目的別

01020304050607080910111213141516171819

ウィッチャー3 ワイルドハントシリーズ
評価4.2/633件¥1,700~¥7,280105位(246444)
ウィッチャー3 ワイルドハント
発売日:2015年5月21日
メーカー:スパイク・チュンソフト開発元:CD Projekt RED)
ジャンル:アクションRPG
プレイ人数:1人用
DLソフト: ¥5,925 / 24.3GB
CERO:Z
その他:
  • オープンワールド
  • クロスレビュー37点
人間と非人間族が共存する世界を舞台にしたファンタジーRPG。主人公はモンスタースレイヤー「ウィッチャー」の称号をもつ戦士ゲラルト。北方諸国と南方のニルフガード帝国が雌雄を決する大戦をくり広げるなか、かつての恋人イェネファーと養女のシリを捜す旅へ出る。舞台となるのは前作から約35倍の広さになったオープンワールドで、徒歩はもちろん、馬を駆ったり船に乗ったりしてシームレスに探索できる。戦闘はリアルタイムで進行する、アクション性を重視した造り。エルフやドワーフといった人型の敵には鋼の剣を、ワーウルフやグリフィンのような怪物型の敵には銀の剣を、それぞれ使い分けて戦う。

また、炎や衝撃波で敵を攻撃する印のほか、ワナやフィールド内にあるオブジェを利用して戦うこともできるため、戦術性・戦略性が高い。メインクエストには、プレイヤーの行動によって物語の展開が変化し..ていく「ノンリニアストーリー」を採用。クエスト中はゲラルトだけでなく、シリを操作する場面もあり、物語の一部は彼女の視点で進行する。また、メインクエストやサイドクエスト以外に“ウィッチャーへの依頼”と呼ばれる怪物退治のクエストもあり、町や村の掲示板から引き受けることが可能だ。
動画(5)
最安値・バージョン
種類定価最安値(新品・中古)最大買取
AmazonYahoo!楽天市場
通常版 ¥8,856 ¥5,980 (¥1,700) ¥7,180 (¥2,332) ¥7,280 (¥2,178) ¥2,000
※2018.02.25 09:12 更新
口コミ(7)
アッキー - 2015年09月15日
グラフィック:5 サウンド:4 シナリオ:4 操作性:3 熱中度:4
とにかく自由。世界観も好き。ウィッチャーの依頼やら何やらあって、やり込み要素が満載。装備の手入れなどもリアル。 ×クエストが進まないバグや細かいバグがある。
そのためセーブには気をつけなければならない。
あと個人的にサイドクエストのカードゲームはいらないと感じた。
ウイツチャー - 2015年09月12日
グラフィック:5 サウンド:4 シナリオ:3 操作性:2 熱中度:4
難しい印象だったが最初で難易度選択出来るので気にはならない。
とてもリアルで画像がきれい。思っていた以上に戦闘爽快感があった。 ×まず第一に決定ボタンが◯ではなくなぜ×なのか理解に苦しむ。
ジャンプボタンしか変更出来ずかなりやりにくい。
武器、アイテム等売却値段がおそろしく安い。
max零無 - 2015年08月28日
グラフィック:4 サウンド:4 シナリオ:4 操作性:3 熱中度:4
アクションRPGならではの爽快でスピーディーな戦闘、ボタン操作は少し慣れがいるが、少しづつ慣れていくところが、やってて面白い。
ゲラルドの成長とプレイヤースキルの向上、本当に冒険してるんだと思える感覚が楽しくて堪らない。今の時代、中途半端な戦闘システムで、アクションなのか?従来型のガチRPGなのか、わからないのが多いのは本当にやってて辛い。
あのFF14ですら中途半端なアクションRPGであるこの現在、ここまで爽快感のあるゲームを見た事もないし、やった事もない!
ロゼ - 2015年06月03日
グラフィック:5 サウンド:4 シナリオ:4 操作性:3 熱中度:5
ボタン連打によるゴリ押しでは勝つのが難しく、戦略的に攻めなくては勝てない所。 ×腰まで水に浸かっていると○ボタンで低い段差すら上がれない。
×ボタンでのアクション(宝箱やハシゴが特に)の反応が悪い。
クエストの所々にバグがあり、進めなくなる。
blank - 2015年06月02日
グラフィック:4 サウンド:4 シナリオ:5 操作性:2 熱中度:5
・総評
  遂にTES5スカイリムと並び立つオープンワールドRPGが出たと思わせるに十二分のゲーム体験。今後のPS4における同系統ゲームのベンチマークとなろう。

・ストーリー
  ゲラルトという魅力的なキャラクターをロールプレイするストーリードリブンは素晴らしい。世界観や設定は原作小説の裏付けがあることもあり重厚で、プレイすれば「オープンワールドはキャラクリ出来ないと」などという思いは霧散する。
  メインストーリーはもとよりサイドクエストもしっかりと作り込まれており、オープンワールド系にありがちな「◯◯を10個集めて納品しろ」や「××を5体倒せ」といったものはほぼない。ただのモンスター退治でも、そのモンスター退治が依頼された理由があり、犠牲者がおり、またモンスターが出現したバックストーリーや退治後のエピローグまで描かれている。

・ローカライズ
  全編日本語翻訳されており、今作のストーリーと並んで高評価な点(英語音声日本語字幕も対応)。日本仕様に◯ボタン決定への変更可能な点や、後述の公式サイト等も良い。
  過去作の知名度が高いとは言えないシリーズの3作目でありながら、力の入ったローカライズを行ったスパイクチュンソフト社は非常に高く評価したい。

・戦闘
  過去のオープンワールドRPGの例から発売前は期待していなかったが、間合いの取り方や回避・ガードの使い分け、魔法や弓・装備アイテムを有効に使った立ち回りなど、アクション性と戦略性が高い次元で両立されている。
  但し、ブラッドボーンやドラゴンズドグマのような、ヒリヒリとするカロリー消費の高い戦闘を求めるとそれには及ばない。

