目的別

131415161718192021

Morbid: The Seven Acolytes
1457位(DLソフト)|¥2,530
発売日:2020年12月3日 ハード:
  • PS4
メーカー:Merge Games開発元:Still Running)ジャンル:アクションRPG プレイ人数:1人用 DL版:¥2,530 / 538MB~  CERO:D
Morbid: The Seven Acolytes
ラヴクラフト風ホラーとクローネンバーグ風のゴア表現が盛り込まれたホラーパンクアクションRPG。プレイヤーはディブロム教団の最後の生き残りとなり、邪悪な神々に取り憑かれた七人の使徒を倒すために冒険する。キャラクターには体力、スタミナ、正気度のパラメーターが存在。むやみに攻撃したり、ダッシュしたりするとすぐにスタミナが切れてしまうので注意しよう。ボス戦はヒットアンドアウェイが基本となる。素早く攻撃できる剣やナックル、リーチの長い槍、弾丸を消費する銃など、敵によって武器を使い分けることも必要だ。敵からの戦利品やレベルアップでキャラクターを強化し、ストーリーを進めていこう。
動画(1)
ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~シリーズ
評価A100件~322位¥2,790~
発売日:2020年12月3日 ハード:
  • PS4
  • PS5
メーカー:コーエーテクモゲームス開発元:ガスト)ジャンル:錬金術RPG プレイ人数:1人用 DL版:¥8,580 / 25.5GB~  CERO:C  その他:
  • クロスレビュー33点
ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~
錬金術RPG「アトリエ」シリーズ本編の22作目。前作の冒険から3年後、故郷の島で一人錬金術の修行を続けていたライザは、友人からの手紙をきっかけに王都へと旅立つ。そこでライザを待っていたのは、かつて冒険をした仲間たちとの再開と新たな出会い。そしておとぎ話のような伝承と謎が隠された遺跡の数々…。これは大人になる前の彼女たちが、自分にとって大切なものを見つける物語。キャッチコピーは「君を離さない。たとえ、この力を失っても――」。

本作ではロープを使った移動、ツタを伝って崖をのぼる、狭い場所をくぐり抜ける、水中を泳ぐなどなど、さまざまなフィールドアクションが可能。バトルは前作の「リアルタイムタクティクスバトル」がさらに進化。連続してスキルを使ったり、ここぞというときにアイテムで畳みかけたりと、アクション性が増した。調合はマテリアル環というマスに材料を投入していく「リンケージ調合」をよりわかりやすくし、初めての方も簡単にアイテムを作ることができる。作ったアイテム同士を掛け合わせる「エボルブリンク」で新たな効果やアイテムを生み出すことも。

※PS4パッケージ版を購入するとPS5版に無料アップデートが可能。PS5はダウンロード版のみ。
動画(2)
Chronos: Before the Ashesシリーズ
1451位(DLソフト)|¥3,520
発売日:2020年12月1日 ハード:
  • PS4
メーカー:THQ Nordic開発元:Gunfire Games)ジャンル:アクションRPG プレイ人数:1人用 DL版:¥3,520  CERO:C  その他:
  • PS4 Pro対応
Chronos: Before the Ashes
荒廃した世界を舞台に、数々の武器やアビリティを駆使して迷宮を探索するアクションRPG。2020年6月に発売された「レムナント:フロム・ジ・アッシュ」の前章譚であり、戦闘システムがTPSから変更されている。本作ではゲームオーバーになるたびに1つずつ年をとるユニークな年齢システムを搭載。若く俊敏だった主人公は、青年から中年へと歳を重ねるごとに魔法を得意とするようになり、戦い方も老練となっていく。

