目的別

人喰いの大鷲トリコ

人喰いの大鷲トリコ
評価3.8
377件のレビュー DL版

発売日2016年12月6日
メーカーSIE
開発元 -
ジャンルアクションアドベンチャー
プレイ人数1人用
DLソフト ¥7,452 / 11.8GB
CEROB暴力
その他
  • 三人称視点
  • PS4 Pro対応
閲覧数43964
人気ランク9位
PSストア4.6(532件)
ファミ通 38点(プラチナ)
リンク
種類定価
通常版 ¥7,452
限定版 -
廉価版 -
サイト新品最安値中古最安値前日最安値
Amazon¥5,050¥4,090 ¥3,882
楽天市場¥5,400¥4,713 ¥4,713
Yahoo!¥5,380¥4,170 ¥4,170
※2017.01.22 23:19 更新
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

概要

  • 誰からも忘れ去られた神秘的な巨大遺跡を舞台に、一人の少年と一匹の巨獣の絆を描くアクションアドベンチャー。監督およびゲームデザインは、PS2で世界的に高い評価を受けた「ICO」と「ワンダと巨像」の上田文人が務める。2009年にPS3用ソフトとして発表されたが、開発が難航し発売未定のまま数年が経過。2015年6月にようやくPS4へのプラットフォーム変更が報じられ、長らく完成が待ち焦がれた。

    遺跡内部の薄暗い洞窟で目覚めた少年の前には、人喰いと恐れられる大鷲トリコ(猫や鳥など複数の動物をミックスした架空の巨獣)が槍に刺され首枷に繋がれていた。少年がトリコを手当てし解放してやったことで絆が芽生え、本来ならありえない一人と一匹の冒険が始まる。プレイヤーが操作するのは少年だ。歩く、走る、ジャンプ、つかむ、投げる、よじ登るといった基本アクションに加え、R1ボタンを押してトリコを呼んだり、R1ボタンとアクションボタンを組み合わせてトリコにジャンプやお座りなどをさせたりできる。少年だけでは通れないような場所も、トリコを誘導し、その腕力や飛翔力を借りることで突破可能となる。鎧を身にまとった敵や、トリコとは別の大鷲なども出現する。

    ゲームは物語に沿って探索エリアが移り変わるリニア型。プレイ中に表示されるのは簡単な操作方法のみで、ヒントといえるようなものは少ない。これは使えないか、あれは動かせないかと、プレイヤー自身が試行錯誤して謎を解いていくのが本作の醍醐味だ。また、トリコは気紛れで、指示通りの行動をとらないこともしばしば。他のものに興味が移ったり、勝手に先へ進もうとしたり、その場にうずくまって寝てしまったり。しかし、そんな反応や仕草がトリコの愛嬌であり、まるで本物の動物と触れ合っているかのような気持ちにさせてくれる。ままならない状況も、かえって達成感を高めてくれることだろう。

動画

2016年11月25日公開 08:58

口コミ

まだ口コミはありません。

01