・システム面
  広大なオープンワールドを1度のロードでシームレスにプレイ可能。ロード時間は、死亡や別のオープンワールドへの移動(DA;I等と同じ)など限られた場面で20-30秒程度。

・その他
  意外とゲーム内ミニゲームのグウェントがハマる。最近のゲームはこういったミニゲームは良く出来ているが、ゲーム本編の世界観を反映しつつ、サイドクエストにも絡むなど、ミニゲームがただの息抜きより一歩外に出ている。 ×・ストーリー
  今作からシリーズに入ったプレイヤーには分かり難く把握しずらい過去ストーリー・設定。良い点とは表裏だが、過去エピソードやキャラクターの人間関係が複雑で、かつ会話シーンなどでその設定が頻出するため、ストーリーへの没入感が削がれる。作中の人物辞典などの解説も、シリーズものなら普通に備わっている程度。シリーズ初プレイならば、公式サイトにて過去作解説・作品補足は読んでおくと良い(足りないが読まないよりは遥かにいい)。

・操作感
  そもそものボタン操作が煩雑(魔法はL1切替、R2発動など)。このあたりは、マニュアルに記載のないショートカットを覚えて補うしかない。
  また視点操作の点では、戦闘中やダッシュ中がやや難しく、探索中などにフォーカスしたい対象に視点が合い難いなど細かなストレスがある。同様に戦闘中はロックオンの切り替えがスムーズでない。カメラ距離の調整があれば尚良かった。

・その他
  オートセーブにより致命的ではないが、特に長時間プレイ時に起こる強制終了や細かなバグ。今後のアプデ修正に期待。
ぱっぱ - 2015年05月31日
グラフィック:4 サウンド:3 シナリオ:3 操作性:1 熱中度:2
やり込み要素がありそう。 ×序盤しかプレイしてませんが、操作性は最悪だし、会話は洋ゲー独特の意味不明で最高につまらない。
5時間プレイしたが、ガマンしてゲームやるのもバカらしいので売りました。
JEET - 2015年05月24日
グラフィック:5 サウンド:5 シナリオ:5 操作性:2 熱中度:5
グラフィック、音楽、やることが多くて長~く遊べそう。 ×操作にてこずる。慣れれば問題ないかと。

ファイナルファンタジーX/X-2 HD Remasterシリーズ
評価3.5/99件¥5,100~¥6,998245位(72704)
ファイナルファンタジーX/X-2 HD Remaster
発売日:2015年5月14日
メーカー:スクウェア・エニックス
ジャンル:RPG
プレイ人数:1人用
DLソフト: ¥6,582 / 29.5GB
CERO:C
その他:
    2013年12月にPS3とPS VITAで発売された「FFX/X-2 HD Remaster」のPS4版。「FFX」は、死の螺旋を描く世界“スピラ”に迷い込んだ少年ティーダが、召喚士ユウナやそのガードたちとともに、大いなる災厄『シン』に立ち向かう物語。バトルは、敵と味方がすばやさの順に行動していくCTB(カウントタイムバトル)を採用。レベルが上がるとスフィア盤を移動できるようになり、成長スフィアを発動させてステータスを上げることが可能だ。

    「X-2」は、シリーズ初となる「FFX」の完全続編。カモメ団のスフィアハンターになったユウナが、ティーダとの再会を夢見て『シン』の恐怖が消えたスピラを冒険する。バトルがリアルタイムで進行するATB(アクティブタイムバトル)にもどったほか、ガンナーやシーフ、戦士といった姿に変身(ドレスアップ)できるようになり、..戦闘に関する自由度が大幅に増した。また、ストーリーがレベル0~5の6段階にわかれており、ミッションをクリアすると物語が進行。プレイヤーの行動によってエンディングも変化する。

    PS4版では、モンスターや一部のキャラクターがより高精細化し、グラフィックのクオリティがアップ。また、コンフィグでBGMをオリジナル楽曲とリマスター&アレンジ楽曲に切り替えられるようになった。PS3やPS Vitaのセーブデータとトロフィーデータを共有できるクロスセーブにも対応。
    動画(2)
    最安値・バージョン
    種類定価最安値(新品・中古)最大買取
    AmazonYahoo!楽天市場
    通常版 ¥7,344 ¥6,530 (¥5,100) ¥5,990 (¥6,998) ¥6,168 (¥6,250) ¥4,800
    ※2018.02.25 12:00 更新
    口コミ

    まだ口コミはありません。

    ボーダーランズ ダブルデラックス コレクション
    評価4.1/50件¥3,218~¥11,230299位(30488)
    ボーダーランズ ダブルデラックス コレクション
    発売日:2015年5月14日
    メーカー:テイクツー・インタラクティブ開発元:Gearbox Software)
    ジャンル:RPGシューター
    プレイ人数:1-4人用(オンライン:2-4)
    DLソフト: ¥4,101 / 20.2GB
    CERO:Z
    その他:
      超肉食系RPGシューター「ボーダーランズ2」と「ボーダーランズ プリシークエル」をPS4向けにHDリマスターし、全DLCとともに収録。ボーダーランズ2は2012年10月、プリシークエルは2014年10月にそれぞれPS3/Xbox 360/PCで発売された作品。2作ともRPG要素があり、レベルアップやスキルツリーによる成長が可能だ。武器の性能はランダムに決定され、ほぼ無限ともいえる種類の武器が登場する。

      ボーダーランズ2の舞台は開拓期の惑星パンドラ。プレイヤーはヴォルトハンターと呼ばれる冒険者となり、残忍な暴君ハンサム・ジャックに支配されたパンドラの解放のために立ち上がる。プリシークエルは1作目「ボーダーランズ」と「2」を繋ぐ物語で、ハンサム・ジャックが悪人に変貌する過程が描かれる。プレイヤーは若きジャックの指揮の下、惑星パンドラの月を舞台にエイ..リアンや無法者たちと戦っていく。

