目的別

A列車で行こうExp.(エクスプレス)

A列車で行こうExp.(エクスプレス)
評価2.7
49件のレビュー

発売日2017年12月21日
メーカーアートディンク
開発元 -
ジャンル都市開発鉄道シミュレーション
プレイ人数1人用
DLソフト ¥8,424 / 2.85GB
その他
  • CERO:A
  • PS VR対応
参照数9058
人気ランク17位
PSストア-
ファミ通 31点(シルバー)
リンク
種類定価
通常版 ¥8,424
限定版 -
廉価版 -
サイト新品最安値中古最安値最大買取
Amazon¥5,980¥4,890 ¥3,275
楽天市場¥6,991¥6,380 ¥4,300
Yahoo!¥7,020¥6,644 -
※2018.01.21 03:06 更新
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

概要

  • 都市開発、鉄道運営、会社経営の3要素を併せ持つシミュレーションゲーム「A列車で行こう」シリーズがPS4に登場。他社製の番外編を除けば16年ぶりのPSプラットフォームだ。本作は古今東西200種類以上の列車を収録したPC版「A列車で行こう9」をベースに、シリーズ初となる全国の新幹線の標準搭載を実現した。北は2016年3月に開業した北海道新幹線のH5系から、南は九州新幹線の800系までを収録。初登場の私鉄や在来線、新規の建物もある。PC同様のマウス、キーボード操作にも対応。

    鉄道会社の経営者となり、線路を敷いて列車を走らせ、都市を発展させよう。マップは10km×10km、山手線がほぼ収まる広さ。建物を配置する場所や方角は自由に選べ、自分だけの都市、鉄道網を構築できる。列車は最大10両編成。1マップ最大200編成の超過密ダイヤや、バス・トラックの運営も可能だ。パンタグラフの装着や自由な車両選択ができる充実の「列車カスタマイズ」機能、自分で列車を運転できる「運転モード」、資金を気にせず街づくりに没頭できる「マップコンストラクションモード」などもある。

    PS4版だけの新機能も搭載。PS VR対応の「ジオラマモード」では、プレイヤーが発展させた街を鉄道模型の街並みとして体感できる(Zゲージ、Nゲージ、HOゲージ、Oゲージの4種類。PS VRがなくても楽しめる)。空から街を眺める「フライトモード」はDUALSHOCK 4のモーションセンサーに対応し、直感的な操作で飛行や動画撮影ができる。初心者向けのガイドムービー機能もある。

動画

2017年09月27日公開 01:01

口コミ

まだ口コミはありません。

01

シミュレーション TOP 5

1A列車で行こうExp.(エクスプレス)
評価2.72017年12月21日
アートディンク
¥4,890~
2信長の野望・大志
評価1.72017年11月30日
コーエーテクモゲームス
¥3,295~
3サドン ストライク 4
評価4.42017年11月9日
スクウェア・エニックス
¥5,378~
4アイドルマスター ステラステージ
評価4.22017年12月21日
バンダイナムコエンターテインメント
¥4,700~
5太平洋の嵐 ~史上最大の激戦 ノルマンディー攻防戦!~
評価2017年11月9日
システムソフト・アルファー
¥3,505~