「死は終わりではない…グレートストーンの導きにより、人は死するがその叡智は継承される。」ここは朽ち果てるその時を絶望と共に待つ村。静謐が漂う石造りの部屋で、老婆は若者達に語り始めた。遥か昔に繁栄を極めた人類の営みを、そして突如現れ文明を灰燼と化したドラゴンへの怨嗟を。若者は決意した。恐ろしい化け物を倒すため、迷宮に挑むことを。
動画(1)
ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団シリーズ
評価B100件~539位¥3,199~
発売日:2020年11月26日 ハード:
  • PS4
メーカー:日本一ソフトウェアジャンル:ダンジョンRPG プレイ人数:1人用 DL版:¥7,920 / 9.2GB~  CERO:D  その他:
  • PS4 Pro対応
  • クロスレビュー33点
ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団
魔女が作り出した「人形兵」の集団を率い、危険な地下迷宮を探索する一人称視点のダンジョンRPG。基本的な世界観やシステムは前作「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」を継承しているが、舞台やキャラクターは一新されている。本作の舞台は、世界中から奇妙な美術品が集められた「ガレリア宮」。プレイヤーは老魔女「マダム・マルタ」が所持する「降霊灯(こうれいとう)」に宿った魂として、探索助手の少女「ユリィカ」とともにガレリア宮の地下に広がる迷宮に挑む。目的は、迷宮に眠る不可思議な美術品「奇品(きひん)」を持ち帰ること―。

迷宮探索には、複数の人形兵で構成された「カヴン(旅団)」を最大5つ連れていける。1つのカヴンにつき、戦闘に直接参加するアタッカー3人と、後方支援を担当するサポーター5人の最大8人が所属。カヴンの数5×8人―最大40人が参加する集団戦が「魔女ノ旅団」の戦い方だ。本作では+αの新戦力として「ミラマキーナ(傀儡兵)」が登場。ミラマキーナを呼び出すと各カヴンの前方に盾役として配置され、さまざまな能力で戦闘をサポートする。人形兵は8種類のファセット(職業)から男女別に作成可能。迷宮内の障害をジャンプして飛び越えたり、壁を壊して進んだりもできる。
動画(1)
Godfall(ゴッドフォール)
評価C50件~900位¥1,100~
発売日:2020年11月12日 ハード:
  • PS4
  • PS5
メーカー:PLAYISM開発元:Counterplay Games)ジャンル:アクションRPG プレイ人数:1-3人用(オンライン専用) DL版:¥3,850  CERO:C
Godfall(ゴッドフォール)
三人称視点の近接戦闘に特化したルータースラッシャー(ハクスラ)アクションRPG。
舞台となるのは壊滅寸前の危機にある世界アペリオン。プレイヤーは伝説の鎧「ヴェイラープレート」によって神の力を与えられた最後のヴァロリアン騎士となり、土・水・風・火の四大元素をテーマにしたエリアを駆け抜け、頂きで待つ狂神マクロスに立ち向かう。高難易度ミッションをクリアして、自分のキャラクタービルドに最適なピースと戦利品を獲得。12のヴェイラープレートをアンロックして、さらなる強敵に挑む。

敵と戦って経験を積み、新たなスキルを習得せよ。スキルベースの攻撃的ゲームプレイを重視した戦闘システムと、コントローラー「DualSense」から伝わる武器がぶつかり合う感触が相まって、手ごたえのあるバトルを実現。ボスや敵は協力プレイを前提としてデザインされており、多方向からの攻撃にも注意が必要だ。シングルプレイはもちろん、最大3人での協力プレイに対応。
動画(2)
Demon’s Souls(デモンズソウル)シリーズ
評価A100件~157位¥3,300~
発売日:2020年11月12日 ハード:
  • PS5
メーカー:SIE開発元:フロム・ソフトウェア)ジャンル:アクションRPG プレイ人数:1人用(オンライン:2-6) DL版:¥8,690 / 48.5GB~  CERO:D
Demon’s Souls(デモンズソウル)
2009年にPS3で発売された骨太アクションRPG「Demon’s Souls」のフルリメイク版にして最初のソウルシリーズ。重厚なダークファンタジーの世界がPS5のハイスペックで蘇る。映像表現を優先したシネマティック(ネイティブ4K画質30fps)と、フレームレートを優先したパフォーマンス(ダイナミック4K画質60fps)の2つのビジュアルモードを搭載。さらにTempest 3Dオーディオ技術を導入し、対応ヘッドフォンを使用することで探索の緊張感がアップ。ゲームの読み込みも超高速SSDにより飛躍的に向上した。オンラインは6人まで対応し、プレイヤー同士の「協力」プレイと「敵対」プレイが可能。