      空気のない月面では酸素ボンベの補給が重要だが、時には酸素を噴射して低重力の中を高くジャンプしたり、敵を吹き飛ばしたりすることも必要だ。本作では60fpsでのゲームプレイやシリーズ初の画面4分割によるオフラインでの4人協力プレイが可能となったほか、PS3/PS Vita版とのクロスセーブにも対応している。
      動画(1)
      最安値・バージョン
      種類定価最安値(新品・中古)最大買取
      AmazonYahoo!楽天市場
      通常版 ¥6,804 ¥6,804 (¥3,304) ¥3,480 (¥3,218) ¥3,580 (¥3,218) ¥2,400
      廉価版 ¥4,104 ¥3,500 (¥3,350) - - -
      ※2018.02.25 09:22 更新
      口コミ(2)
      アリス - 2015年08月30日
      グラフィック:4 サウンド:3 シナリオ:1 操作性:4 熱中度:5
      ×ガンシューティングとしてみると退屈すぎる。おつかいゲーにしか感じない。
      ボスが強い気がする、広範囲かつ、高威力でガンガン来る。
      お金が入る量に対して死亡時の失う金額が多い気が。
      おそらく、自分が下手い という訳ではないと思うが、難易度が高く感じたので、ガンシューティングが苦手な人は別のゲームである程度慣らして買うことをお勧めします。
      blank - 2015年06月21日
      グラフィック:3 サウンド:3 シナリオ:2 操作性:4 熱中度:4
      ・色褪せないゲームデザイン。ボーダーランズ2は2012年発売であるが、2015年にプレイしても古臭さは殆ど感じない。
      ・個性的で愉快なキャラクター達を操作し、スキルツリーの組合せによるプレイスタイルの変化やハクスラ要素は、やり込み甲斐がある。
      ・ボーダーランズ2&同プリシークエル同梱移植版に有料DLC入りと大ボリューム。どちらか一方でも、遊び尽くすことは容易でない。
      ・オンラインマルチプレイはもとより、画面分割によるマルチプレイにも対応しているため、本作を持たない友人とも一緒にプレイ可能(要コントローラ)。
      ・過去の名作をフルHD+fps60化し、より快適に現世代ハードでプレイできること自体幸せだが、未プレイであれば前世代ハードで両ソフトを購入するより、安価に簡易にプレイできる。 ×・洋ゲーらしさの濃度が高めで、更にそれが前面に出てアピールをしてくるため、それが苦手であれば世界観には入っていけない。
      ・名作とはいえ単なる移植版であり、新規要素はない。過去にDLC含めプレイ済ならば、購入優先度は下がる。
      ・未だに細かなバクがいくらか存在する。何度か完全版・移植版を発売してきている状況であれば、こういった点も潰してほしい。

      新次元ゲイム ネプテューヌVIIシリーズ
      評価4.3/65件¥2,500~¥7,076909位(47481)
      新次元ゲイム ネプテューヌVII
      発売日:2015年4月23日
      メーカー:コンパイルハート
      ジャンル:RPG
      プレイ人数:1人用
      DLソフト: ¥6,480 / 7.6GB
      CERO:C
      その他:
      • クロスレビュー32点
      架空のゲームハードを擬人化した守護女神たちが活躍する萌え系RPG「ネプテューヌ」シリーズがPS4に登場。「VII」はセブンではなく「ビクトリィーツー」と読む。本作は「零次元ゲイム ネプテューヌZ」「超次元ゲイム ネプテューヌG」「心次元ゲイム ネプテューヌH」の3部構成。3つの世界があり、零次元をクリアすると超次元、そして心次元の物語へと進んでいく。零次元は、超次元の女神ネプテューヌとその妹ネプギアが、零次元に飛ばされたところから始まる。そこでは、零次元最後の守護女神「天王星うずめ」が巨大な敵「ダークメガミ」と孤独な戦いを続けていた。超次元の女神と零次元の女神。次元を超えて巡り会った二人の女神は、零次元を救うことができるのか―。

      バトルは4人パーティによるユニットターン制。ターンが回ってきたキャラクターはフィールド内を自由に移動し、コンボ攻撃や..必殺技エグゼドライヴ、変身してパワーアップする女神化などを駆使して戦う。本作では新形態「ネクストフォーム」への2段変身が可能となったほか、敵を囲みキャラをラインで繋げて発動する「フォーメーションスキル」、画面いっぱいの巨大エネミーと戦う「巨大戦」、敵の部位を破壊して攻撃を封じる「パーツブレイク」、プレイヤーがワールドマップを開拓する「ルートビルド」など新システム多数。名作アクションゲーム「スペランカー」とコラボした特殊ダンジョン「ネプランカー」も楽しめる。
      動画(2)
      最安値・バージョン
      種類定価最安値(新品・中古)最大買取
      AmazonYahoo!楽天市場
      通常版 ¥7,538 ¥7,076 (¥2,500) ¥6,780 (¥3,280) ¥6,490 (¥3,490) ¥2,200
      ※2018.02.25 11:22 更新
      口コミ

      まだ口コミはありません。

      DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SINシリーズ
      評価4.0/251件¥3,985~¥4,820233位(84507)
      DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SIN
      発売日:2015年4月9日
      メーカー:フロム・ソフトウェア
      ジャンル:アクションRPG
      プレイ人数:1人用(オンライン:2-6)
      DLソフト: ¥5,616 / 12.1GB
      CERO:D
      その他:
        2014年3月にPS3で発売された「DARK SOULS II」にダウンロードコンテンツ三部作と新要素を追加したハイスペック完全版。PS4ではグラフィックがフルHD(1080p)にアップし、可変60fpsの滑らかな動作を実現。また、敵の配置は全面的にリニューアルされ、これまで表現できなかった動きや演出でプレイヤーを待ち受ける。DLCは「CROWN OF THE SUNKEN KING」「CROWN OF THE OLD IRON KING」「CROWN OF THE IVORY KING」の3章からなり、失われた3つの王冠を求める旅に出る。

