目的別

GRAVITY DAZE 2(グラビティデイズ2)

GRAVITY DAZE 2(グラビティデイズ2)
評価4.1
385件のレビュー 体験版

発売日2017年1月19日
メーカーSIE
開発元 SIEジャパンスタジオ
ジャンル重力アクションアドベンチャー
プレイ人数1人用
DLソフト ¥7,452 / 16.2GB
その他
  • CERO:C
  • 三人称視点
  • オープンワールド
  • PS4 Pro対応
参照数43753
人気ランク76位
PSストア4.9(870件)
ファミ通 38点(プラチナ)
リンク
種類定価
通常版 ¥7,452
限定版 ¥11,280
廉価版 -
サイト新品最安値中古最安値最大買取
Amazon¥4,369¥2,950 ¥1,976
楽天市場¥5,298¥3,150 ¥2,300
Yahoo!¥5,370¥3,312 -
※2017.10.17 19:54 更新
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

概要

  • 重力使いの少女キトゥンを操作して、広大なオープンワールドを縦横無尽に駆けめぐる重力アクションアドベンチャー「GRAVITY DAZE」の続編にして完結編。新たな空中都市「ジルガ・パラ・ラオ」を舞台に、黒蟲と呼ばれる新種のネヴィ(怪物)と戦いを繰り広げる。始まりの街「ヘキサヴィル」も引き続き登場し、マップは前作の2.5倍以上に広がった。劇中、漫画を読むかのようにストーリーが進行する「コミックデモ」は健在。

    重力アクションは自由に空を飛ぶのではなく、あらゆる方向を「下」と定義することで、そちらへ落下するという独特の浮遊感が味わえる。空に向かって落ちたり、壁を駆けたり、全方位の移動が可能だ。落下の加速度を利用して敵を攻撃する「重力キック」は強烈。さらに本作では、キトゥンの重力特性を切り替えられる。重力が軽くなる特性の「ルーナチューン」では、高速移動や大ジャンプ、自動追尾攻撃ができる。重力が重くなる特性の「ユピトールチューン」では攻撃力が大幅にアップし、敵をまとめて倒す豪快な技を繰り出せる。また、パートナーキャラクターとの共闘、連携も可能となった。前作では敵だった重力使いクロウも、本作では頼もしい味方になってくれる。

    ミッションは前作の2倍以上を収録し、メインストーリー以外にも新聞配達や映画撮影のスタントなど、多彩なサイドミッションが楽しめる。ほかにも、コスチューム変更、部屋の模様替え、タリスマンを入手してキャラクターを強化する採掘モード、オンラインで他のプレイヤーとポイントやタイムを競うゴースト対戦、撮った写真を互いに評価するフォトレビュー、ヒントをもらうトレジャーハントなど、やり込み要素も充実。2017年3月には、本編のアナザーストーリーである大型DLC「Alternative Side :時の箱舟 - クロウの帰結」が無料配信予定となっている。

動画

2016年12月09日公開 06:06

口コミ

3件の口コミがあります。[1-3]

男性 - 2017年04月21日 16:46
グラフィック4.0サウンド3.0シナリオ3.0プレイ
時間
1~10時間
(未クリア)
操作性2.0熱中度2.0難易度普通
○長所主人公のキャラが可愛かった事と売却価格が意外と高かった。 ×短所オープンワールドとはいっても自由に歩き回れる広大な土地ではなく、離れ小島みたいなのを飛んで歩くだけでつまらない、めんどい、さらに酔う。
さらに戦闘もサブイベも全部スカスカで耐えられなくなり売りました。
男性 - 2017年02月04日 12:08
グラフィック4.0サウンド5.0シナリオ4.0プレイ
時間
30時間以上
(クリア済み)
操作性5.0熱中度4.0難易度普通
○長所まずストーリー面で少し説明不足かと思える場面が多少あったが、プレイする上では特に問題はないと思う。また、エンディングの入り方がだいぶ工夫されていて、すごい感情移入することができた。
サウンド面では、前作から大きくパワーアップしていて、テンションが上がる。(前作のフィールドのBGMも少し変わっている。)
その他詳細なところは、サイドミッションの数がものすごく増えていて、チャレンジミッションの数が少し減っていて、いいバランスで心地よかった。 ×短所カメラワークがだいぶゴチャゴチャしている部分があり、少しやりにくい。
男性 - 2017年01月23日 16:18
グラフィック5.0サウンド5.0シナリオ4.0プレイ
時間
1~10時間
(未クリア)
操作性5.0熱中度5.0難易度簡単
○長所1.CSがPS4のため、非常にグラフィックがきれいで、独特な世界観をかなりうまく表現している。映像のジャンルとしては、ゼルダの伝説風のタクトで用いられたトゥーンレンダリングのリアルよりの最上位互換見たいな感じ。

2.前作と比べ、操作性が格段に上がっている。特に、前作に置いては重力キックの追尾性が悪く、敵を素通りし、カメラワークがむちゃくちゃになる事が多々あったが近作は追尾性が進化しており、重力キックが外れるという事はほとんどなくなった。そのためいわゆる重力キックコンボがかなり決めやすい。アクションがとても気持ちがいい。

3.街並みで青空が見られることも非常に好ましい。前作は全体的に世界が赤であったり緑であったりとどちらかというと暗い、不思議なイメージが強かったが今作はその雰囲気を場所によって残しつつ、リゾート地のようなさわやかな空気をうまく表現していて歩いて回るのも楽しい。

4.カメラ機能の追加はうれしいところ。PS4にはシェア機能があるので、多くの人が撮影した、さまざまな風景が楽しめる。

5.何といっても音楽が非常に素晴らしい。個人的には某金持ちの集まる別荘地の曲がお気に入り。

6.サイドミッションが非常に作りこまれている。前作では、いわゆるミニゲームのようなものが多かったが、今作ではキャラ同士の関係性や、さまざまな事情などがよくわかり、ただのサイドミッションと思えないようなものが多い。また数も多い。

7.主人公がかわいい ×短所1.一般人AIの動きの単調さ
前作と比べ、ましになったもののやはり町中にいるAIキャラの主人公に対する反応や動きには違和感を覚える。主人公にとにかくおびえる。主人公がぶつかっただけで大の男が情けない声をあげるので滑稽である。

2.敵AIの頭の悪さ
爽快感とシナリオ重視のゲームなので特筆すべきことはないのだが、自分が小型ロボットと戦闘になった際にすべて勝手にフィールドから落下ししていたという事があり、なんだかなという事はあった。

01

1本の関連ソフトがあります。[1-1]

GRAVITY DAZE(グラビティデイズ)
GRAVITY DAZE(グラビティデイズ)
評価3.9/175件¥6,372¥4,380~
2012年にPS Vitaで発売され、日本ゲーム大賞・年間作品部門大賞、文化庁メディア芸術祭・エンターテインメント部門優秀賞を受賞した作品がPS4のハイスペックで蘇る。本作は重力の..
15.12.10|重力アクションアドベンチャー|SCE

アクションADV TOP 5

1アンチャーテッド 古代神の秘宝
評価4.02017年9月14日
SIE
¥3,550~
2バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer.
評価3.82017年1月26日
カプコン
¥3,100~
3バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション
評価4.32017年8月31日
カプコン
¥2,470~
4深夜廻
評価3.42017年8月24日
日本一ソフトウェア
¥4,980~
5Toy Odyssey: The Lost and Found
評価2017年10月11日
Digital Smash