舞台はかつて繁栄を極めた北の王国ボーレタリア。プレイヤーは自由にストーリーを進め、凶悪なデーモンたちを倒し、禁忌の業「ソウル」の謎を解明していく。本作は「原点回帰」をコンセプトに、ゲーム本来の楽しさであるチャレンジ、発見、達成感を徹底的に追及。バトルでは敵との間合いやスタミナに注意しながら、多様な武器や魔法による攻撃、防御、回避などのアクションで戦う。ゲーム開始時のキャラクター作成では、最大1600万通りのカスタマイズが可能。ただし、選択できるクラスはPS3版と同じく10種類。
動画(2)
天穂のサクナヒメ
評価A100件~113位¥1,440~
発売日:2020年11月12日 ハード:
  • PS4
メーカー:マーベラス開発元:えーでるわいす)ジャンル:和風アクションRPG プレイ人数:1人用 DL版:¥5,478 / 6.4GB~  CERO:B  その他:
  • クロスレビュー33点
天穂のサクナヒメ
鬼が支配する「ヒノエ島」を舞台に、豊穣神サクナヒメが活躍する和風アクションRPG。爽快なコンボアクションと日本古来の本格的な米づくりを再現したシミュレーション要素が融合。農具を使ったさまざまな「武技」を駆使して鬼退治!伸縮自在の羽衣は移動だけではなく、鬼をつかんで投げることも可能。田植、稲刈り、脱穀など八つの工程を行い良質の米を収穫しよう。武神の父と豊穣神の母を持つサクナは、立派な米を育てることで強くなる。収穫した米や探索で獲得した食料を調理することでサクナの能力が一時的に上昇。集めた素材を使い、探索に便利な農具を開発することもできる。

武神と豊穣神を両親に持つサクナは家の財産を食いつぶして、ぐうたらな生活を送っていた。ところがある日、神界に迷い込んだ人間たちを都に侵入させてしまった上に主神への献上物である米の備蓄を全て台無しにしてしまうという失態を犯す。罰として鬼が支配するヒノエ島の調査を命じられ、サクナは人間たちと共に泣く泣く島に渡るのであった。はたしてサクナたちの運命やいかに……。
動画(1)
アサシン クリード ヴァルハラシリーズ
評価C100件~150位PS4¥2,300~PS5¥2,630~
発売日:2020年11月10日 ハード:
  • PS4
  • PS5
メーカー:ユービーアイソフト開発元:Ubisoft Montreal)ジャンル:アクションRPG プレイ人数:1人用 DL版:¥9,240 / 78.8GB~  CERO:Z  その他:
  • オープンワールド
  • PS4 Pro対応
  • クロスレビュー35点
アサシン クリード ヴァルハラ
恐れ知らずのヴァイキングとなって、広大なオープンワールドを探索するアクションRPG。時は9世紀。ヴァイキングの戦士「エイヴォル」は、終わりなき戦争と困窮から脱却すべく、故郷ノルウェーを去ることを決意。戦士団を率いて、氷に閉ざされたノルウェーから緑豊かな農地が広がるイングランドを目指す。ヴァルハラに迎え入れられるため、定住地を築き、敵地を征服せよ。そして伝説の北欧神話の世界「アースガルズ」で自身の運命と対峙せよ。

両手で強力な武器を振るい、ヴァイキング流の容赦ない戦いを追体験。斧、剣、そして盾さえもが武器となる。新たに追加された”襲撃”では、シリーズ史上もっとも荒々しいアクションを実現。近接戦で豪快に斬り倒すか、二刀流で立ち回るか、矢で射抜くか、ヒドゥンブレードで暗殺するか…すべてはプレイヤー次第。主人公は性別から容姿まで自由にカスタマイズ可能。素材を集めて装備を強化したり、スキルツリーを成長させたり、世界中に隠されている「知識の書」を入手して、新たなアビリティを習得することも。