        新要素として、プレイヤーの世界へ場所を選ばずに進入してくる闇霊「喪失者」や、プレイヤーを導く新たな存在「原罪の探求者」、総獲得ソウル量を調整できる新アイテム「空の指輪」が登場。そしてオンラインマルチプレイは..最大6人の同時プレイに対応した。さらに協力プレイ時間を延長し、マッチング条件を緩和することで繋がりやすさを改善。ボス戦での時間切れによる帰還も廃止された。

        本作は、失われた国「ドラングレイグ」を舞台とした一人称視点のアクションRPG。マップはオープンワールドで構成され、どこに向かうのもプレイヤーの自由。バトルでは、武器(魔法)による攻撃と防御、対象のロックオン、ダッシュやローリング、バックステップなど多彩なアクションが可能。
        動画(1)
        最安値・バージョン
        種類定価最安値(新品・中古)最大買取
        AmazonYahoo!楽天市場
        通常版 ¥5,962 ¥4,818 (¥3,985) ¥4,820 (¥3,985) ¥4,820 (¥4,140) ¥3,000
        ※2018.02.25 10:48 更新
        口コミ(4)
        ねこ - 2015年06月28日
        グラフィック:4 サウンド:3 シナリオ:2 操作性:4 熱中度:4
        グラフィックがキレイ。
        他人がプレイして死んだ時の様子が見れるので(敵や罠の映像は見えない)先に何があるか何となく分かる。 ×正直過去作品をプレイしていない人には無理ゲーですね。
        デモンズソウルのみプレイ済みですが、チュートリアル的なステージを抜けたらもうだだっ広いフィールドを用意したのであとお好きにどうぞみたいな不親切極まりない設計になってるので人を選びます。
        他のゲームと違い、今からどこにいくか、何をすればいいのかゲーム内にないので常に迷子状態です。
        敵を倒すとソウルが貰えるが、アイテムを買う&レベルを上げるの両方に使う共通のものなのでいくらあっても足りない。
        AZAG - 2015年05月07日
        グラフィック:5 サウンド:4 シナリオ:3 操作性:5 熱中度:5
        ・敵とアイテムの再配置
        PS3版は苦労してたどり着いた宝箱の中身が全くありがたくないアイテムだったりと色々残念だったが、PS4版でそこが大きく改善されたのが個人的には最も大きな改善点。
        貴重なアイテムがたくさん手に入るようになったので探索が非常に楽しい。
        プレイ前はアイテム、敵の配置変更くらいでわざわざPS4版を買うべきか迷っていたが、いい意味で裏切られた。

        ・グラフィック向上
        単に解像度が上がった、というものではなく、描画の質が変わった。
        特に大きいのは武器や鎧の金属光沢。
        PS3版では白っちゃけた埃にまみれたような刀身だった剣が、PS4版では金属光沢を帯びて綺麗に光る。
        当然純粋に解像度も上がっているので大画面でこの装備を拝めるのも嬉しい。

        ・fpsの向上
        30fpsのPS3版やブラッドボーンと比べるとモーションのスムーズさが一目瞭然。
        一度60fpsを経験してしまうと30fpsのゲームをやったときに違和感を覚えてしまう。 ×どうせ新世代機でだすならもう少し新武器や新防具が欲しかった。
        新たな敵の武器2種と装備一式が追加されているがやはり少ない。
        PS3版経験者も実際やれば十二分に満足できる内容なのに、やらないとPS4版の面白さが分からない。
        買わせるための売りが弱いのが致命的だろうと思う。

        PS3版未経験者の新規層には難易度高めなのも欠点にあるだろうか。
        マッチングは快適なので、今回ばかりはソロに拘らず協力プレイをしてしまうのが良い様に思う。
        gsishw - 2015年04月15日
        グラフィック:5 サウンド:4 シナリオ:4 操作性:3 熱中度:5
        ダークソウル2を全クリしてても楽しめる。
        ロード時間はかなり早いし、敵の配置やアイテムの場所も変わってて新鮮。
        グラフィックも極めて美麗になっている。個人的に一番楽しかったのはテキストが変わっていた事。最後の巨人がアイツと分かった時はかなり嬉しかった。 ×どのゲームに関してもそうだが、楽しもうと思わなければ楽しめない。
        よく見かける台詞で例を挙げるなら「ダクソ1の時は~」とか「デモンズなら~」とか。
        確かにデモンズもダクソ1も神だった。でもダクソ2(逆もまた然り)を他のシリーズと比べたりしてる限り、フロムが如何に良いゲームを作ろうとも、そのゲームの100%を楽しむ事は出来ないと思う。
        ブラボ嫌い人間 - 2015年04月09日
        グラフィック:4 サウンド:4 シナリオ:3 操作性:3 熱中度:3
        ブラッドボーンとやり比べて見てもコントローラーのボタンを押してからのキャラの動きがスムーズでストレスなく遊べる。この違いは大きい。フレームレートが関係しているのかな?
        ブラッドボーンは走る動作の時、ほんの一瞬もたつきがあった。
        今はブラッドボーンを止めてダークソウル2を始めています。
        オープニングムービーもカッコいい。買って良かったと思っている。 ×やはり流石と言う高難易度ゲーム。難易度変更が出来ていたらもっと幅広くいろんな人が買うのではないかと思っている。

