月25日
タイトー
¥5,718~
4コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア
評価C2019年10月25日
SIE
¥1,740~
5コットン リブート
評価2021年2月25日
BEEP
¥3,650~

シューティング TOP 5(DLソフト)

1サンダーフラッシュ
評価2021年2月25日
ラタライカゲームス
2舞華蒼魔鏡(まいはなそうまきょう)
評価2021年2月22日
Phoenixx
3ナツキクロニクル
評価2021年2月18日
キュート
4GダライアスHD
評価2021年2月25日
タイトー
5コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア 2 キャンペーン リマスタード
評価2020年4月1日
SIE