次世代のRPGシステムでイングランドに自らの道を示せ。政治的な同盟を組んだり、戦闘で決断を迫られたりと、さまざまな選択が周囲に影響を及ぼす。戦闘や会話におけるひとつひとつの選択が、栄光へ近づくための一歩となる。戦士団の新たな故郷は、伝説とともに発展していく。兵舎や鍛冶屋などアップグレード可能な建物を建設して定住地をカスタマイズしよう。
動画(2)
クリスタルオーサ
1430位(DLソフト)|¥1,320
発売日:2020年11月6日 ハード:
  • PS4
メーカー:ケムコジャンル:RPG プレイ人数:1人用 DL版:¥1,320 / 501MB~  CERO:B  その他:
  • クロスレビュー28点
クリスタルオーサ
伝説の大鉱脈を求めて、傭兵とお嬢様の凹凸コンビが活躍するファンタジーRPG。美しいドットアニメーションと、どこか懐かしさを感じるビジュアルに加え、手間をとことん排除した快適システムを搭載。キャラクターはそれぞれ5つのスキルをセットすることができ、攻撃、回復、補助など自由に組み合わせることができる。戦闘は4人パーティーによるターン制コマンドバトル。中でも「ドラゴン教」の信徒である風変りな子ども・ムルシュマは、敵のスキルをラーニングすることが可能。その秘められた能力を開花させ、パーティの中でどう活用するかも楽しみのひとつ。

大陸戦争が終わって2年。戦時中に採掘され、多くの兵器を生み出した鉱物・クリスタルは、暮らしを豊かにする新たなエネルギーとしてもてはやされていた。その日暮らしでひっそりと戦後を生きていた傭兵・ローズは、一攫千金を夢見る女性に依頼され、実在するかどうかもわからない伝説の大鉱脈「クリスタルオーサ」を探す旅に出る―。
動画(1)
神獄塔 メアリスケルターFinaleシリーズ
評価B10件~410位¥1,770~
発売日:2020年11月5日 ハード:
  • PS4
メーカー:コンパイルハートジャンル:3DダンジョンRPG プレイ人数:1人用 DL版:¥8,030 / 10.1GB~  CERO:C
神獄塔 メアリスケルターFinale
特殊能力者“血式少女”たちが生命ある監獄“ジェイル”からの脱獄を図る3DダンジョンRPG「神獄塔 メアリスケルター」シリーズの3作目にして最終章。ジャック率いる血式少女たちは見事に地下監獄からの脱獄を果たしたが、夢に見た地上は崩壊寸前。空には遥かに巨大な「悪食の監隊塔」が浮遊し、そこを舞台とする終焉の脱獄劇が始まろうとしていた―。本作は6人の主人公がそれぞれ率いるグループを切り替えながら探索するザッピングシステムを採用。行き詰まったら別の主人公に切り替えることで道が開ける場合もある。さらに主人公が増えることも…!?

全身血だらけになることで狂気の強さを発揮する「ジェノサイドモード」「ブラッドスケルターモード」や、殺しても死なないナイトメアとの「虐殺鬼ごっこ」など、おなじみのシステムは健在だ。新要素として、ナイトメアの赤ちゃん「ベイビメア」がさまざまなタイミングで血式少女に張り付き、スキル使用不可や状態異常などを引き起こす厄介なシステムを搭載。ただし、ベイビメアは倒すことができ、戦闘を有利にする恩恵も得られる。また、過去2作品のADVパートをすべて収録しており、これまでの物語をおさらいできる。前作の予約特典「恋獄塔 めありーすけるたー」もプレイ可能。
動画(2)

131415161718192021

ロールプレイング TOP 5

1ソウルハッカーズ2
2022年8月25日
アトラス
2ELDEN RING(エルデンリング)
2022年2月25日
フロムソフトウェア
3SDガンダム バトルアライアンス
2022年8月25日
バンダイナムコエンターテインメント
4Horizon Forbidden West
2022年2月18日
SIE
5Horizon Zero Dawn(ホライゾン ゼロ・ドーン)
2017年3月2日
SIE

ロールプレイング TOP 5(DLソフト)

1Exploria
2022年7月30日
Maghilux
2The Hand of Merlin
2022年6月14日
Versus Evil
3デビラビローグ
2022年7月7日
ケムコ
4けものフレンズ3
2022年6月6日
アピリッツ
5バイオショック インフィニット コンプリート・エディション
2020年5月29日
テイクツー・インタラクティブ