        ローグ・レガシー
        評価4.8/231件¥2,000(DLソフト)551位(17365)
        ローグ・レガシー
        発売日:2015年4月8日
        メーカー:ハチノヨン開発元:Cellar Door Games)
        ジャンル:アクションRPG
        プレイ人数:1人用
        DLソフト: ¥2,000 / 630MB
        CERO:A
        その他:
        • クロスレビュー32点
        海外インディーズゲーム「Rogue Legacy」の日本語ローカライズ版。本作は世代を超えた冒険を繰り広げる横スクロールタイプのアクションRPG。入るたびに構造が変化する不思議なダンジョンを探索し、お金やアイテムを集めながら館を大きくしていく。館を拡張すると、キャラクターの攻撃力や防御力がアップしたり、選択可能な職業を増やしたりできる。設計図があれば、鍛冶屋で武器や防具を作ったり、エンチャント屋で装備品に特殊能力を付与することも可能。

        ダンジョンは潜ったら最後、死ぬまで脱出することはできない。内部は4つのエリアに分かれており、それぞれのエリアにボスが待ち構えている。操作キャラが死亡すると、それまでに集めたお金やアイテムなどを引き継いで、次の世代のキャラクターが冒険を続けていくという仕組み。

        後継者は3人の子孫から選ぶことができ、ナイトやバ..ーバリアン、メイジといった職業と様々な特性がランダムに付与される。特性は30種類以上あるが、近視もちで遠くがぼやけたり、映像がモノクロ画面になったり、HPが見えなくなったりと、デメリットのほうが多い。他機種版とのクロスバイ、クロスセーブに対応。
        動画(3)
        口コミ(2)
        alt - 2015年07月23日
        グラフィック:3 サウンド:3 シナリオ:3 操作性:4 熱中度:4
        シンプル操作でやりやすく、ダンジョンもランダム生成なのでなかなか飽きない。 ×難易度高めなので理解した上でのプレイをオススメします。
        NR - 2015年04月14日
        グラフィック:4 サウンド:3 シナリオ:3 操作性:4 熱中度:4
        手軽に遊べて、おふざけ感満点なわりに、やり込んでいくと、ものすごく丁寧に作られていることが解ったりして、ものすごくハマッてしまっている自分に気付く。 ×緊張感がないので、やられまくりながらもダラダラ延々とやってしまう。

        Bloodborne(ブラッドボーン)シリーズ
        評価4.1/388件¥2,038~¥10,500178位(109376)
        Bloodborne(ブラッドボーン)
        発売日:2015年3月26日
        メーカー:SCE開発元:SCE、フロム・ソフトウェア)
        ジャンル:アクションRPG
        プレイ人数:1人用(オンライン:1-5)
        DLソフト: ¥6,372 / 25.4GB
        CERO:D
        その他:
        • クロスレビュー36点
        コアゲーマーに人気の「Demon's Souls」を手がけたSCE JAPANスタジオとフロム・ソフトウェアが開発する骨太アクションRPG。時代設定は19世紀のビクトリア時代。舞台は人里離れた山間にある忘れられた古都ヤーナム。古くから医療の街として知られ、救われぬ病み人たちがこの地を訪れるという。主人公もまたそのひとりだ。ヤーナムでは奇妙な風土病「獣の病」が流行していた。この病にかかったものは獣化し、人としての理性を失う。プレイヤーはこのような異形を狩る存在「狩人」となり、物語を進めていく。

        ヤーナムは医療教会の本拠地である「聖堂街」、街を追われた者たちが集う「禁域の森」、全てが焼かれた廃墟「旧市街」など、いくつかの区画に分かれている。地下には幾層もの地下遺跡があり、やり込み要素「聖杯ダンジョン」にチャレンジできる。このダンジョンは自動生成され..、1階層ごとにボスが存在。一度生成したダンジョンは固定されるので、他のプレイヤーと共有することができる。ダンジョンによってはレアなアイテムが手に入ることも。

        バトルは、攻撃が防御にもなる新システム「リゲイン」を採用。これは敵からダメージをくらったときに、一定時間内に反撃すればHPを回復できるというもの。変形する武器や銃なども登場し、これまで以上にアクション性が増した。

        オンラインマルチプレイは、最大3人の「協力プレイ」とプレイヤー同士が対戦する「敵対プレイ」の2種類。協力プレイのマッチングは自動で行われるが「合言葉」を設定していれば、同じ合言葉を知っているプレイヤーとのマッチングが可能。また、オンライン上にいるプレイヤーとメッセージやヒントのやり取りが行える非同期オンラインに対応。他のプレイヤーが死亡した場所には墓が立ち、そのリプレイを見ることもできる。
        動画(4)
        最安値・バージョン
        種類定価最安値(新品・中古)最大買取
        AmazonYahoo!楽天市場
        通常版 ¥7,452 ¥5,152 (¥2,038) ¥6,079 (¥2,948) ¥6,027 (¥2,780) ¥1,575
        ※2018.02.25 12:02 更新
        口コミ(8)
        ZAGA - 2015年05月07日
        グラフィック:3 サウンド:3 シナリオ:1 操作性:4 熱中度:1
        ・ステージの作り込み
        デモンズソウル、ダークソウル、ダークソウル2の流れを汲む作品だが、ステージの作り込みが断トツ。ショートカット開通時の達成感はかなりのもの。 ×・武器、防具の量
        少ない、少な過ぎる。
        マルチプレイ時に大概皆同じ武器を装備し、同じような防具を装備していて個性がない。

        ・聖杯ダンジョン
        強い武器を求めるならば避けて通れない要素。マルチプレイがあるのでなおさら。
        にも関わらず素材集めが鬱陶しい上に全く楽しくない自動生成ダンジョン。
        本編のステージが素晴らしいのが余計に聖杯ダンジョンの酷さを際立たせている。

        ・キャラビルドの少なさ
        これはソウルシリーズを経験しているとよけいに感じるだろうと思う。
        マルチプレイをすると皆同じ武器を担ぎ同じ防具を着て、必然ステータスも同じような感じになる。
        ソウルシリーズのように色んな格好したキャラが色んな武器を担いで色んな戦い方をしていたのを経験していると、今回のマルチプレイは非常に物足りないものになっている。

        ・対人における戦闘
        ステップと回復アイテムが万能すぎてステップを繰り返し適当に銃を撃つ戦闘と化している。
        熟練者だろうが初心者だろうが同じような戦い方しか出来ないため、初心者でも熟練者相手に程ほどに戦えるのはある意味利点だろうか?

        ・やりすぎな世界観
        発売前はゴシックホラーな良い世界観を想像しており、序盤は期待通りだったが…。
        終盤は酷い展開。
        詳しいネタバレは避けるが言ってしまえばクトゥルフ神話ネタなのだが、
        クトゥルフ神話を知っている人間には、いくらなんでもそのまま過ぎて何にも面白くない。
        ダーレスクトゥルフ世界の丸うつし状態の世界観が後出しで発覚する。

        こんな具合にソウルシリーズを期待していると酷い目に合うゲーム。
        先入観なしでやれば面白いゲームなのかもしれないが、前評判が高過ぎたのは確か。
        ぷりりん - 2015年04月17日
        グラフィック:3 サウンド:4 シナリオ:2 操作性:4 熱中度:1
        難易度やシステムに関しては素晴らしいと思った。
        オフラインでプレイする分にはとても良いゲームだと思う。 ×他の方も言うようにやはりロード時間が長いのが気になる。
        が、それ以上にオンラインプレイが出来ないことが一大事。一時間待ってもマッチングしないこともある。やり込もうにもなんだかなあというところ。
        blank - 2015年04月12日
        グラフィック:4 サウンド:4 シナリオ:4 操作性:5 熱中度:5
        ・独特の世界観。もしかすると、過去作(デモンズソウルやダークソウルシリーズ)より好き嫌いが分かれやすい。
        ・アクション性が高く、ザコ敵でもスピーディーで緊張感のある戦闘が楽しめる。
        ・広いフィールドを探索し、未だ見ぬエリアを開拓する喜びと、道中にやられても「もう1度」と思わせてくれる難易度。そして苦労に見合う達成感を得られる。
        ・本ソフト発売時点において、PS4新規IPでは最良の1本。ゲーマーを自負するPS4所有者が素通りするタイトルではない。 ×・世界観やストーリーは、必ずしも万人向けではない。世界観やストーリーに救いを求めてはならない。
        ・やや長いロード時間。但し、頻繁には発生しない。緊張を強いられるゲームプレイの中で、クールダウンの時間と捉えられれば許容できる。
        ・過去作に比べれば、やり込み要素は薄い。この辺りは、追加DLCか次回作に期待するしかない。
        ・昨今のゲームにおいては難易度が高く、過去作同様「折れない心」が必要。
        だんご - 2015年04月07日
        グラフィック:4 サウンド:4 シナリオ:4 操作性:4 熱中度:2
        ・武器の変形がカコイイ ×・盾が1種類しか無く、しかも弱すぎて使えないので敵の攻撃は回避するしかない
        ・上記の理由でアクション苦手な人にはかなり難易度高め
        ・周回しても敵が強くなるだけで変化が乏しい
        ・武器の種類が少ない
        ・魔法もかなり少ない
        ESB - 2015年04月03日
        グラフィック:5 サウンド:4 シナリオ:3 操作性:4 熱中度:5
        今までのシリーズの良かった部分はある程度踏襲している。その上でスピード感の増したアクションはこれまでにない新鮮さを感じた。 ×ロードが異常に長い。武器の種類が少ない。難易度は高めなので人を選ぶ。
        フギン - 2015年03月31日
        グラフィック:4 サウンド:4 シナリオ:4 操作性:4 熱中度:5
        変形武器のかっこよさ 。 数少ないクトゥルフ神話系統のストーリー。 ×今までソウルシリーズをやっていた人には少し物足りないし、初見の人に手放しでオススメ出来る難易度ではない。それに狙いすぎなくらい鬱展開なので人を選ぶ。
        マキナ クナギリ - 2015年03月30日
        グラフィック:3 サウンド:3 シナリオ:3 操作性:2 熱中度:2
        ×ロールプレイングゲームなのかアクションゲームなのか訳わからん。何十時間雑魚敵を倒しLevel上げてもあまりキャラが強くならない。
        剣と銃持ってかっこいいと思ってたら、銃がめちゃ弱い。それに敵をlock-onしてても銃撃つと外す時がありストレスがたまる。
        s-12_24- - 2015年03月26日
        グラフィック:4 サウンド:4 シナリオ:3 操作性:3 熱中度:5
        難易度が高くてやりごたえある。

        魔界戦記ディスガイア5
        評価4.0/73件¥2,480~¥6,980549位(42983)
        魔界戦記ディスガイア5
        発売日:2015年3月26日
        メーカー:日本一ソフトウェア
        ジャンル:史上最凶のシミュレーションRPG
        プレイ人数:1人用
        DLソフト: ¥6,171 / 4.4GB
        CERO:B
        その他:
        • クロスレビュー33点
        レベル9999や億のダメージは当たり前、常識外れのシミュレーションRPG「魔界戦記ディスガイア」シリーズがPS4に登場。最強最悪の魔帝ヴォイドダーク率いるロスト軍の出現により、宇宙に点在する魔界の多くが制圧されてしまった。ロストに復讐と反逆を誓う悪魔キリアは、姫魔王セラフィーヌをはじめ、志を同じくする5人の魔王と出会い、ともに強大な敵に立ち向かっていく。

        ゲームはイベントデモ、拠点での出撃準備、戦闘の順で進行。拠点となる魔界には様々な施設があり、スカウト屋では仲間となるサブキャラクターを40種類以上の種族や職業から自由に作成できる。新登場の部隊屋では、足軽隊や新人教育部隊など役割や目的別の部隊を編成し、強固な軍勢を結成できる。クエスト屋で依頼を受けたり、魔界調査団を組んで未知の魔界を探索したりできるようにもなった。

        戦闘はマス目状のマップ..で戦うオーソドックスなシミュレーションバトル。本作では新たに、特定の関係にあるキャラ同士が隣接すると使用できる合体技や、敵部隊のユニット全てにダメージを与える部隊技、リベンジゲージが最大になると超絶パワーアップするリベンジモードなどを搭載。魔王級のキャラはリベンジモード中に強力な魔奥義を発動でき、戦局を一変させることも可能だ。
        動画(2)
        最安値・バージョン
        種類定価最安値(新品・中古)最大買取
        AmazonYahoo!楽天市場
        通常版 ¥7,776 ¥4,580 (¥2,980) ¥3,480 (¥2,480) ¥3,520 (¥2,920) ¥2,400
        廉価版 ¥4,104 ¥3,709 (¥2,840) - - -
        ※2018.02.25 11:19 更新
        口コミ(1)
        青坊主 - 2015年05月28日
        グラフィック:4 サウンド:3 シナリオ:4 操作性:5 熱中度:5
        とにかくやり込めるので、長く楽しめます。

        ファイナルファンタジー零式 HDシリーズ
        評価3.3/220件¥2,570~¥5,692207位(120202)
        ファイナルファンタジー零式 HD
        発売日:2015年3月19日
        メーカー:スクウェア・エニックス
        ジャンル:アクションRPG
        プレイ人数:1人用
        DLソフト: ¥6,048 / 26.8GB
        CERO:C
        その他:
          2011年10月にPSPで発売されたアクションRPG「ファイナルファンタジー零式」をPS4向けにアレンジしたHDリマスター版。グラフィックの強化、操作性の向上、難易度選択の追加、バトルシステムの調整などが施されている。戦いの舞台は、クリスタルの力を巡って4つの大国が覇権を争うオリエンス大陸。うち1国、朱雀領ルブルムには、国家戦力を養成する魔導院という施設がある。主人公たちは、その中でも特に優秀な「0組」(クラスゼロ)のメンバーとして国家間の戦争に介入し、激動の歴史に身を投じていく。

          ゲームは、学園生活や戦闘準備を行う「自由時間」と、軍令部からの指令によって物語が進行する「重要な作戦」が交互に展開。プレイヤーは、武器や特技の異なる個性的な0組メンバー3人でパーティを組み、状況に応じて操作キャラクターを切り替えながら様々な戦闘任務に挑む。戦闘はアク..ションゲームさながらの超高速アクティブタイムバトル。攻撃や防御、アビリティ、魔法を駆使して敵と戦う。操作キャラの命と引き換えに、強力な軍神(召喚獣)を召喚して操作することも可能だ。

          バトル中、ロックオンした敵に隙が生じると、即死を狙える「キルサイト」や大ダメージを狙える「ブレイクサイト」が発生するが、タイミングを逃すと反撃を受ける可能性が高まるので要注意。また、ワールドマップ上で各国の軍隊が激突するエリア制圧戦に介入するミッションもある。
          動画(3)
          最安値・バージョン
          種類定価最安値(新品・中古)最大買取
          AmazonYahoo!楽天市場
          通常版 ¥7,344 ¥4,780 (¥2,570) ¥5,692 (¥2,590) ¥3,866 (¥2,937) ¥2,000
          ※2018.02.25 10:37 更新
          口コミ(2)
          ボサ - 2015年10月13日
          グラフィック:2 サウンド:5 シナリオ:4 操作性:2 熱中度:2
          ・ストーリー
          ・バンプの歌とゲームで流れるタイミング
          ・オープニングとエンディングの映像
          ・プラチナトロフィーが簡単に取得できる

          悪かった点を多く上げてしまいましたが、エンディングは感動しました。 ×・移動時にカメラ酔いしやすい
          ・ボタン連打ゲー
          ・序盤では敵の攻撃数発で死亡してしまう紙耐久なこと
          ・近距離キャラのみでは、クリアできないこと
          ・オープニングとエンディング以外の映像・プレイ画面がPS4としてはかなり物足りない

          PS4ではなくPS3でプレイできていたら、ここまで悪い印象はなかったと思います。
          サラナ - 2015年03月27日
          グラフィック:5 サウンド:5 シナリオ:5 操作性:3 熱中度:5
          ネタバレあり(クリックで表示・非表示)

          歴代のファイナルファンタジーシリーズとは比べられないぐらい生と死を考えさせる壮絶な0組の最期。しかし0組の最期の時のあのシーンは涙がとまらなかった。
          ファイナルファンタジー零式のエンディングに関して批判されている言葉をネットで見ました。私は一人の人間として当然愛す人のことを思いの思いから一線を越える間違った道に進む後悔と贖罪の気持ちがその後のマキナの歩む道を決めます。
          私は0組のように精一杯、今を生きるそういった事を考えたことはありませんが、自身の最期の時はあの0組のような最期を迎えれたらいいと思った。
          まだ後何年も何十年も生きて行くけど、0組のように今を限りある時を全力で駆け抜けて行きたいと思った。

          ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城シリーズ
          評価3.8/655件¥1,278~¥7,489375位(162762)
          ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城
          発売日:2015年2月26日
          メーカー:スクウェア・エニックス開発元:ω-Force)
          ジャンル:アクションRPG
          プレイ人数:1人用
          DLソフト: ¥4,104 / 21.2GB
          CERO:B
          その他:
          • クロスレビュー35点
          歴代のドラゴンクエストキャラクターを操作して群がる敵をなぎ倒すアクションRPG。PlayStationのプラットフォームで発売されるのはドラゴンクエストVIIIから実に10年ぶり。舞台となるのは人間とモンスターが共存する王国エルサーゼ。突如として人間を襲うようになったモンスターたちの心を取り戻し、世界を救うのが目的だ。主人公は男女から選ぶことができ、シリーズ初となるボイスを採用。プレイアブルキャラクターはドラクエ4からアリーナ、クリフト、マーニャ、ピサロ。5からビアンカとフローラ。6からテリー。8からゼシカとヤンガスが参戦する。

          操作方法は初心者向けの「かんたん操作」とベテラン向けの「ガッツリ操作」を用意。前者は□ボタンと△ボタンを連打するだけで楽しめるのに対し、後者はすべて手動によるテクニカルなプレイが可能。ゲームの流れとしては、キャンプや空..艦バトシエで準備を整え、ワールドマップから目的地を選択。ミッションを遂行していく。各ステージにはクリア条件が設定されており、一度訪れた場所はその後もプレイできる。街では武器を購入したり、錬金釜でアクセサリーを作ったり、ルイーダの酒場でパーティを編成したりできる。

          バトルは最大4人で出撃でき、ボタン一つで操作キャラの切り替えが可能。アクションは□ボタンと△ボタンで攻撃、×でジャンプ、○でゲージがたまる。これらにR1ボタンを組み合わせることで特技や呪文が使用できる。必殺技はテンションゲージがMAXの状態で○ボタンを押せば発動。モンスターを倒すと経験値やお金が手に入るほか、まれに「モンスターコイン」が手に入る。これを使用するとモンスターは一時的に仲間となり、AIで戦ってくれる。なお、PS4版は秒間60フレームの滑らかな動きを実現。一画面にたくさんのモンスターを表示できるほか、画質も向上している。
          動画(3)
          最安値・バージョン
          種類定価最安値(新品・中古)最大買取
          AmazonYahoo!楽天市場
          通常版 ¥8,424 ¥3,280 (¥1,278) ¥7,489 (¥1,548) ¥3,430 (¥1,548) ¥1,115
          廉価版 ¥4,104 ¥3,200 (¥2,050) - - -
          ※2018.02.25 12:02 更新
          口コミ(4)
          - 2016年02月13日
          グラフィック:4 サウンド:4 シナリオ:3 操作性:4 熱中度:4
          ドラクエファンには是非ともやってもらいたい作品です。 ×難易度はもっと難しくてもいいです。
          バラモス - 2015年07月07日
          グラフィック:4 サウンド:5 シナリオ:3 操作性:4 熱中度:4
          ドラクエ初のアクションで期待と不安もあり、初動から少し待ってから購入致しました。
          ゲーム内で流れる過去の作品の音楽、懐かしのモンスターたちが美しいグラフィックで画面狭しと押し寄せてくる!気づけば作品に魅了され数時間プレイしていました。

          操作性は無双ユーザーであればお馴染みで、仮に馴染みがなくても操作を簡略化できる部分があります。特に面倒な部分は少なかったですし、無双+RPGをよく表現できている良い作品であったと思います。
          値段が落ち着いている今であれば、後悔せず楽しめる良作です。 ×無双ユーザーとしては「テンポの悪さ」この一言が凄く目立つ作品でした。
          例として挙げると

          ・任務を受ける→任務を報告する→モーションとBGMを挟み達成
          ・ステージをクリアする→必ず拠点に戻される
          ・ローディングが多い&長い

          etc... と言った小さいことではありますが、RPGと組み合わさり、中途半端な作品となっています。テンポの悪さや小さい不満はありますが、ドラクエ好きであれば、しっかり楽しむことが出来る仕上がりです。
          既に次回作が決定されている今、安価で購入でき、値段相応には楽しめます。
          blank - 2015年06月16日
          グラフィック:3 サウンド:4 シナリオ:2 操作性:4 熱中度:2
          ・オリジナルキャラだけでなくドラクエ歴代シリーズキャラが操作でき、個性豊かなモンスター達と戦う様子は、ドラクエファンなら見ているだけでも楽しい。
          ・オメガフォースが育ててきた無双シリーズの完成度の高さ。ゲーム内容に意外性は乏しいが、簡単な操作で派手なアクションが繰り出せ、システム面などでのストレスも少ない。グラフィックやアクションのエフェクトについても、発売時点でのPS4水準に達している。 ×・言ってしまえば、「ドラクエの世界で自由に剣と魔法を振るい、お馴染みのモンスター達と戦えること」に良い点が集約しており、それ以上でもそれ以下でもない。そこに価値を見出せなければ、熱中することは難しい。
          ・マップクリアのたびに、強制的に拠点に戻されるためテンポが悪い。またその間のロードが長め。
          ・申し訳程度の装備品とキャラビルド。無双シリーズとみればこの程度だが、折角であればもう少し工夫が欲しかった。
          てぶくろ - 2015年06月15日
          グラフィック:3 サウンド:4 シナリオ:2 操作性:3 熱中度:1
          ×無双ゲーの中で一番飽きるのが早かった。

          01020304050607080910111213141516171819

          ロールプレイング TOP 5

          1ドラゴンズクラウン・プロ
          評価4.52018年2月8日
          アトラス
          ¥5,240~
          2聖剣伝説2 SECRET of MANA
          評価1.62018年2月15日
          スクウェア・エニックス
          ¥3,000~
          3ソードアート・オンライン フェイタル・バレット
          評価3.12018年2月8日
          バンダイナムコエンターテインメント
          ¥5,850~
          4NieR: Automata(ニーア オートマタ)
          評価4.02017年2月23日
          スクウェア・エニックス
          ¥5,998~
          5ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
          評価4.22017年7月29日
          スクウェア・エニックス
          ¥3,000~